<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 17日

あまりに水草植えるのが遅いので助っ人参上(ネタ画像)

いいかげんにしろーいつまで待たせるんだ!
e0018082_154932.jpg

有名ロボットアニメのシャア専用ズ○ック
e0018082_1541886.jpg

この岩場、IWAGUMIか?
e0018082_1543733.jpg

ブセファランドラ!
e0018082_15532.jpg

こうやって石に接して植えるんだ、決して流木に巻くなよ・・・腐るからな!
e0018082_1551132.jpg
e0018082_1552797.jpg
e0018082_1553438.jpg

バリスネリア・ナナを植えるのに この爪は役に立つ・・・が、爪を抜くとナナも一緒に抜けてしまうではないか?!やはり、ピンセットが一番か・・・。
e0018082_1554054.jpg

フッ、役に立たなかったようだな・・・。
e0018082_1554739.jpg

ハハハ、さらばだ・・・。
[PR]

by aquariusaquarius | 2014-12-17 15:16 | 水草レイアウト | Comments(0)
2014年 12月 07日

サラドロガメ北部個体群今期2クラッチ目とハラガケ4

サラドロガメ北部個体群の繁殖レポートがクリーパーの最新号に掲載されました。
出来上がった本が届いた12月6日のPM8時ごろ産卵確認。


前回の2014年10月15日よりかなり日が空いてしまった、原因は照明のタイマー故障で一日中つけっぱなしになっていて、体内時計狂ってたと思う。それと水温下げてなく28度のままだったわ。

太ってきて脚の付け根の肉がはみ出てきたのになかなか産まない。餌の食いが落ちてからも2週間ぐらいたっても産まなかった。
おりしも今宵は大潮か・・そろそろだと期待してたら掘ってるたので翌日に取り出すことにした。
産卵前の砂場は、このように拳を押し付けてデコボコにしてある、
e0018082_23191746.jpg






たまに上陸してバスキングしたり均されることもあるが、産卵が終わり埋め戻すとこのように平らになる。
e0018082_23192414.jpg



亀というものは内臓が甲羅の中なので見たや触診で卵の有る無しや状態などがわかりにくい。そこでデータを取ることでこの個体の向かっている状態を可視化することができる。
e0018082_23224897.jpg

これによると産卵前の体重は793g→産んだ後の退場は730gと一晩で63g減ったことがわかる。いくら大きい糞をしたとしてもこんなには減らない。
今回はたまたま産卵しているところを確認していたので産んだことがわかったが、見ていなければ体重をみることによって産卵したとわかるそして慎重に掘る心構えができるというものだ。


掘ります
e0018082_232734.jpg

位置はわかるので慎重に道具は使わない。素手で掘る。砂だから掘りやすいけどね。土ではこうはいかない。

一つづつ上下をそのままに取り出していきます。
8個でした。
e0018082_233004.jpg



卵の上にマーキングしてハッチライトの上に置きます。
e0018082_23301182.jpg


そして押して沈めます。
e0018082_23302298.jpg

水滴が落ちてくるので埋めます。
観察する時は上に乗っているハッチライトを指で払いのければいいだけです。

そしてタッパー容器は20度付近になった場所に保管します。

前回のハッチの確認したらカビが生えていそうなのがあり孵化率悪そうっというかまだ発生は始まってすらない。この容器は30度の孵化器に移動して保存中。


そんな作業をしている目の前で、ハラガケガメ・レオパードヘッド模様のメスが上陸してた。
ああ産んでるはコレ。邪魔しちゃ気が散るので一時撤退。
ハラガケガメは産卵の時にだけ上陸するので産卵砂場が荒らされているとすぐわかりやすい。
そしてサラドロガメ北が産む時間帯が夕方過ぎに対して、ハラガケは午前中から昼間に産んでるね。たんなる個体差なのか種の性質なかは知らん。

掘る。
e0018082_23423560.jpg

深めの場所にある。
取り出してみると5個だ、前回よりも1個増えてる。成長なのかコレ。
e0018082_2342453.jpg

マーキングしてハッチライトに埋める。タッパー容器を30度の孵化器にいれた。
e0018082_23425475.jpg


e0018082_23443648.jpg

そして雄の水槽の中に雌をドボーン。追い炊き。
サラドロガメのほうも雄を投入。さっそく乗っかってた。道徳的とか人道的ではないなあ。自然界ではどうなんだろね。終わったらすぐに待ち構えている雄とか、うけいれる雌とか。ポタモトリゴンかよって。


2014年 09月 28日1クラ・2個
↓ 22日
10月20日2クラ・4個
↓ 24日
11月13日3クラ・4個
↓ 24日
12月7日4クラ・5個

さすがにもうないだろうとはいかないはず。5クラッチ目あるか。
それにしても産卵間隔がほぼ同じで判りやすっ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2014-12-07 23:59 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2014年 12月 07日

12月7日4クラ

、ハラガケガメ・レオパードヘッド模様のメスが上陸してた。
ああ産んでるはコレ。邪魔しちゃ気が散るので一時撤退。
ハラガケガメは産卵の時にだけ上陸するので産卵砂場が荒らされているとすぐわかりやすい。
そしてサラドロガメ北が産む時間帯が夕方過ぎに対して、ハラガケは午前中から昼間に産んでるね。たんなる個体差なのか種の性質なかは知らん。

掘る。
e0018082_23423560.jpg

深めの場所にある。
取り出してみると5個だ、前回よりも1個増えてる。成長なのかコレ。
e0018082_2342453.jpg

マーキングしてハッチライトに埋める。タッパー容器を30度の孵化器にいれた。
e0018082_23425475.jpg


e0018082_23443648.jpg

そして雄の水槽の中に雌をドボーン。追い炊き。
サラドロガメのほうも雄を投入。さっそく乗っかってた。道徳的とか人道的ではないなあ。自然界ではどうなんだろね。終わったらすぐに待ち構えている雄とか、うけいれる雌とか。ポタモトリゴンかよって。


2014年 09月 28日1クラ・2個
↓ 22日
10月20日2クラ・4個
↓ 24日
11月13日3クラ・4個
↓ 24日
12月7日4クラ・5個

さすがにもうないだろうとはいかないはず。5クラッチ目あるか。
それにしても産卵間隔がほぼ同じで判りやすっ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2014-12-07 21:39 | ハラガケガメ | Comments(0)