あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 31日

液肥食い

e0018082_18441932.jpg

使用水草のパールグラスとオーストラリアンハイドロコチレは液肥を与えないと白化してきます。
特にパールグラスは生長点が腐ってしまうほどダメージを受ける。
オークロは茎だけ残っていれば、新芽が元に戻ります。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-31 18:48 | 水草レイアウト | Comments(2)
2013年 05月 30日

レオパ孵化

e0018082_212746100.jpg

マックスノーラプター雄×ドリームシクル雌
4月17日産卵、31度、5月30日孵化

4月17日にはスーパーハイポタンジェリンの卵も産卵してましたが、こちらのクラッチは卵のサイズが小さかったので、早く孵化しました。
今回の子のほうが遅く掛かったぶんサイズが大きいです。


e0018082_2128117.jpg

親であるマックスノーラプター雄×ドリームシクル雌の共通点はトレンパーアルビノ、エクリプスアイ、マックスノーというのが今回の孵化で分かりました。
パターンレスが両親で揃っていたら、今回のようなマックススノー模様の子供は生まれません。
なのでどちらかの親がパターンレス入ってない。
雄は入っていそうなので、メスの方がパターンレス抜きの遺伝構成だろうと推測される。


e0018082_21281217.jpg

その1、手前、トレンパーアルビノ、マックスノー、エニグマ無し。で、おそらくエクリプスアイという表現です。


親がマックスノーラプター雄×ドリームシクル雌(ラプター、エニグマ、マックスノー)であるので、どちらもマックスノー遺伝子があります。
なので、スノー×スノーでスーパースノー1、マックスノー2、ノーマル1。という割合で出現。
尻尾にバンド模様があるのでエニグマの線が消えた。




e0018082_21282490.jpg

その2
問題はこちら、見た目では何が何だかわかりません。
体の模様また不明瞭、しっぽは白いようだ。赤目。
おそらくノヴァかと思われます。




-------------------

e0018082_21442533.jpg

サラドロガメの雌が上陸してた、最近良く陸地にいる時が多い。
そろそろ産卵かもしれないので孵化容器に入れる水苔買ってきてた。
期待している。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-30 21:48 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2013年 05月 29日

180

e0018082_21505167.jpg

奥行180センチ
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-29 21:52 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 05月 27日

応募Completion

ADAから応募完了のお知らせメールが届いた。
あと発表まで悶々と過ごすでもなく解放されたという感じ。
やり遂げたって感じと、ベストを尽くせなかったという感じが混じっているがもう終わったことなので、時間は取り戻せない。特に撮影面ではどうにもならないところがあり、もったいないと思っている。




過去を悔やむよりも、次の作品の構成を考えていたい。

それには夏の暑い時期は水槽を空っぽにして過ごし、
気温が下がってきたらすぐに始められるように準備しないといけませんね。
目標は年内完成とそこから維持を5ヶ月ほどにするか。

e0018082_21333058.jpg

黒バックスクリーンでも撮影しましたが、樹の影と背景が同化してしまうところがあったので屋等入りに。
e0018082_21574562.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-27 22:01 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 05月 24日

インド孔雀

e0018082_2230219.jpg

今年から卵産み始めています。
e0018082_2230881.jpg

ニワトリの卵とくらべると流石に大きいです。

雄の全体像は下の画像ですが、目玉模様の飾り羽がでていないのでまだ若いくて繁殖しないだろうと思っていました。

卵を産み始めて6個貯まったところで孵化器にいれたが、全部無精卵のようでした、まだ若いからなあと諦めてたのですが、その後も卵を産み続けるので4個産んだところで、また孵化器に入れたら2個発生しているではないですか。有精卵ありました。ってことは交尾したのか・・・。できたのか。
なのでまた4個あったので、2個の無精卵を除いて追っ掛けでさらに4個入れました。
孔雀の孵化日数は28日さあ、生まれるでしょうか?

一羽のメスが今シーズン産んだ卵は今日で14個になりました。
来年は有精卵売りしたいものです。

e0018082_22301374.jpg

正面ストロボで実際の見た目とはだいぶ違います。
濃いメタリックブルーぽい。


地味なメス
e0018082_22301982.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-24 22:40 | | Comments(0)
2013年 05月 23日

レオパ孵化


連日の孵化記録。
まあ、ブログは覚書みたいなものです。



e0018082_2224920.jpg

マックスノーラプター雄×ノヴァ雌
4月12日産卵、31度、5月23日孵化

温度が高いので、少ない日数で孵化します。
今回で41日ですか゛、28度以下とかだと2ヶ月ぐらいかかるのもいます。








e0018082_2225553.jpg

やばい、アルビノは見分けがつかなくなってきた。
個別のプラケースにちゃんと情報を書いとかないとわからなくなるな。
非アルビノの方が模様があって個性的に思える。



アルビノってのはわかるが、目がソリッドなのはしばらく飼ってないとわかんないし、模様はずーっと変化するしで、将来の予想がしずらい。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-23 22:14 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2013年 05月 22日

レオパ孵化

マックスノーラプター×スーパーハイポタンジェリン雌の子
4月17日産卵、5月18日孵化
e0018082_12483858.jpg

まずは1匹孵化し、模様からして、ノーマルのパターンレスのようですが、私の知ってるリューシ(パターンレス)の幼体と違う。
謎個体だな~。
エクリプスの遺伝あるので、目が真っ黒になってくれれば面白いのだがまだわからんね。


黒班がありません。
e0018082_1249854.jpg

なんかすでに出来上がっちゃった、スーパーハイポタンジェリンのようだ。
スーパーハイポタンジェリンの幼体は黒バンドがあって、その上にオレンジや黄色が徐々にはいっていくものだおもった。



翌日18日にもう一匹(右上の卵)も孵化して、白と黒の模様なのでマックスノーですね。
e0018082_1249148.jpg









どれも見分けがつくので、まずは4匹一緒にしています。
e0018082_12492143.jpg

最初の脱皮がすんで孵化から1週間過ぎたら給餌します。

e0018082_12492728.jpg

白い子もかすかに模様があるので、先に生まれた方と見分けがつくようになりました。
e0018082_12493450.jpg




まだまだ産卵してます。夏まで生むでしょう。
ストックも合わせると、今年は30匹ぐらい孵化しそうです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-22 12:57 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2013年 05月 21日

IAPLC2013 オンライン応募

180センチ水槽左サイドから
e0018082_215815100.jpg

20日は急遽撮影しました。といっても前日の19日から撮影の準備はしてます。
有茎草がもうもたねぇ。
トリミングしてもあと一週間ではまだ生長点が生え揃ってないだろうし、すぐに撮影しなくてはと決定。

前日に水槽内のコケ取り、水換え、化粧砂敷き、平に均す。小石を散らす。
当日、フィルター等のパイプを外す。水槽外部を磨く。蛍光灯増設。雨戸を占める。→撮影。





今年は魚の位置もこれだって、こだわる必要もないので数は撮ってませんでした。
撮影は難しくて、大樹の木の幹が陰で黒い塊にしかならなくてどうしようもなかったのでそのままです。
樹に合わせると露出オーバーになるし、左の有茎草に合わせると暗いアンダーになってしまう。ちょうどのところがないので、プロ用のストロボ等の機材は持ってないし諦めました。

トマトの仕事もあるので時間的余裕もありません。
午前中、2時間で撮り終えましたが、
PCで画像を見ていると欠点がいろいろ見えてきて、
        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚
になってしまい、よく考えないうちに投稿してた。

デジイチで撮った画像サイズが何故か5M以下だったのでオンライン応募しました。
てか、実行委員さん、今時容量が5Mバイト以下って、最近のカメラ舐めてるだろ。
そんなのその機種のフルサイズでもokにしてくれないかな。
巷のデジイチの一枚の容量見てこいよと、時代遅れもいいとこ。
せめて10Mとかにするとかさあ、来年からはどうにかしてよね。


e0018082_2158312.jpg

白バックスクリーンと黒バックスクリーンの二種類撮ってますが、向こう側に突き抜ける感じで白になりました。





e0018082_21583741.jpg

レッドファントムは良い色でしたが、グリーンファイヤーテトラはとぼけた色でした婚姻色には程遠いですので、地味にモブ魚と化してます。



e0018082_21584596.jpg

つなぎの木の幹が太すぎるところは、取り出して削ったりと細くするのは無理なので印象を弱める意味で、細い根を這わせたり、モスで視界を遮ったりしました。

まいど悩ませるタイトルは「LAPUTA: Castle in the Sky Ⅲ」にしましたが、シンプルに「樹冠」にしたほうがよかったかもとすぐに気が変わったりしてます。















「God Knows...」2007年世界水草レイアウトコンテスト6位
e0018082_22175458.jpg

これが第一部、上層部の巨大樹をあらわしてます。


「土に根を下ろし、風と共に生きよう」2008年世界水草レイアウトコンテスト23位
e0018082_22545863.jpg

エンディングでどこかへ飛んでいく巨大樹と飛行石。
やがて地に降りて、その後の朽ちた樹を苗床として新たな生命が芽吹くという空想。

その2作品を合わせると巨大樹に!
e0018082_22192151.jpg


そして2013の今回のが↑の画像を、水草レイアウトで制作したものになります。
「バルス」で、根の周りの石が破壊されて崩れていく様子。
タイトルは「バルス」でもよかったが一部の人しかわからないので世界戦ではだめだろうなw
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-21 23:03 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 05月 18日

ベビーラッシュ

ヒョウモントカゲモドキが続々と孵化しています。


今年の一番目
全身白というかピンク一色。
e0018082_6223967.jpg

マックスノーラプター雄×ノヴァ雌
産卵が3月29日、31-32度。孵化日5月14日
1クラッチ2個ですが、そのうち一匹は瞼の欠損のある奇形でしたので亀の餌に。
のこったこの1匹も片方の瞼に異常がありますが、成長すると目立たなくなりそうなので残しました。
ちょっと孵化温度が高すぎたと思います。
すでに最初の脱皮をしましたが孵化容器に入れたままだったので、体がソイルの泥で汚れています。
まだ品種名は不明ですが、トレンパーアルビノで黄色が入らないのでマックスノー入っているかも。
孵化したてであてになりませんがまだ目はソリットでした。













次の孵化
e0018082_6224972.jpg

産卵日4月7日、孵化温度31-32度、孵化日5月16日
親マックスノーラプター雄×ドリームシクル雌
(スーパーハイタンは間違い、産卵間隔日数とエニグマ入っているのでドリームシクルが片親)



e0018082_622551.jpg

拡大



e0018082_6231158.jpg

孵化したて、眩しくて目が開けられません。



e0018082_6231912.jpg

その1、黄色い模様が入っています。そしてサークル模様が有り、尾は白い。
この模様と尾の白さがエニグマっぽい。エニグマ入ってないはずだけど。
目もソリットっぽいが、まだ変化するのでわからない。




e0018082_6232624.jpg

その2
これも全身真っ白、模様がありませんが、孵化したては模様のない奴が多くて品種名が付けられません。
写真ではソリットレッドアイですが変わってくのもいます。



とりあえず、1匹淘汰でしたが出だしは好調のようです。
メスが5匹いるので、数日ごとに産卵したり孵化したりするでしょう。
忙しいです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-18 06:47 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2013年 05月 14日

樹冠

e0018082_2234474.jpg

180センチ右サイド。






水換え中の樹冠
e0018082_2235014.jpg

ミクロソリウムやボルビティスとか、活着する水草は根を土に張らなくても育つが、
オーストラリアンハイドロコチレ(オークロ)は活着こそしないが、流木に引っかかって固定してそのまま育っていきます。液肥のおかげで葉の色も復活。
有茎草で植えなくても良い水草ってそうはないね。


この樹冠には、トリミングした切れ端や欠片になった有茎草が引っかかっていることがある。
それが根を出して芽吹いて育っている。

まるでジャングルの着生植物のようだ。




大阪の花博のとあるパビリオンで樹冠または、林冠を調査する映像があった気がした。
ジャングルの上層部に巨大な輪っかのバルーンのようなのを着地して足場にしてた。
e0018082_2233259.jpg









e0018082_2221548.jpg

迷走中


有茎草が生え揃ったら撮影だ。

まだ化粧砂全部入れてないのでいれてから捨石を配置しようかと。


トマトの収穫期でむちゃくちゃ忙しくて体が痛い。
20時間ぐらい寝たい・・・。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-05-14 22:26 | 水草レイアウト | Comments(0)