<   2016年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 29日

とんぶり市、会場マップ

とんぶり市会場のマップが公開されました。
e0018082_21284251.jpg
うちのブースは「13」の角隅です。

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-29 21:30 | Comments(0)
2016年 09月 28日

ハラガケガメ産卵スタート・レティクラ雌

9月26日.27日と陸の砂場に変化が見られたが掘ってみても何もない。

9月28日、今日も陸の砂場に変化が見られたので掘ると卵有りました。

e0018082_22244041.jpg


産んだのは多甲雌ことレティクラ、今季1クラッチ目産卵です。

e0018082_22251019.jpg
e0018082_22250412.jpg
3個と少ないですが産んだので早速雄と交配させます。







e0018082_22244809.jpg
e0018082_22245626.jpg

前期と比べて、卵のサイズが大きくなっている。
洗ってハッチライトに入れます。少なかったので白雌が産んだのと一緒に保管してます。
そして、まだ常温で保管してます。とんぶり終わって温室片付いたらクールインキュベーターをセットしたいと思います。



産卵は予定通りに行われましたが、温室内の気温がまだ下がっていないので10月になるかと思ってた。
現在育成中の亀・レオパベビー容器が温室内に置かれているので、エアコンで28℃にしてある。
とんぶり市で出ていけばスペースが空き、温室内を穣本と同じに管理できる。最低気温が外では20℃付近になってきたので、温室内だと換気扇で外気を取り込んで25℃からゆっくりと20℃付近に持っていきたい。

するとハラガケガメは秋の気温の低下を感じて産む。

そして気温の変化がゆっくりで長く続くといつまでも秋と感じて産み続けクラッチを増やすという作戦。
これは今年の冬から春にかけてだが、気温の上昇が感じると産卵が止まるようだ。
まだ憶測だが日本のCBに対しては有効な技だと思われる。
今日の格言、「ブリードに気候は味方」





[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-28 22:38 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 09月 26日

とんぶり市10月2日出品まとめ

とんぶり市2016 2016年10月2日 横浜産貿ホール マリネリア

とんぶり市2016、出店者一覧リスト


13番「あくえりあす」

即売会イベント初参加です。


レオパ品種はラプター系中心ですが、コンボでW&Y入り乱れたりしてます。


マックスノーティアブロブランコ
W&Yマックスノーラプター
ラプター
スーパーマックスノートレンパーアルビノ
スーパーラプター
ハイスペックルドマックスノーエクリプス●
W&Yマックスノーエクリプス●
スーパーノヴァ
マックスノーラプター
マックスノーエクリプス●
エクリプス●
W&Yスーパーマックスノーラプター(W&Yスーパーラプター)
スーパーマックスノートレンパーアルビノ・イエロースポットパラドクス。
ブリザードラプター
W&Yラプター
スーパーギャラクシー

●丸はソリッドブラックアイで、その多すべてオールレッドアイ。
エクリプス系の目とスーパーマックスノー系のソリットアイで、ノーマルアイは一匹も居ません。
ちなみに黒目のレオパは全てヘテロトレンパーアルビノになります。

----------
親も載せておこう。

--
Aオス
W&Yマックスノーエクリプスアビシニアンhetトレンパー
Aメス群
ダルメシアンhetラプター、スーパーラプター白口、スーパーラプター、マックスノーディアブロブランコ
--

Bオス
マックスノーラプターヘテロブリザード
Bメス
W&Yマックスノーhetラプター、ドリームシクルhetブリザード、W&Yスーパーマックスノーhetラプター、マックスノーディアブロブランコ

--
キープばかりで売る子は居ませんでしたがCグループもあります。
Cオス
スーパーギャラクシーhetトレンパー
Cメス
スーパーギャラクシーhetトレンパー、W&Yスーパーマックスノーhetラプター


[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-26 22:36 | とんぶり市2016 | Comments(0)
2016年 09月 26日

とんぶり市お品書き ハラガケガメ編

「とんぶり市2016出品者一覧」

が出ましたね。
ご確認ください。


「No.13」あくえりあす、出品します。
KOBU JAPAN&胡散臭い~ずさんの隣でお待ちしております。


みんな大好きハラガケガメの出品個体たちです。


みんなレオパードへッドこと、頭に模様があるのばかりです。
雄親も雌親も頭に模様があるので子にも遺伝しています。
うちでも模様の無いほうが少ないですがまだまだ子供なので成長によって変化してくるかと思います。
甲羅は基本放射柄になりますよ。




ではレオパードヘッド・ラッシュです。

e0018082_07462117.jpg
e0018082_07462433.jpg
e0018082_07462890.jpg
e0018082_07463144.jpg
e0018082_07463459.jpg
e0018082_07463844.jpg
e0018082_07464176.jpg
e0018082_07464556.jpg
e0018082_07464938.jpg
e0018082_07465402.jpg
e0018082_07465761.jpg
e0018082_07470201.jpg
e0018082_07473594.jpg
e0018082_07473946.jpg
e0018082_07474206.jpg
e0018082_07474603.jpg
e0018082_07474974.jpg

上の17個体と、
e0018082_08092000.jpg
生まれたてでまだ黒豆なのが10匹ほどいますが、
オープン前の業者交流タイムでどれだけ減ってしまうかが心配事です。


[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-26 07:51 | とんぶり市2016 | Comments(0)
2016年 09月 26日

サラドロガメ北部個体群・孵化

サラドロガメ北部個体群の、5月26日発見。6個
あれから、常温~保温管理して3個発生が進み。
3個初期のうちに発生停止。

9月24日一つの卵から割れて開いていた。
e0018082_07221548.jpg
e0018082_07222363.jpg
e0018082_07223001.jpg
e0018082_07223875.jpg
e0018082_07225025.jpg
ぐいーっとと出てきてしまいました。
e0018082_07230473.jpg

ヤバい、まだ黄身が大きかった。
e0018082_07231083.jpg
この時のコバエ(ノミバエ)が最大の天敵というのがわかった。
卵黄に卵産み付けられて蛆がでると腹の中まで食い破られる。
侵入には気を付けないといけない。


やはり保温してのやり方だとすべて発生せず不安定な感じだ。
初期に冷やさなくても一定の温度で保温しても孵ることが解ったが、春先の水温の低下している時に体内で作られているのでその分の低温加算分があるのかもしれない。


[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-26 07:34 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2016年 09月 25日

とんぶり市お品書き 亀編

とんぶり市の亀編です。

ウンキュウ1クラッチ目と2クラッチ目

ワイルド時代の精子をまだ今年も持っていたらしく、去年に続いてまた今年もウンキュウでした。
「オオアタマ」クサガメ雌×ワイルド時代のイシガメ雄からの子
e0018082_21555211.jpg


e0018082_21560616.jpg


---------------

「オオアタマ」クサガメ
1クラッチ目と2クラッチ目
上のウンキュウを生んだ雌親とは違う雌からの子

e0018082_21591444.jpg
e0018082_22033986.jpg


-------------------


ニホンイシガメ、地元●●川産の両親からの子
大きく分けて2グループ

e0018082_22063798.jpg
先産まれの子ら2クラッチ分、左上に居るのは下にあるハッチサイズの子なのでだいぶしっかり成長しています。



次のグループの子、同じ時期の3クラッチ分から、
e0018082_22080897.jpg



-----------

ヨーロッパヌマガメ(キボシヌマガメ)基亜種。去年日本に入ってきたウクライナ産の同便♂♀の親からの子

e0018082_22101806.jpg
画像以外にもう一グループあります
最初の1クラッチ目を2分して、30度設定と26度設定にしましたが、生まれてきたのが同時期なので同性かも。


---------



ノドジロドロガメ

e0018082_22141542.jpg

e0018082_22143535.jpg
-------
サラドロガメ北部個体群

色抜けしてます。


e0018082_22155782.jpg







-----
ミシシッピニオイガメ
画像より小さいハッチサイズも同じぐらい居ます。
e0018082_22164614.jpg
黒豆だったのが成長線からグレーに色抜けするのが特徴。


ミシニは去年生まれのも2匹持っていきます。見本兼売り物ですw

-------------

次回はハラガケガメ編です。


[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-25 22:21 | とんぶり市2016 | Comments(0)
2016年 09月 25日

とんぶり市お品書きヒョウモントカゲモドキその2

個別写真、リスト製作しました。個体番号はアルファベット参照。
e0018082_07203766.jpg
e0018082_07204499.jpg
e0018082_07205829.jpg
e0018082_07210131.jpg
e0018082_07210432.jpg
e0018082_07210776.jpg
e0018082_07211084.jpg
e0018082_07211338.jpg
e0018082_07225552.jpg
e0018082_07225856.jpg
個別写真、リスト製作しました。個体番号はアルファベット参照。
e0018082_07160775.jpg



[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-25 07:24 | とんぶり市2016 | Comments(0)
2016年 09月 25日

とんぶり市お品書きヒョウモントカゲモドキその1

個別写真、リスト製作しました。個体番号はアルファベット参照。
e0018082_07160775.jpg
e0018082_07174308.jpg
e0018082_07174529.jpg
e0018082_07174949.jpg
e0018082_07175283.jpg
e0018082_07175586.jpg
e0018082_07175814.jpg
e0018082_07180170.jpg
e0018082_07180373.jpg
「H」個体・売約済み。

e0018082_07180707.jpg
e0018082_07181019.jpg
e0018082_07181345.jpg
e0018082_07182557.jpg
e0018082_07183331.jpg
e0018082_07183833.jpg


[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-25 07:19 | とんぶり市2016 | Comments(0)
2016年 09月 23日

とんぶり市出品ミツユビハコガメ編

種雄は赤と黒の顔の奴1号
e0018082_22073913.jpg
e0018082_22135927.jpg
雌は3匹から仔が取れて、
大雌、
e0018082_22090797.jpg
e0018082_22113533.jpg

黄色スポット雌、
e0018082_22092777.jpg
e0018082_22083063.jpg


オレンジスポット雌。

e0018082_22085249.jpg
e0018082_22130304.jpg






この親達からの子です。


とんぶり市に持っていく子たち。
配合飼料に餌付いており、生餌ももちろん食べます。
レプトミンスーパーが一番の好みで、レプトミン・咲ひかり・カメプロス・乾燥エビ等なんでも食います。




大雌の1クラッチ目の3匹。(TSD♀)
甲羅ド派手ハイコントラスト
今年一番最初に生まれて、すでに大き目。
e0018082_22145450.jpg

----------------



大雌の2クラッチ目2匹(TSD♀)
色が薄いのはキープ個体。
右の2匹が売り
e0018082_22402088.jpg


















首のオレンジスポットはこれから増え、雄なら赤に変化して雄親似になりそう。
e0018082_22152097.jpg





---------


黄スポット雌の1クラッチ目(TSD♂)画像「中」
オレンジスポット2クラッチ目(TSD♀)画像「右」

e0018082_22154637.jpg


-----------
黄スポット雌の2クラッチ目(TSD♀)画像「左2匹」
黒系と薄色系と判れました。




オレンジスポット1クラッチ目(TSD♂)画像「右下」
オレンジスポットが強い、手もオレンジなところに注目。

右上の白マーキング個体はキープ、極細の模様。首から頭にかけての模様が凄い。


e0018082_22161309.jpg



----------
オレンジスポット1クラッチ目(TSD♀)画像「右上」

中上の白マークはキープ


黄スポット雌の2クラッチ目(TSD♀)画像「左上と下の2匹」

e0018082_22164711.jpg


---------
黄色スポット3クラッチ目(TSD♀)、2匹多甲・椎甲板6枚多甲、黄色マーク2匹ともsold out

大雌3クラッチ目(TSD♀)赤マーク、上個体、第2椎甲板やや甲ズレ。大柄スポット。
右個体尾先微妙に曲がりでも甲羅が素晴らしい。

e0018082_22165497.jpg






14匹持っていける予定。




-----------


あとは餌付け中のベビーがおります。
配合以外ならよく食べてます。
オレンジ2クラッチ目1匹
オレンジ3クラッチ目2匹
黄色3クラッチ目1匹。

この辺は配合飼料ガッツリと食べないのでキープ。














ーーーーーーーーーー-----

ベビー育成ですが、保温を第一に考えて設置してください。

28-30℃では寒すぎるのです。

最低気温32℃をキープしてください。36度ぐらいまで耐えられます。

簡単なキープ法。
タッパー容器に空調用の穴を蓋にカッターで切り取って開けます。
15センチ×10cmのタッパーの蓋だったら2センチ端を切り抜きます。




そしてペラペラのパネルヒーターの上にタッパーを乗せ、中にサーモスタットのセンサーを入れます。
サーモスタットにパネルヒーターを繋ぎます。
設定温度は33℃ぐらいからやってみましょう。
これで、タッパー内部に湿気がこもり簡易温室代わりになります。
サーモのセンサー以外に水温計を置いて測りましょう。
そして暑すぎるようでしたら、タッパーの半分をパネルヒーターの上にズラシテ乗せます。
ベビーの時なのでとにかく食べさせて体を大きく作ればあと普通の飼い方をするときに楽になります。
なにせベビーは弱いので過保護にする必要があります。

うちでは下に敷くパネルヒーターにみどり商会のナラベルトを使っております。
タッパーを何個も並べられるからいいです。そしてすべてタッパーの底面半分を乗せてます。慣れてきたのでサーモスタットは付けていません。
ガラス温室内で32度キープ。そして底面のパネルヒータ合わせ技で、すこぶるベビーの成長が良い。そして給餌。タッパーは水飼いなので、汚れたらすぐ換えられる利点がある。
毎日最低2回は与えたい。

スケジュールでは朝水替えして餌やり、昼に汚れている水を流して新し水にする。
夕方、水が汚れていたら替え、餌やり、1時間後に水替えして一日が終わる。
水洗トイレの中で飼っているような例えです。
もちろん換える水は暖かい水で行う。











[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-23 23:16 | とんぶり市2016 | Comments(0)
2016年 09月 23日

とんぶり市お品書き

10月2日、横浜産貿ホール、マリネリアにて行われるとんぶり市に出店します。

ただいま準備中ですが、荷物が次から次へと増えていく。
生体と必需品以外の展示物は宅急便で送ろうかとも考えています。

それでも生体を詰めるシミュレーションしたら段ボール45*30*30二箱分になる。それ以外にリュックで背負うのもある。

では、持っていく生体







サラドロガメ北部個体群1小、+5中、+亜成体1
ノドジロドロガメ7
ハラガケガメ17+10
ニホンイシガメ15
オオアタマクサガメ10+10
ウンキュウ18
キボシヌマガメ8
ミツユビハコガメ12
ミシシッピニオイガメ10





ヒョウモントガゲモドキ20



品種

スーパーマックスノートレンパーパラドクス possエクリプス・W&Y
W&Yラプター
ブリザードラプター
マックスノーラプター
スーパーノヴァ
ラプター
マックスノートレンパーA、poss W&Y hetエクリプス
スーパーラプターpossW&Y
W&Yマックスノーラプターパラドクス
スーパーラプター
W&Yマックスノーラプター
W&Yマックスノーエクリプス hetトレンパー
ダイオライトスノーエクリプス hetトレンパー
スーパーギャラクシーhetトレンパー POSSW&Y 
マックスノーエクリプス hetトレンパー poss W&Y


おろおぼえでこんな感じで、
オールレッドアイとソリッドブラックアイ系のどちらかです。


あと1週間以内には持っていく個体の画像を載せようと思います。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-09-23 09:40 | とんぶり市2016 | Comments(0)