<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 28日

キボシイシガメ2クラッチ目

e0018082_7482683.jpg

今年は曇り雨が多く、なかなかバスキングができなくて不満そうなキボシたち。
e0018082_7483652.jpg

晴れの日は鶏胸挽肉にミネラオールⅠを混ぜたものをよく食べます。ふだんは配合飼料を嫌々食ってる。






e0018082_742392.jpg


25日に産卵場にいるキボシイシガメ雌を発見。
産んでいるだろうなと、翌日の26日に掘ると4個ありました。
2クラッチ目になります。

(前回は4個中2個破、1無精、1発生でした。)


取り出してタッパーにいれる。
今回は28-30度にして保管した。




もう1匹のCB雌が初抱卵したのでそれも産んでもらいたいがとにかく母子無事に産み終えてくれることを祈る。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-28 07:52 | キボシイシガメ&ヨツメイシガメ | Comments(0)
2015年 06月 28日

日本産クサガメの産卵

春にクサガメのトリオを入手。
屋外のタブにいれておいた。
餌はなんでもよく食べ、すぐに人馴れもした。
e0018082_7105767.jpg

e0018082_711658.jpg

雄13センチぐらいの黒化雄。

e0018082_7111479.jpg

雌その1.甲長19cm。老齢で巨頭化してます。



6月16日に雌その1が産卵。
触診により、前日まであったお腹の卵が無くなっていたので掘ってみると、8個ありました。
e0018082_713165.jpg

温室内常温で保管。






そして、もう一頭の雌。

e0018082_7132042.jpg

さらに巨頭化。
e0018082_717529.jpg

甲長22cm。

e0018082_7132735.jpg

ワイルドなので片足がありません。古傷なので塞がってます。
e0018082_7202966.jpg

e0018082_7134290.jpg

25日に触診により無くなっているの発見したので掘ってみる。
一つ掘るときに割ってしまったが、10個を確保できた。
片足ながら、穴をちゃんと掘り、中にまとめて産んであり、ちゃんと埋め戻しもできていた。感心するね。



28度で保管。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-28 07:24 | 他ドロガメ&ニオイガメ | Comments(0)
2015年 06月 27日

同時産卵

黄色いスポットの雌、午前中に触診にもよるが前回の産卵からつぎのクラッチを計算しそろそろかなと、土入りコンテナに入れた。
そして水をぶっかけて土を湿らせる。(雨上がりの感じで)
それから夕方になり見てみたら、産んでる最中だよ、もう一体の大雌が、そして黄色雌はすでに埋め戻しの最中です。
e0018082_2236590.jpg

大雌は去年の夏から居ますが今回が初産卵。卵の触診は確認していたが1週間ぐらいコンテナに入れて産卵待っていたのになかなか産まず。記憶を頼りに経験者談を思い出すと、水気がたりないと、こちらの雌にも朝に水をぶっかけたところだった。
そのため産む環境が整ったドンピシャってことで同時産卵になったのだろう。




まずは埋め戻している黄色スポットの雌

e0018082_22361877.jpg

前回の卵は7個産んで4個クラッシュ、3個無精卵発生なしで惨敗しました。
埋め戻してはいるが中はまたクラッシュしてんじゃないかと不安がよぎる。
e0018082_22362782.jpg

埋め戻しているところからどかしても埋め戻しをやめません。
ピンポイントで気を付けて手で掘ります。
一個取り出すとまだ奥にあります。
e0018082_22363757.jpg

今回はクラッシュなしで4個産みました。
e0018082_22364071.jpg

前回の産卵の後に即ダースモール雄と交配したので、うまくかかってくれていればいいなと。
e0018082_22364346.jpg









はいっ、次
大雌

蓋をあけてびっくりしたのか仕事が止まっています。
中に三個見えます。
e0018082_22371873.jpg

綺麗につぼ型に掘り出されています。
爪でひっかいてクラッシュは避けたいので、ここから卵を取り出すことにする。
ちょっと邪魔するが、ウミガメとか一度産み始めるとそのまま続行するということから大丈夫という感。
ピンセットでつまんで3つ取り出した。
e0018082_22372431.jpg


e0018082_22373194.jpg

適当に拭いて入れた。
その後他の亀水槽の水替えしてたら、産み続けていたため見ると、一個クラッシュ。もういっこは無事ということで取り出して4個に。その後用事ではなれて1時間ぐらい経ってから戻ってみると埋め戻している最中。
そこからどいてもらって掘ってみると1個発掘。計6個産卵1個クラッシュで5個確保できました。

この才能をもっと別の事に発揮したらお金持ちになれるんじゃないかと私も思う。

好きこそ物の上手なれ

【意味】 好きこそ物の上手なれとは、どんなことであっても、人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ。

【注釈】 誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。
芸事は、無理して嫌だと思いながらやっても、成長はないということ。
「上手なれ」の「なれ」は「なり」の未然形で、「こそ」に応じた係り結び。
「好きこそ上手」「好きこそ物の上手」ともいう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-27 23:04 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2015年 06月 27日

孵化情報


e0018082_21593317.jpg

5月6日産卵6月20日孵化
親マックスノーラプターhetブリザード♂×ダルメシアンhetトレンパーA♀
e0018082_21552360.jpg

1/2、マックスノーエニグマトレンパーhetエクリプス
e0018082_21554723.jpg

2/2、マックスノーhetラプター
白いほうはよく見たらエニグマ持ちで模様からマックスノーとわかりました。

---

4月8日産卵6月21日孵化。
親W&Yマックスノーエクリプス・アビシニアン hetトレンパー・♂×W&Yマックスノーhetエクリプス♀
e0018082_21591359.jpg

1/2、W&Yマックスノー・エクリプス?
e0018082_21592139.jpg

2/2、マックスノーエクリプスhetアビシニアンpossトレンパー?

まあまあ当たりの組み合わせ。
W&Yマックスノーは生まれたときから黒が抜けていてノーマル体色ながら白くなる。雌親似になるだろう。
ただのマックスノーかよっと思ったらエクリプスついているようです。

-----


5月10日産卵6月23日孵化。
親マックスノーラプターhetブリザード♂×スーパーマックスノー♀
1/2、スーパーマックスノーhetラプター
e0018082_225996.jpg

2/2、スーパーマックスノーhetラプター
e0018082_2251639.jpg

半分はSMSなので次世代の布石。トータルエクリプス狙いしかない。

------

5月11日産卵6月24日孵化。
親マックスノーラプターhetブリザード♂×W&Yスーパーマックスノーhetトレンパー♀
e0018082_2273669.jpg

1/2、2/2、両方とも謎の白。
あー↓この雌親のW&Yスーパーマックスノー、トレンパーアルビノヘテロだったのか↓
W&Yの良い所というか特徴を全消ししてしまう。正直品種を判別できる自信はない。
目もまだわからないし、雌がhetエクリプスというのは判明していないので、ソリッドアイならスーパーマックスノーになっているところまでは読めそうだが、W&Yの有無は判別不能。たぶん大きくなってもわからんわ。

とりあえず計算機でだしてみると8に分かれた。


*1/16 Mack Snow Albino (Tremper) HET Blizzard, Eclipse
*1/16 Mack Snow Albino (Tremper) HET Eclipse

1/16 Mack Snow HET Tremper Albino, Blizzard, Eclipse
1/16 Mack Snow HET Tremper Albino, Eclipse

1/16Mack Snow White & Yellow HET Tremper Albino, Blizzard, Eclipse
1/16 Mack Snow White & Yellow HET Tremper Albino, Eclipse

*1/16 Super Snow Albino (Tremper) HET Blizzard, Eclipse
*1/16 Super Snow Albino (Tremper) HET Eclipse

1/16 Super Snow HET Tremper Albino, Blizzard, Eclipse
1/16 Super Snow HET Tremper Albino, Eclipse

1/16 Super Snow White & Yellow HET Tremper Albino, Blizzard, Eclipse
1/16 Super Snow White & Yellow HET Tremper Albino, Eclipse

*1/16 Tremper Albino Mack Snow White & Yellow HET Blizzard, Eclipse
*1/16 Tremper Albino Mack Snow White & Yellow HET Eclipse

*1/16 Tremper Albino Super Snow White & Yellow HET Blizzard, Eclipse
*1/16 Tremper Albino Super Snow White & Yellow HET Eclipse

「*」マークのが可能性がある。そこから目を見てエクリプスの有無で半分に絞り込めるだろう。しかしW&Yの見た目がなぁぁ↓そこが重要なのに!
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-27 22:31 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2015年 06月 15日

キープ個体

W&Yスーパーマックスノーその1
e0018082_14333516.jpg


W&Yスーパーマックスノーその2
e0018082_14334426.jpg



見た目ギャラクシー(トータルエクリプスhetアビシニアン?)
e0018082_14335625.jpg



スーパーノヴァ
e0018082_1434544.jpg



すべて30度で孵化させているので雌雄不明。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-15 14:35 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(2)
2015年 06月 15日

4クラッチ目の1個孵化

12月7日産卵4クラッチ目の5個、2個無精卵。
3個発生。

このクラッチは産卵後すぐに保温器30度のところに入れてどうなるかの実験してた。結果発生スタートが遅れた。


先に5クラッチ目が孵化しまして、追い抜かれてしまって孵化するのか不安だったがなんとか1個割れてた。
e0018082_14214789.jpg

190日もかかってしまった。

もう2個がまだ怪しい。中で血管はまだ見えるが、気泡?気室が大きい・・・水気が足りなくなってしまったのだろうか。まだ望みを捨てずに放置しよう。

e0018082_14215947.jpg

e0018082_1422633.jpg
e0018082_14221455.jpg
e0018082_14222215.jpg

窓が開いた後しばらくしてから取り出してみた。ヘソは吸収されてるね。
直後なのでまだ体が卵型。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-15 14:28 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 06月 15日

ノドジロドロガメ初孵化1クラッチ目

初めて産卵したノドジロドロガメの記事


雄が死亡し、2クラッチ目産卵以降に新しい雄を導入して交配しているので、この1クラッチ目と2クラッチ目は前の雄の精子が使われている。
ただし、新しいオスは交尾をしているがその精子が3クラッチ目以降に使われているという確証はない。
1.2クラッチ目と3と4クラッチ目のベビーの違いを待ちたいところ。




2月25日産卵し、その後4個だったので2つは26度の容器に、もう2つは30度の容器に入れていたところ、1ヶ月もすると全て発生が見られた。

それから108日後


6月13日、卵の内幕に内部から傷がついているのが透けて見える。キャンドリングをして卵黄のスペースが消えている(子亀が卵の中いっぱいに育っている)のを確認し。傷の所を割ってみた。
e0018082_1355209.jpg

e0018082_13531827.jpg

しっかり育った顔がそこにはあった。
これらの4個を観てみると全部育っているようなので全部開けた。
e0018082_13554260.jpg

e0018082_13554736.jpg
e0018082_13555156.jpg



まだヨークサックの跡が少し残ってはいるがもう大丈夫だろう。ハッチライトやミズゴケの中でしばらく過ごさせてい。

e0018082_13561524.jpg

e0018082_13562347.jpg
e0018082_13563078.jpg
e0018082_13563982.jpg
e0018082_13564696.jpg
e0018082_13565858.jpg



温度を変えたのに同時に孵化という育った速度が同じ・・・なんか間違えたのかもしれない。全部同性の可能性もあるがいちおうTSD26度とTSD30度。そこらへんの文献は知らないのでこれがTSDの境がわからない。

気が付いたこと、去年いろいろな店でホオアカドロガメのベビーを見たけど、今回家で生まれたノドジロドロガメの腹甲の赤と黒の模様の入り方が違いました。顔の目の横の赤バンド模様もなんか入り方が違う気がします。(ノドジロドロガメのベビーはそもそも売っていないので見たことが無い)(某所の過去販売個体でベビー画像を見ることができるが同一なのかどうかは知らない)

孵化直後で比べてサラドロ北部やハラガケと比べても尻尾が長い。この齢で尾の長さで雌雄差を決めつけるのはまだはやいか?

サラ北部と比べると甲羅の3本のキールがはっきりとしている。ノドジロは成長するにつれて甲高になるしサソリドロガメに近いのでキールが残りそう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-15 14:15 | 他ドロガメ&ニオイガメ | Comments(0)
2015年 06月 13日

新孵化子







4/23産卵6/5日孵化。
親マックスノーラプターhetブリザード♂×ダルメシアンhetトレンパーA♀
マックスノーエニグマトレンパーhetエクリプス
e0018082_6582845.jpg




4/27産卵6/10日孵化。
親ドリームシクルhetブリザード♀×マックスノーラプターhetブリザード♂
1/2.白?
e0018082_6581864.jpg



4/27産卵6/11日孵化。
親ドリームシクルhetブリザード♀×マックスノーラプターhetブリザード♂
2/2白
e0018082_6584318.jpg






4/28産卵6/11日孵化。
親マックスノーラプターhetブリザード♂×W&Yスーパーマックスノー♀
1/2マックスノーhetラプター

e0018082_6585462.jpg





4/28産卵6/11日孵化。
親マックスノーラプターhetブリザード♂×W&Yスーパーマックスノー♀
2/2w&yスーパーマックスノーhetラプター

e0018082_659427.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-13 07:28 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2015年 06月 12日

ミシシッピニオイガメも居たんです初産卵

去年は室内飼いでとにかく太らせようとした。
ワイルドのせいなのか餌食いが悪い。しかも雌はシェルロッドで甲羅に穴空いて溶けていたり治療の日々だった。

秋までにシェルロッドも治り、そして初めての冬眠。コンテナにミズゴケをいれてもので10度以下付近ので3カ月過ごした。3月に外のウォーターランドタブ・ミニ?90センチぐらいのにいれて冬眠明けを待った。雄1雌2のトリオだ。

冬眠から目覚め餌を食うようになった。
良く食うので肉付きも良い。


5月、雄の尾の先が噛みつかれて出血しているのを発見雄を治療のため温室内にて治療。以後室内飼いに。
雌2匹は外のまま。



産卵1週間前。今回卵を産んだ雌がバスキングしているのを発見する。普段は水底に隠れるように生活している奴がだ。
腹を探ると卵の感触がある。そろそろだなと思う。


産卵翌日。腹を触ってみると卵の感触が無い。掘ってみるとありました。
e0018082_2241248.jpg
e0018082_22411131.jpg
e0018082_22411989.jpg

2つ白濁帯が出ている。以下温室内で保管。25度ぐらいで外気温の上昇に伴い上昇するだろう。


実はオスもメスも激選個体・グレーの甲羅に黒いスポットが入るタイプで雄雌組んであります。雄はビックヘッド・雌は小型。


もう一匹いる雌はいたってノーマルな個体なので数合わせです。ハーレムにした方が雌へのアタックが分散されるかと思ったが、雄にとってはどうでも良さそう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-12 22:57 | 他ドロガメ&ニオイガメ | Comments(0)
2015年 06月 12日

ノドジロドロガメ産卵4クラッチ目

卵周期がほぼ1ヶ月なノドシロドロガメ。
2月25日、4月4日、5月8日でしたので読みやすい。

体重も550gで重さMAXになってそろそろ産むかと待ち構えていました。
昨日の晩に上陸して穴掘っていた。
6月11日でした。

6月12日に掘り出してみたら過去最高の5個産んでありました。
e0018082_2232161.jpg

取り出してタッパー入れて即保温。というのが今まででしたが、最初低め(といっても24度ぐらいある)で1ヶ月おいてから本格的に保温というstyleで行こう。

そういえば初めての1クラッチ目の2月25日産卵の卵がなかなか孵化しない。2パターンで2個ずつ環境変えて分けてあるがすでに卵真っ暗だけど割ろうか割るまいか?発生は順調に行っているように見えたがここにきて陰りが・・・先日のハラガケ全滅もやっているのでもしや卵の中で死んでいるのではないかと思ってしまう。
サラドロやハラガケよりも卵のサイズが大きいのでその分時間がかかっているのだと思いたいです。

e0018082_22322369.jpg

雌は産み終わったので
e0018082_22323234.jpg

すぐに雄を投入して、久しぶりの一発をやってもらいました。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-12 22:39 | 他ドロガメ&ニオイガメ | Comments(0)