あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 30日

キボシイシガメ2クラッチ目

6月29日、午後から陸地を歩き回っている「大雌」
夕方から位置決めしたようで掘りはじめた。前回と同じ場所だ。
PM9時ぐらいに見るとまだ産んでなかったのでそのまま放置。



前回が6月8日なので21日後。狙った通りなのでそれまでのあいだ栄養のある食べ物を毎日与えてた。
しかし最近の天候が雨と曇りが続いて気温低いし食いは悪いしでベストな状態ではなかった。




翌日30日の朝掘り出した。
e0018082_1152024.jpg



4個
e0018082_1152962.jpg



洗ってセット
e0018082_11521522.jpg


もう一クラッチあればいいなあ、今年は産む雌が療養中で少ないから貴重だ。




前回の1クラッチ目4個発生
USACB雌の産んだのは1個しか発生せず。
全部雌TSD設定。

今のところ余りの少なさなので売る分が無いな。

もう一クラッチ産んだらその分が売れる予定。










昨日の夕方の掘っている時の画像
e0018082_11522312.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-30 12:02 | キボシイシガメ&ヨツメイシガメ | Comments(0)
2016年 06月 28日

孵化

レオパードヘッド雌の2/16日の卵一個孵化。
e0018082_19425584.jpg

e0018082_1943029.jpg

いくら生まれても売れて行ってしまうことだろう。求められているということはブリーダー冥利に尽きる。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-28 19:46 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 06月 27日

2016年2クラッチ目

種親。
雄はだんだん黒の面積が増えてきた。
せっかくのスポット模様が消えて行ってます。
成長による黒化か?

一方雌は黄色一色のままです。
e0018082_22311083.jpg

e0018082_22311822.jpg

尾に近い腹甲の形が違います。オスには中央に切れ込みがあるし足の所に隙間がある。







雌の方が厚みがあります。
e0018082_2231314.jpg

e0018082_22312480.jpg

水中の雄












5月26日発見。6個。
ほぼ一か月後。



6月27日サラドロガメ北部個体群の2クラッチ目発見。
陸地に居たので翌日掘ってみたらあった。

6個
e0018082_22313191.jpg

これが本来の産み方なのか?
冬眠明けの春に産卵。
夏をすぎて涼しくなって秋から産卵の2ターン制なのかも。


先月産んだ卵は、温室内の温かい所に保管。ようやく胚の点が出始めた様な無いような?
やっぱり冷やさないといけないかなあ。
もう一個保温冷庫あるので動かしてみようか。



------------------------

2015年孵化の子がようやく雄と判別できるのが2匹現れた。
一年飼い込まないと尾による性判別がつかないという。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-27 22:45 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2016年 06月 26日

レオパ孵化情報

B  w&Yマックスノーhetトレンパー×マックスノーラプターhetブリザード♂

4/24-6/15孵化
e0018082_9572358.jpg

トレンパーアルビノhetエクリプス





A スーパーラプター白×W&Yマックスノーエクリプス・アビシニアンhetトレンパー


4/30-6/22孵化
e0018082_9593236.jpg

マックスノーラプターpossW&Y





C、トータルエクリプスhetトレンパー×トータルエクリプス♂
5/8-6/26
e0018082_102640.jpg

e0018082_1021575.jpg


トータルエクリプス

C群初孵化、卵の調子が悪くてスラッグ多数のうえにカビてしまうで、ようやく1匹。
しかももうこれで今年は終わりそう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-26 10:04 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2016年 06月 26日

レオパードヘッドの雌の子孵化

12月29日産卵のが孵化
e0018082_9532192.jpg

e0018082_9532658.jpg

完甲

e0018082_9544462.jpg

ハラガケベビープラケース群とヒョウモントカゲベビーケース
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-26 09:55 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 06月 24日

黄色スポット雌3クラッチ目

動きがあわただしい、イエロースポットの雌。他の亀を乗り越えてガタガタと徘徊する。

e0018082_2295435.jpg

午前中から土コンテナ入れたが昼になってもなにもなかったので、他の個体とのコンテナにまだ卵の発達が早かったかな?と戻した。

夕方まだガタガタと乗り越えたり動き回っているので、再度土コンテナに入れた。
30分後にチラッと見ると掘っていたのでそっと放置。
8時ごろ見ると埋め戻してあった。
日の出からの体内時計で夕方に産卵するというリズムなので昼間に土コンテナに入れられても、まだその時じゃないと判断され産まなかったと推測。


掘ります。
e0018082_2215585.jpg


あーセットしたところ撮ってない。
3個。



他のミツユビ雌との順番が狂っているが、3クラッチ目の抱卵を確認できたのが何故か遅かった。

5月12日に1クラッチ目、6月1日に2クラッチ目。

そして6月24日に3クラッチ目産卵。

3雌が3クラッチ産んで、35個でも無精卵なのが今現在6個ぐらいあった
去年6匹孵化だったので20匹生まれたら上出来。





種雄
e0018082_2216674.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-24 22:36 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 06月 23日

キボシヌマガメ水中産卵

今回産んだ大雌は屋外の池にいたけど雄の激しいアタックに首の下を傷つけてしまったので、温室で治療し、治ってきたので水に入れて餌与えていた。
治療中だんだん卵が形成されていき触診でもわかるようになってきた。2日前からバスキングをしている。
傷も癒えて外に出そうかとおもっていた矢先。

e0018082_1985410.jpg


6月23日午後
水槽に卵が2個転がっているのをたまたま発見。
急いで取り出す。治療中のイシガメも入っているが卵の大きさが小さい。
卵を取り出して水気を拭いていると、キボシヌマガメの雌が目の前で水中産卵。
e0018082_1985962.jpg

にょろーん。
e0018082_199476.jpg


最初の2つを発見後、ものの10分以内に次々産卵。
取り上げてみれば7個でした。
e0018082_1991040.jpg

丁度良いタイミングで発見できたぞ。



体の割に少ない。まだ体内に残っていそう。



屋外で水中産卵した雌は最初5個ぐらい産んで、2日後に残りのをまた水中で産んで食われてしまったので、
この雌もまだ要観察。
仕事がら家か畑に居て目を配らせることができるのがいいね。

----
前回取れた卵はすべて発生しているようです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-23 19:20 | キボシヌマガメ | Comments(0)
2016年 06月 21日

レオパードヘッドの雌の子孵化

e0018082_157204.jpg

e0018082_1571589.jpg

1/22の卵孵化。




今の季節、ハラガケガメは産卵はないので気を抜いてます。
産卵期は毎日給餌でしたが今は配合飼料はあたえていません。餌はザリガニとかオリジナル肉団子とかです。
ザリガニを与えると、殻が糞で排出されますが、排泄されたら次のエサを与える感じで。
ザリガニの大きいサイズでも大ハサミを捥いであたえればだいたい丸ごと齧ってたべます。
野生を取り戻してもらって9月ごろからの産卵期に備えよう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-21 15:13 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 06月 21日

オオアタマクサガメW産卵





6月20日、暑い日だった。
夕方から雌2匹そろって上陸し掘りはじめた。

こちら「大雌」甲長23cmぐらい。
e0018082_14531885.jpg

ワイルドで片足がありませんが、器用に穴を掘り埋め戻すことができます。




こちら「小雌」甲長19cmほど。
e0018082_14532523.jpg



----------------------------
一夜明けて21日。
昨夜から21日昼までの大雨でびちゃびちゃです。
「大雌」から
e0018082_14561253.jpg

地表面にすでに卵が見えてました。
取り出しながら掘り進める。

e0018082_14573727.jpg


1個つぶれていて、9個回収。
e0018082_14581133.jpg




-----------

「小雌」の所
e0018082_145923.jpg

埋めてあったところと思って掘ってみたが無い。
すぐ横のクローバーの下を掘ったら見つけた。
10個回収。
e0018082_1502177.jpg


池の水が泥で汚れているので水替えしようとしたら、水中から2個転がってきた。
e0018082_1511841.jpg

卵の形から大雌の産みこぼしだと思われる。

大雌13個、小雌10個と大量。ただ孵化するかは知らんが。


---------------
あらためて右が大雌、左が小雌
e0018082_1533268.jpg







小雌
e0018082_1542557.jpg







大雌
e0018082_1544816.jpg









スペース的にきつくなってきたので、まとめた。空気穴有ればいけるだろ。
e0018082_155458.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-21 15:06 | | Comments(0)
2016年 06月 20日

ミツユビハコガメ産卵オレンジスポット雌3クラッチ

3クラッチ目の産卵。
e0018082_1540018.jpg



5/15-6/2-6/20.









6月20日、正午。前の産卵からの日数的にそろそろかなと土コンテナに移動。
すぐ産卵。


e0018082_15394942.jpg




洗って、拭いて、セット。
e0018082_15395448.jpg




前回、前々回の卵は発生しております。





e0018082_15393586.jpg

産卵後、さっそく襲われる雌。

今年はもうないだろうか?去年は7月22日が最後だったのでまだまだ日数的には産みそうだが3クラッチぐらいで終わるのだろう。




とりあえず抱卵確認しているのは黄色スポットの雌の3クラッチ目を予定しています。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-20 15:50 | ミツユビハコガメ | Comments(0)