あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 26日

ぶりくら市出品まとめ

10月1日
神戸サンボーホールで行われる、ぶりくら市に出店します。





↑クリックで飛ぶ




e0018082_23262874.jpg
2階の一番奥隅の方です。
e0018082_23262659.jpg




「あくえりあす」はNo.85の所です。

出品する個体リンク↓


ミツユビハコガメ


ハラガケガメ


ニホンイシガメ・ウンキュウ・キボシヌマガメ オオアタマクサガメ


ヒメハコヨコクビ、キボシイシガメ


ハナナガドロドロガメ・サラドロガメ北部個体群・ミシシッピニオイガメ

追記サラ北2015ペア追加しました




ノドジロドロガメ


ヒョウモントカゲモドキ


サーモンスノー コーンスネーク





それでは神戸サンボーホールでお会いしましょう。


[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-26 13:16 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 26日

ぶりくら出品ノドジロドロガメ

繁殖させてみたものの雌ばかりになってしまいました。
この親は売ってしまったし、ワイルドの雄も入る見込みもないので放出します。
e0018082_12550274.jpg
e0018082_12551634.jpg
e0018082_12550719.jpg
ホオアカドロガメと似てますが、助甲板のキールが発達しています。顔の赤は控えめ。


何匹か居ますが手に傷有り指飛びはさらにお値打ち。あと一年飼い込めば卵産める成熟度になります。

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-26 13:02 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 19日

ぶりくら出品ヒョウモントカゲモドキ

ぶりくらに出品するヒョウモントカゲモドキ



2016CB
ラプターPOSSW&Y
アダルトサイズです。クーリングすれば来年から産んでくれそうなサイズ。
e0018082_19544238.jpg
e0018082_19545257.jpg

2016CBスーパーノヴァ

親はマックスノーラプター雄とドリームシクルなので遺伝的にスーパーノヴァしかありえない。エニグマ入っているし。
e0018082_20041039.jpg






種親放出のダルメシアンhetラプター
難ありです。尾切れ再生尾

e0018082_19565542.jpg



ここから2017CB、今年の子です。
ドノーマルなラプター

e0018082_19580676.jpg






W&Yマックスノーラプター
e0018082_19585990.jpg
e0018082_19594917.jpg




スーパーマックスノートレンパーアルビノ
e0018082_20000672.jpg
e0018082_20001420.jpg





スーパーラプター

e0018082_20005420.jpg
e0018082_20005726.jpg




スーパーマックスノー
e0018082_20021202.jpg




トータルエクリプス(小)
e0018082_20023577.jpg
e0018082_20024639.jpg



W&Yマックスノーエクリプス
右目黒目、左目かなりノーマルっぽいスネークアイ
e0018082_20095174.jpg
e0018082_20080506.jpg
e0018082_20080959.jpg
e0018082_20080243.jpg


W&Yマックスノーエクリプス
ゴーストっぽい、どんどん模様が消失して白くなるタイプ
e0018082_20105783.jpg
e0018082_20104708.jpg


スーパーマックスノー難あり
e0018082_20121491.jpg
e0018082_20121750.jpg

普段は舌先が口の中に収まっていますが、手に持つと舌先が外に出ます。
e0018082_20151828.jpg



トータルエクリプス(大)
e0018082_20160411.jpg
e0018082_20164121.jpg
e0018082_20165137.jpg

ソリッドアイ系です。

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-19 20:21 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 19日

ぶりくら出品ニホンイシガメ・ウンキュウ・キボシヌマガメ

ぶりくらに持っていく、ニホンイシガメベビー

地元(豊川とよがわ)産の親を繁殖させた子です。
これといって変わったところはありません、ごく普通のイシガメ。
産地だけは確りしています。

e0018082_19300942.jpg



----------


CHですが、クサガメから生まれたウンキュウ1匹だけです。
雄はニホンイシガメですね。

地元ではクサガメは少ないので、イシガメの雄と掛かっちゃうんだね。
でも一番多いのはミシシッピアカミミガメ、こいつらはイシガメの遺伝子汚染しない分マシな方

e0018082_19303468.jpg
-------

「オオアタマ」クサガメの2016CB
尾切れです。1匹。
e0018082_21541203.jpg







--------


ヨーロッパポンドタートル
キボシヌマガメです。
親は3年前にウクライナ産でまとまって入荷したグループ
耐寒性があり、水中で冬眠してます。



親は満天星
e0018082_19403947.jpg
e0018082_19415560.jpg






3雌からの子が生まれましたが、出てしまったので2雌分




24-25℃で孵卵したのですが、よく調べてみるとヨロポンのTSDって27℃とかで雄だった。
たぶん下の雌になると思われます。下の4匹。
e0018082_19301520.jpg






こちら30度で孵卵したグループ。
一匹何故か小さかった奴は持っていきません。
e0018082_19315136.jpg
たぶん今年のは雄にならない可能性が高そうです。

各半分づつ持っていく予定です。











1年育てたのか雌1匹だけいます、これは見本。
e0018082_19461705.jpg
e0018082_19463841.jpg


[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-19 19:52 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 16日

ヒョウモントカゲモドキ今年のキープ個体

レオパ、今年の繁殖は絶不調でしたので予想の1/3ぐらいしか殖やせませんでした。


去年の子は雄を残したので今年は全部雌狙いで温度設定しました。


1匹目、トータルエクリプスpossW&Y
ベビー時は普通のトータルエクリプスでしたが、成長するにつれグレーな感じに。
もしかしてアビシニアンが影響しているのかも?次世代で検証。
e0018082_20310952.jpg
e0018082_20341310.jpg
e0018082_20343912.jpg
-----------------------------



2匹目
ユニバーサル
「スーパーマックスノー+エクリプス+W&Y」
凄い色抜け。黒スポットが少ししかありません。

e0018082_20303685.jpg
e0018082_20304094.jpg
e0018082_20304553.jpg
e0018082_20305272.jpg
---------------------


2匹目
ユニバーサル その2
「スーパーマックスノー+エクリプス+W&Y」

今年は目標であるユニバーサルが2匹だけ。
来年からは売れる分作れるかな。
e0018082_20313950.jpg
e0018082_20313404.jpg
e0018082_20313073.jpg

巷ではユニバーサルどころかW&YスーパーマックスノーもホントにW&Yはいってんのか?という個体を結構見たので、ここまで抜ければ間違いないだろって品質を目指してます。



[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-16 20:44 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2017年 09月 16日

ぶりくら出品ヒメハコヨコクビ、キボシイシガメ

6月7日孵化のヒメハコヨコクビ2匹をぶりくらに持っていきます。



e0018082_20085992.jpg
e0018082_20090682.jpg
e0018082_20091803.jpg

------------------------------

キボシイシガメ
6/18日1クラッチ目産卵USACB親で
8/21開き始める。
64日
孵卵温度は24-25℃でTSD雄設定予定。
孵卵後半の一週間は30度の所へ持って行って孵化を早めた。
4匹いますが、2匹だけ持っていきます。


e0018082_20092660.jpg











ワイルド雌からの子
TSD雌
7月11日1クラッチ目産卵、47日、8月27日孵化
2匹持っていきます。
e0018082_20094958.jpg

雌は違いますが、
種雄が3匹いて春に交代で交配を行ったのでどの雄と掛かっているのか不明。


[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-16 20:28 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 16日

ぶりくら出品サーモンスノーコーン

2017年7月1日に孵化したサーモンスノーコーンスネーク


10日頃最初の脱皮を行い、

7月11日から数日内に食べだしました。
冷凍ピンクマウスSSを置き餌で全ての個体が食べてくれました。


入れ物はプラケースですが、室内ガラス温室の中でまとめて保温しています。
温度は30℃を保っています。




その後2日空けて1匹与えるサイクルです。
①23④56⑦89⑩日


8月上旬に2回目の脱皮をおこないました。

この辺でピンクSを与えています。




9月に入りピンクMでも行けそうですが、まだSあげてます。



9月中旬から3回目の脱皮がちらほら見られます。



9月16日現在の画像です。
e0018082_19452408.jpg
e0018082_19453108.jpg
e0018082_19454026.jpg
e0018082_20041768.jpg
e0018082_19454994.jpg
e0018082_19462967.jpg
e0018082_19455916.jpg
e0018082_19464606.jpg
e0018082_19470067.jpg
e0018082_19472372.jpg
e0018082_19470755.jpg
全頭なんのトラブルもなく成長しています。

ぶりくらには8匹ランダムで持っていきます。

雌雄鑑別は、あしたプローブが届くのでポッピングと併用して見ます。




------
追記
プローブが届いたのでやってみると、

今うちにいる個体14匹
雄10匹
雌4匹でした。

ぶりくらには雄5雌2持っていきます。
雄は特価です。





[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-16 20:01 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 14日

ぶりくら出品ハラガケガメ

ぶりくらに持っていくハラガケガメの精鋭達を磨いて撮影しました。






上から画像ですが、頭部の模様や放射柄の出具合がわかると思います。
3雌からの子、
レオパードヘッド、レティクラータ、ジャガー
順不同です。
完甲完品
e0018082_17504046.jpg
e0018082_17505240.jpg
e0018082_17505029.jpg
e0018082_17504829.jpg
e0018082_17504504.jpg
e0018082_17511380.jpg
e0018082_17511155.jpg
e0018082_17510957.jpg
e0018082_17510609.jpg
e0018082_17512538.jpg














多甲ズレ個体

e0018082_17532319.jpg
e0018082_17532988.jpg
e0018082_17533434.jpg
e0018082_17533926.jpg


以上14匹を持っていきます。



このくらいのサイズになるとなんとなくですが、尾の長さで雄雌が判ってきます。
撮影はiphoneでストロボ無し加工無し、昼光色蛍光灯下ですので黄色みが薄れて写ってしまってます。


中国バブルが去ったようなので、思ったよりも高価にはなりません。予定よりも○○%off( ;∀;)

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-14 18:01 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 13日

ぶりくら出品、ドロガメ・ニオイガメ

2015年CBのミシシッピニオイガメ
甲長9センチぐらいの雌。

e0018082_07454997.jpg
冬眠させれば来年卵産みそうです。









今年の新仔2017年CBのミシシッピニオイガメ
ハッチベビー
e0018082_07455424.jpg
少し育ったサイズ。
↓にはハナナガドロガメの孵化したてのが入っています。

e0018082_07455959.jpg


ミシシッピニオイガメ親は

e0018082_22181703.jpg

e0018082_22185228.jpg
↑雌
e0018082_22182784.jpg
↑雄もスポット有。





雌は3匹居ます。そのうち小さいほう2匹がグレーに黒スポットの入る個体です。





----------






サラドロガメ北部個体群2017CB
なんとなく尾の長さで雌雄がわかるかななサイズです。
e0018082_07460537.jpg
e0018082_07461196.jpg
e0018082_07461651.jpg
e0018082_07462369.jpg
今年別のブリーダーが大量に殖やして出回ったので、お値打ちに( ;∀;)


そして、2015CBペア
頑張って育て上げました。渾身の一ペア(珍しく自画自賛するくらい凄いよ)
これ以前に育てたのは甲羅のカサカサがあったり多甲だったりして、皮膚は最高なんだけど甲羅がいまいちな個体が多かった。色々育て方を変えてたり、雄のTSD温度帯を探したりしてようやく判って雄を意図的に出したクラッチ回でした。
やりつづけていると手抜きが出てくるもので、ここまでフォルムが綺麗にワイルドのように育てるのは難しいだろう。


e0018082_21574166.jpg
 

下の画像で上の甲羅に細かい黒点があるのが雌。無地の甲羅が雄です。
親は逆で雄の方にスポットがあります。雄特有のスポットかと思ったら違った。
個体差ですが、育て方(光の当たり方)で現れたりするんじゃないかな。
雌は野外で飼ってみたので甲羅がミドリゴケが着いてみどりっぽいです。
e0018082_21575721.jpg
   
北部個体群の特徴として、首に2本のイエローライン
目から耳にかけてのイエローライン。
頭頂部の模様は個体差あり。
頭に竜の紋章があります。

e0018082_22035189.jpg
これを逃すと綺麗なのはもう出ません。





日本に最初に輸入されクリーパーにも出たサラドロガメ北部個体群の親ペア

e0018082_22262447.jpg
e0018082_22260027.jpg
e0018082_22260742.jpg
2年前の画像ですが、雄は黒化が進んで甲羅の半分ほど黒になっています。皮膚は変わらず。




---------




ハナナガドロガメ2017CB
両親ともに顔の赤い個体こどもも赤系でした。
e0018082_07470089.jpg




e0018082_07463084.jpg


以下雌
e0018082_07463626.jpg
e0018082_07464106.jpg










一番大きなこの二匹はペア売りです
コケで甲羅みどりなのが雌
e0018082_07465017.jpg
e0018082_07464570.jpg





e0018082_07465500.jpg



ハナナガ親


e0018082_22220053.jpg



赤が強い雄

e0018082_22211011.jpg
e0018082_22210124.jpg

赤っぽい雌

e0018082_22212661.jpg



[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-13 07:57 | ぶりくら市 | Comments(0)
2017年 09月 10日

ぶりくら出品のミツユビハコガメ

非常にお問い合わせが多い、今年のミツユビハコガメベビー。

まず10/1のぶりくらに出ます。
今のところ数はTSDの雄2匹、雌12匹ぐらいの予定。
しっかりとした安心サイズをもっていきます。
小さくて育ってないのは持っていきません、育ててからとんぶり市で販売します。

予約はしていません、会場で早く並んで一番に来てくださいw

もし売れなくて余っても、うちで飼育したいので無理に売れなくてもいいです。
なのでミツユビに関しては表示価格の一本勝負、値下げはしません。





TSD♀、黄色・左の2匹     オレンジ右の2匹
e0018082_08375364.jpg

TSD♀、黄色3匹


e0018082_08382892.jpg

TSD♀大4匹。

e0018082_08383274.jpg

TSD♀オレンジ1匹
e0018082_08383885.jpg






TSD雄、、、下の2匹
左・オレンジ、右黄色
e0018082_08392345.jpg


黄色、オレンジ、大というのは各雌親の名前です。
雄親は一頭の赤&黒。






この組み合わせの
黄色雌からの子を2年育てたらこうなりました。雄ですね。

e0018082_08461722.jpg
e0018082_08461330.jpg
e0018082_08462566.jpg
e0018082_08462018.jpg
親越えますよ


[PR]

by aquariusaquarius | 2017-09-10 08:49 | ぶりくら市 | Comments(0)