<   2015年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 22日

3-4号孵化

ハラガケガメ3クラッチ目はこの1匹だけでした。

e0018082_1951765.jpg

卵に窓ができてから1週間たちましたが、全然変化なしで出てくる気配が無く水も飲ませないいけないので、剥きました。
4月22日孵化。

e0018082_1952967.jpg
e0018082_1953544.jpg

孵化直後に一発臭いのやらかします。下水の匂い。
e0018082_1954272.jpg


e0018082_1954720.jpg
e0018082_1955357.jpg

はじめて、激しく多甲ズレになってしまいました。;;
e0018082_1955899.jpg

水場デビューしてます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-22 19:10 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 04月 22日

2クラッチ目の「7-13」号孵化

サラドロガメ北部個体群、12月6日の2クラッチ目8個産卵のうち4個が発生し。
4月15日につづいて、2匹目。

4月22日孵化。
「7-13」号
e0018082_18595939.jpg

e0018082_190525.jpg
e0018082_1901193.jpg
e0018082_1901865.jpg
e0018082_1902493.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-22 19:02 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2015年 04月 17日

2クラッチ目孵化開始「7-12」号

12月6日の2クラッチ目8個産卵の孵化が始まりました。
産卵後2か月20℃付近に置き放置。そのご28-30度で保温すれば運がいいと発生します。
8個あったが、順調に発生したものは4個だけ。のこりはカビてしまいました。
4個のうち1個が4月15日に卵から抜け出して孵化。2日ほどハッチライトに潜っていたが、今日取り出してみると腹の具合がよさそうだったので水タッパーに移した。
e0018082_22392420.jpg


鼻の下に卵歯あり。
e0018082_22383598.jpg


サラドロガメ北部個体群区と夕の腹甲の模様
e0018082_22384578.jpg

頭の黄色いV字も健在。
e0018082_2239367.jpg

前回孵化した「6-12」は卵黄が大きすぎて出てきてまだベビーの体ができていなく未熟なままだったので力尽きました。そのため12の部分が次の個体に受け継がれます。

今回孵ったものは「7-12」号と名付けられた。


のこりの3つの卵を透かせてみると中の成長具合がまちまちなので、自力で出てくるまでもう手を出さない。
今日見たら1個が卵の殻が割れて3ミリほどの窓ができていた。放置します。同じ失敗は繰り返さないようにしないと。








これからタッパー容器が増えていきそうですが、カメのほかにヒョウモントカゲモドキも孵化で30匹ぐらいは採れると思うのでスペースが大変なことになりそう、これが嬉しい悲鳴という奴ね。
e0018082_22394282.jpg




-------------------
今季1号の、「6-11」
e0018082_224078.jpg

黒色素減ハイポチックになり、黄色増。
これがハイポなのか単なる色抜けなのか、個体差なのかしらんが確実に遺伝してる。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-17 23:01 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2015年 04月 17日

ベビーその後の様子

ハラガケガメのCB1-1号の頭部に細かいスポットが出始めました。
この模様の出方、雄親の子供の頃とソックリです。
e0018082_22115139.jpg

日に日に増えてますので、フルスポットになる日は近いです。
さらに雌親の遺伝も継いでくれればヒョウ柄やサークル模様になると凄くなるね。こればかりは育ってみないとわからない。後天的に真っ白に消すことはできるッぽいがスポットは持っていないとでない。これが品種なのか遺伝なのかは知らんが、雄親のラージフルスポット頭部と雌親の極細のレオパード模様で、出ないわけない。確かに遺伝していると思われる。
e0018082_22122468.jpg

目の後方のコメカミ辺りから発色。
e0018082_22123837.jpg

配合飼料もバッチリ食いますが、ディビアの幼虫やコオロギをあげてます。
成長スピードが速く甲羅の成長線が出ています。2月27日孵化なので今日で50日です。
もう完全に乗りに乗っているのでここから急成長するでしょう。夏までに8センチ越えぐらいいくかも。
------------------------


そして2-2号
e0018082_2223994.jpg


2-3号
e0018082_22233634.jpg

目の後ろ辺に少しずつ細かいスポットが入ってきてます。


------------

初登場
e0018082_22251131.jpg

まだ卵の中です。
剥いて卵黄が吸収前に出てこられても困るので開けずに放置です。
それにしても警戒すると噴出する異臭が半端ねえ、すでに下水というかヘドロ臭い。



これはナンバーは3-4号になります。
3クラッチ目の通算4匹目ってことのナンバーです。


11月13日の3クラッチ目、4個産卵のうちの1個だけ孵化。のこりの3個は発生見られず腐敗しました。

next
12月7日4クラ・5個で2つ発生してそうです。あと孵化まで1-1.5か月先だな。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-17 22:33 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 04月 10日

サラドロガメ北部個体群5クラッチ目

4月9日に量ると体重が800g、大台突破して太りすぎじゃないのかと思うが、
最近バスキングを良くするのと前回の産卵から日数的にそろそろかなと読んでいた。
そして昨日は上陸して掘ろうとしているところだったが私が覗いたためやめて水中に戻ってた。
PM2時ごろ、上陸していたのでそっと閉じ。
10日夕方、体重を量ると減って770gになっていたので掘る。

e0018082_1854812.jpg

このように埋まってます。


そのまま4個でした。
e0018082_186930.jpg

立ったままだったのでそのまま。
e0018082_1862041.jpg

タッパーに入れて20度のところに置く2か月。


1クラッチ目10月15日10個
↓52日後
2クラッチ目12月6日8個
↓33日後
3クラッチ目1月8日6個
↓41日後
4クラッチ目2月19日8個
↓50日後
5クラッチ目4月10日4個


去年は2月28日が最終クラッチだったので、今季はこれで産卵は終わりだと思われます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-10 18:08 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2015年 04月 10日

ハラガケガメ8クラッチ目産卵


こんなにクラッチ数産んだ記録は他には見ないのでは?

9日砂場があれているのを見つけたので掘るのだ。
いつも食べているので食いが減るという兆候が無いです。
e0018082_1756147.jpg




3個でした。
さすがに今回で打ち止めだろう。
e0018082_17561347.jpg

画像のように普通よりも小さな卵があります。



ハラガケカメ・レオパードヘッド雌
2014年 09月 28日1クラ・2個
↓ 22日
10月20日2クラ・4個
↓ 24日
11月13日3クラ・4個
↓ 24日
12月7日4クラ・5個 
↓ 31日
2015年1月7日5クラッチ目・5個、

2月10日、6クラッチ目、6個

3月11日、7クラッチ目、5個

New4月9日8クラッチ目、3個

計34個卵が取れました。毎月産んでます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-10 18:01 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 04月 09日

ハーレラドロガメまた一個

4月8日に上陸して砂の中に潜っていたのが今日になって水中にいたので、砂地を掘ったら一個だけあった。
バラバラに産むのか?たまたまなのか?この感覚キイロドロガメと似ているところがあるなあ。
e0018082_19224140.jpg

28.5mm長径
e0018082_1922434.jpg

17mm短径
e0018082_19224679.jpg

重さは約6グラム。
e0018082_19224880.jpg

掘り返す時に上下が判らなくなってしまった。
そこでペンライトで透かすと・・・黄色い黄身が片方によっているということは卵を立てた状態で黄身が沈んだということに。ハッチライトタッパーに卵を縦に埋め込んだぞ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-09 19:28 | 他ドロガメ&ニオイガメ | Comments(2)
2015年 04月 09日

一坪の亀池

亀池ほぼ完成しました・・・が、フィルターとか付けたくなってきたw
水を入れる時にホースで水流で動いてしまうので、塩ビパイプと分岐で固定したい。
まだいいけど暑くなってきたら、今は日影が無いのですだれとか中にセットしよう。
ホテイアオイもっと増殖しないと浄化作用がまだ無い。
e0018082_1856423.jpg

e0018082_18561571.jpg

e0018082_1856792.jpg

e0018082_1856947.jpg

e0018082_18561814.jpg

壁の黒い板は、田んぼに使われる「アゼ板なみ」というもの、耐久性あり、水に強い。滑るのでカメが爪をひっかけて登れない。
e0018082_18562460.jpg

e0018082_185623100.jpg

コンクリートブロックの囲いの中の寸法がピッタリとはいかなかったので、真ん中に隙間がある。
そこでスノコパネルを敷いてステンビスで固定。ステージの花道みたいになったぞ。
パネルを横に継足すと水中へのスロープになった。
e0018082_18562028.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-09 19:09 | | Comments(0)
2015年 04月 07日

180センチ水槽化粧砂を敷く

ラプラタサンド4袋入れたが、まだ足りない。
あと1袋あるけどそれで足りるかどうか。
e0018082_17161844.jpg

化粧砂の照り返しで明るさ50パーセントアップ。

e0018082_17162044.jpg

e0018082_17162253.jpg

e0018082_17162416.jpg

e0018082_17162794.jpg

魚の色もかなり変化した。

e0018082_17162970.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-07 17:20 | 水草レイアウト | Comments(0)
2015年 04月 07日

キボシイシガメ冬眠明け

3月中旬の暖かい日に起こしましたが、寒波がきたりでしばらくトマト温室内で過ごしてました。
どの個体も餌を食べるようになったので、外に移したら雨や曇りばっかり。
e0018082_1652064.jpg

早く暖かくなってもらいたいですね。


配合餌もちゃんと食べてくれます。
e0018082_1652483.jpg

雄は雌を追いかけっぱなし。
去年は雄を別々に飼育していましたが、今年は全部同じところで飼ってます。
雄が雄に乗っかって沈めようと攻撃するので、事故が怖いです。
よくよく観察してみると雄複数のほうが、燃えてんじゃね?雄の乗っかりのヤル気度が違うし。

晴れればバスキングしてます。近寄ると水中に飛び込みますが。
e0018082_1653676.jpg

今年は配合よりも肉食わせて、産卵まで持っていきたいです。
目指せ初ブリード
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-04-07 17:00 | キボシイシガメ&ヨツメイシガメ | Comments(0)