2016年 12月 16日

ハラガケガメ産卵レティクラ4クラッチ目

連日の産卵です。
昨日はレオパードで今日はレティクラ雌。
昨日産卵場の足し水で整地しときました。


12月16日朝、産んでいる形跡があるので掘る。

e0018082_13150018.jpg


7個ありました。サイズは小さめですね。ちょっと過カルシウムの気がある。
e0018082_13144564.jpg


連日で雄は交尾です。
今日は雄の所に入れました。

e0018082_13155172.jpg
e0018082_13155885.jpg

連日なので精子が薄くなっているかもしれないので、明日はレオパードで明々後日はもう一度レティクラに掛けよう。

e0018082_13160915.jpg
セットして15度のインキュベーターへ。



このようにCB個体を親にすると繁殖が簡単になります。
卵産んだとしてもそこから一癖あるので孵化方法はちょっとレベル高め。
でも発生さえすれば比較的簡単に孵化します。
なのでCBを買おうw

ちなみに孵化から繁殖までは亀にしては最短?でたったの3年。余裕見て4年か。
レオパが2年、ナミヘビ3年なので、他の亀5年以上ぐらいなのでハラガケガメはサイクル早い。



[PR]

# by aquariusaquarius | 2016-12-16 13:27 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 12月 15日

ハラガケガメ産卵レオパードヘッド3クラッチ目

前回記事の続き、
通販で冷凍ザリガニを入手してあげてみたら食べます。
水温も低めなので2日に1回、画像のようなサイズのを1匹与える。

e0018082_21501496.jpg
配合飼料は与えるのを控えて、カメプロス沈下を少量与えた。


それから約ひと月。




12月15日。
朝、餌やりのついでにそろそろ産むころかな、砂場の水分は大丈夫かな?と、掘ってないのを確認し水を追加して模様を付けて踏み固めておいた。


昼、見ると砂地が変わっているので掘る。
e0018082_21494916.jpg

餌が功を奏したのか出てくる出てくる。

e0018082_21543015.jpg
7個でした。





そして雄と交尾ですが、
雄が肌荒れをおこしたので水温をあげて治療していたので28℃位になっている。



そのため今回はメスの水槽にオスを入れてみた。
雌の水槽は22℃ですね、真冬には20℃位まで下がるので餌やりも控えます。
e0018082_21545351.jpg
水深が浅いので乗っかって何度もひっくり返ってしまうので苦労していた様子なので、
正しい位置に乗っけて隅に立てかけて置いたら、尾を絡めて合体しました。


e0018082_21551241.jpg
だいぶ格差があります。要は雄のやる気次第と雌のタイミングでしょう。
腹に卵を持っている時と産卵期以外はメスは逃げて拒否します。

なので卵を産み終えた直後が一番おとなしく乗っかられています。
e0018082_21543757.jpg

そしてセッティング。

レオパードヘッド3クラッチ目7個。
卵の数は正常に戻ったがまだ産めそう。
殻質は良さげ。
卵のサイズ、今までより若干小さめか。

しばらくしたらインキュベーターに入れます。




----------

今年の卵の受精もそろそろ見えてくるころなんですが、今のところ成績悪いですね。
確実に発生して血管見えているのはレティクラの1クラッチ目の1個のみ。
去年も最初は受精率悪かったような。
大器晩成だと思ってこのまま続けます。





[PR]

# by aquariusaquarius | 2016-12-15 22:08 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 12月 05日

サラドロガメ北部個体群、2クラッチ目産卵。

2クラッチ目アップし忘れてた。

12月5日、朝。
温室に入ると産卵真っ最中。
久しぶりに産卵シーン見た。

e0018082_21515889.jpg

前回からの日数35日。
一ヶ月ちょいな間隔です。
e0018082_21521183.jpg
9個ありました。


e0018082_21522753.jpg



産卵後は雄が迫ってきます。
e0018082_21525531.jpg


[PR]

# by aquariusaquarius | 2016-12-05 21:51 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2016年 12月 05日

サラドロガメ北部個体群、2クラッチ目産卵。

12月5日、朝の水替えと給餌していたら、陸地で今まさに産卵中のサラドロガメの雌。
e0018082_15101714.jpg
しっかり腰を落として産んでいるようです。

しばらくすると埋め戻しを始めた。



昼に掘り出しました。
e0018082_15111391.jpg



出る出る9個。

タッパー1つに9個は多いので4+5で分けました。



e0018082_15112106.jpg


このあと15度のインキュベーターで冷やします。
そして2か月置きましてから、25℃で保温のと29℃で保温で分けます。
低めが雄予定のTSDになります。




--------
育ったやつ

2年前に孵化した子で最初にTSD♂を目指して孵化させた子。
一番最初の雄になりました。完璧に雄とわかるのに1.5年ぐらいかかりました。
小さいうちは尾の長さがオスもメスも変わらないので判別難しいです。
今は尾も太くなったのでわかります。ちょうど親の雄を入手した時もこのくらいのサイズでした。
e0018082_15164268.jpg
それにしても頭の色抜けが凄いことに、普通の模様を黄色と黒を反転したような感じです。


------
こちらは同クラッチで雌設定温度で孵化させた子。
雌になりました。
e0018082_15164806.jpg







[PR]

# by aquariusaquarius | 2016-12-05 15:24 | Comments(0)