あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 13日

ぶりくら出品、ドロガメ・ニオイガメ

2015年CBのミシシッピニオイガメ
甲長9センチぐらいの雌。

e0018082_07454997.jpg
冬眠させれば来年卵産みそうです。









今年の新仔2017年CBのミシシッピニオイガメ
ハッチベビー
e0018082_07455424.jpg
少し育ったサイズ。
↓にはハナナガドロガメの孵化したてのが入っています。

e0018082_07455959.jpg


ミシシッピニオイガメ親は

e0018082_22181703.jpg

e0018082_22185228.jpg
↑雌
e0018082_22182784.jpg
↑雄もスポット有。





雌は3匹居ます。そのうち小さいほう2匹がグレーに黒スポットの入る個体です。





----------






サラドロガメ北部個体群2017CB
なんとなく尾の長さで雌雄がわかるかななサイズです。
e0018082_07460537.jpg
e0018082_07461196.jpg
e0018082_07461651.jpg
e0018082_07462369.jpg
今年別のブリーダーが大量に殖やして出回ったので、お値打ちに( ;∀;)


そして、2015CBペア
頑張って育て上げました。渾身の一ペア(珍しく自画自賛するくらい凄いよ)
これ以前に育てたのは甲羅のカサカサがあったり多甲だったりして、皮膚は最高なんだけど甲羅がいまいちな個体が多かった。色々育て方を変えてたり、雄のTSD温度帯を探したりしてようやく判って雄を意図的に出したクラッチ回でした。
やりつづけていると手抜きが出てくるもので、ここまでフォルムが綺麗にワイルドのように育てるのは難しいだろう。


e0018082_21574166.jpg
 

下の画像で上の甲羅に細かい黒点があるのが雌。無地の甲羅が雄です。
親は逆で雄の方にスポットがあります。雄特有のスポットかと思ったら違った。
個体差ですが、育て方(光の当たり方)で現れたりするんじゃないかな。
雌は野外で飼ってみたので甲羅がミドリゴケが着いてみどりっぽいです。
e0018082_21575721.jpg
   
北部個体群の特徴として、首に2本のイエローライン
目から耳にかけてのイエローライン。
頭頂部の模様は個体差あり。
頭に竜の紋章があります。

e0018082_22035189.jpg
これを逃すと綺麗なのはもう出ません。





日本に最初に輸入されクリーパーにも出たサラドロガメ北部個体群の親ペア

e0018082_22262447.jpg
e0018082_22260027.jpg
e0018082_22260742.jpg
2年前の画像ですが、雄は黒化が進んで甲羅の半分ほど黒になっています。皮膚は変わらず。




---------




ハナナガドロガメ2017CB
両親ともに顔の赤い個体こどもも赤系でした。
e0018082_07470089.jpg




e0018082_07463084.jpg


以下雌
e0018082_07463626.jpg
e0018082_07464106.jpg










一番大きなこの二匹はペア売りです
コケで甲羅みどりなのが雌
e0018082_07465017.jpg
e0018082_07464570.jpg





e0018082_07465500.jpg



ハナナガ親


e0018082_22220053.jpg



赤が強い雄

e0018082_22211011.jpg
e0018082_22210124.jpg

赤っぽい雌

e0018082_22212661.jpg



[PR]

# by aquariusaquarius | 2017-09-13 07:57 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 10日

ぶりくら出品のミツユビハコガメ

非常にお問い合わせが多い、今年のミツユビハコガメベビー。

まず10/1のぶりくらに出ます。
今のところ数はTSDの雄2匹、雌12匹ぐらいの予定。
しっかりとした安心サイズをもっていきます。
小さくて育ってないのは持っていきません、育ててからとんぶり市で販売します。

予約はしていません、会場で早く並んで一番に来てくださいw

もし売れなくて余っても、うちで飼育したいので無理に売れなくてもいいです。
なのでミツユビに関しては表示価格の一本勝負、値下げはしません。





TSD♀、黄色・左の2匹     オレンジ右の2匹
e0018082_08375364.jpg

TSD♀、黄色3匹


e0018082_08382892.jpg

TSD♀大4匹。

e0018082_08383274.jpg

TSD♀オレンジ1匹
e0018082_08383885.jpg






TSD雄、、、下の2匹
左・オレンジ、右黄色
e0018082_08392345.jpg


黄色、オレンジ、大というのは各雌親の名前です。
雄親は一頭の赤&黒。






この組み合わせの
黄色雌からの子を2年育てたらこうなりました。雄ですね。

e0018082_08461722.jpg
e0018082_08461330.jpg
e0018082_08462566.jpg
e0018082_08462018.jpg
親越えますよ


[PR]

# by aquariusaquarius | 2017-09-10 08:49 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 08日

ニホンイシガメ今年も孵化してます。



e0018082_18084447.jpg
雌親のほとんどが抱卵したけれど6月後半から産みだし7月中旬からは水中産み落としばっかりで思うように数取れませんでした。





e0018082_18083396.jpg



e0018082_18170726.jpg


e0018082_18081486.jpg
e0018082_18085882.jpg
e0018082_18075701.jpg
現在13匹




まだ卵はストックしているのでまだ孵るのはいます。


うちのニホンイシガメ種親はすべて同じ川産なので、珍しくロカリティーはバッチリです。色味はド普通です。



--------

7/12と7/20の卵が孵化してた。あとは8/2のクラッチを残すのみ
e0018082_08264016.jpg
e0018082_08264552.jpg
まずはぶりくらで販売です。


[PR]

# by aquariusaquarius | 2017-09-08 18:20 | | Comments(0)
2017年 09月 08日

ミツユビハコガメ4クラッチ目の孵化

ミツユビハコガメ、黄色雌、オレンジ雌、大雌の3雌が6月24日に4クラッチ目の産卵




8月15日、同じように孵卵したので同じ日に孵りだす。


e0018082_17453288.jpg



翌日、オレンジの子が卵の殻開けたにもかかわらず溺死してた。
卵白が口の周りで呼吸の妨げになったようだ。
見つけ次第呼吸確保したほうがいいねとわかっていても油断した。
e0018082_17455662.jpg
キボシ模様なのに・・・( ;∀;)





----------


卵黄吸収をタッパー内で過ごした。









---------

8月20日水入り。


それぞれ4クラッチ目
黄色雌の子3匹。
e0018082_17463707.jpg



--------
オレンジ雌の子
3匹
e0018082_17465030.jpg




-------

大雌の子
3匹
e0018082_17465542.jpg



---------
9月8日現在

残り4クラッチ目の黄色の2個TSD♂

黄色の5クラッチ目4個TSD♀

ここらへんはあと10日以内に孵化予定ですが、ぶりくらには間に合わないのでとんぶり用にキープ

今いるベビーもまだ小さくて餌食い今一なのもぶりくらには持っていかないです。

----

ぶりくらには雄2匹。雌12匹ぐらいの予定です。
予約はしていません。



[PR]

# by aquariusaquarius | 2017-09-08 18:07 | ミツユビハコガメ | Comments(0)