<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 25日

40センチ水槽・水上葉

e0018082_21561100.jpg

石組40センチ・ワイド水槽
ニューラージパールグラスのみ
石は天竜石。
この石は最近テレビで話題の茶畑が崖崩れになっている下の河原が産地なんです。

e0018082_21555548.jpg






e0018082_2156159.jpg

水中葉だったエラチネ・ハイドロパイパーをいきなり水上化。
水中葉の時はグロッソよりもちょっと小さいだけぐらいでしたが、水上化させたら全く別物ですわ。
葉がものすごく小さいです。
写真の背景が、普通のグロッソの水上なので、いかに小さいかがわかりますね。
写真のままでは侵食されてしまうので、ガラス板を間にいれて入ってこれないようにしました。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-25 22:05 | 水草レイアウト | Comments(6)
2013年 04月 24日

水上葉

30キューブ龍王石組
e0018082_221557100.jpg

キューバパールがだいぶ育ってきたが、写真手前のところの生長が悪い。

ガラスには水滴の跡の石灰?がこびり付いでます。
農業用水なので不純物が多く含まれてます。
これは完成時にあのピンクのフィルムのようなので擦れば取れるのでいまは放置してますが、
シャワーの度に水気を拭き取れば綺麗になります。


e0018082_2228325.jpg








e0018082_22283959.jpg

異形者発見。
摘み取らないと後にグロッソが勝つ。











e0018082_21541782.jpg

こちらは3月30日の時





e0018082_21542848.jpg

4月23日にはこんなに殖えました。
ニューラージパールは横に生えずに上に伸びてます。

キューバパールは売られているものが状態悪かったり。まだまだ高価であるので、時間的余裕がある方は外で殖やしてから使おう。時間がなくて金ある人は買えばいいのです。
これからの季節気温も上がってくるので育てるにはもってこいの季節です。

まずは元の苗を入手しなくては。
これは水中葉よりも、入荷したての水上葉をつかったほうが育てやすいです。

底床は使用済みのソイルでいいです。使い込んだものはN窒素多めなので、水道水で汚泥だけ洗い流したほうが肥料バランスがよくなります。水道水で洗うのでバクテリアは死にますが全滅することはないので5回ぐらい濯ぎましょうか。

底床は5センチぐらいしいたほうがいい。
低床ではありませんよ、ソコユカで変換して底床でテイショウと読みます。
低い床ってなんやねん。
あとは水をヒタヒタの状態をキープして、根が伸びて育ってきたら、水はヒタヒタでなくてよくなります。

ラップとかしなくていいです。それなら初めのうちは日除けで寒冷紗かけたほうがいいですわ。
育ってきたら直射日光ガンガンでやると、1ポット分が今から始めると9月には60×45センチ水槽が埋まるほど増えます。こんだけの量ですと180×60×60で小さくちぎって植え込んで使える量になりますよ。

そして秋からつくるレイアウトに使えば、佗び草のように高密度で贅沢に斜面に貼り付けるとあっというまに完成します。







e0018082_215813100.jpg

グロッソスティグマの花


e0018082_21581976.jpg

ニューラージパールグラスの花

どちらも白くて小さい。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-24 22:31 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 04月 23日

CAJとT.A.U.の「セッション3」に行ってきた

4月21日に東京で行われたCAJとT.A.U.の「セッション3」という道場に行ってきました。






新幹線で東京に行き・・・って、寒いよ!
寒くて凍えながら、護国寺に向かうが途中で市ヶ谷で降りてフィッシュセンターで物色。
室内で体を温めると同時に生体から元気を分けてもらいました。
だが子供が泣いていて、怒った親がいたというのがどうにも痛ましくて退散。
あいかわらず外は寒い。

再び地下鉄にて護国寺に移動。下車すぐのマックへ腹ごしらえとホットなティーを飲んで暖まろう・・・。
全部揃わずに後からホテトが運ばれてくるが、何故か待たされたポテトが冷え切っていた・・・。
しかも塩なし。いままでマックに来たなかで一番まずいポテトが出てきたので勿体無いが廃棄だわ。
よくかんがえてみたら、店員に言ってホットなポテトに変えてもらえばよかったんですが。

2時30分にAn aquarium.に到着。お客さんがいるので邪魔にならないようにアピストを見て過ごす。
アドケタいいな~。ディクロッススも全部欲しいなとか見てた、アピストじゃないじゃん。

そんな中、参加者が集まってきた。

タナカカツキさんが登場したので、早速、「部屋へ!」のほうの漫画を渡してサインしてもらうのであった。
e0018082_14283296.jpg

快く引き受けていただき、ありがとうございます。
e0018082_14284640.jpg

ミッションコンプリート!
よし帰ろう。


まて!



準備が整ったので、3階へ移動。
ここからがCAJとT.A.U.の「セッション3」本番です。
1.2は出ていませんので、今回が初参加。
60センチ水槽2本が置かれ。その前に万天石が並べられております。
e0018082_1433534.jpg


それをコの字で囲むように座る。

第一章は小野氏によるレイアウト講座。「虎の穴・石組み編」のはじまりです。
e0018082_1434622.jpg


一人一石づつ置いて、石組を作っていく。

いろんなタイプの石組ができたね。

うはっ、みんなでやるの面白れえー。楽しい!

普段田舎で一人引き篭っていると、こういうの新鮮すぎる。



e0018082_14342546.jpg

出来上がった石組を評価する小野氏







第二章、タナカカツキ氏による貴重な講義「水草水槽とは芸術か?」
生け花を題材に芸術とは・・・斬る!
e0018082_14343947.jpg

「遠近法」 

第三章、志藤氏による、「みずくさのひとりごと」と題しての講義
水換えに勝るものなし





三次会。
青森・居酒屋にて、CAJとT.A.U.入り乱れての「初・ダメ出し大会」
e0018082_14345084.jpg

目の前の2ショット


私のもみなさんに見てもらいました。
e0018082_1435028.jpg

自分でもここはヤバイと思っていたところが指摘されて、やはりそうだよなぁと納得。
自分ではこれがいいと思っていたところもバッサリ!
やはり他人の見方は味方ですってね。
自分の思い込みは常識ではない場合もあったね。

「あくえりあすのレベルが上がった。」
体力が5減った、腹減った。

あっとゆうまの時間が過ぎ、ほとんど食ってねー飲んでないので、この手の飲み会には珍しく激安で楽しい時間を過ごせた。
って時間が足りなすぎる。丸一日突き詰めてヤってみたいね。
全員の見れなかったし。

その後居酒屋を出たところで「マカンコウサッポウ」の撮影をしていたCAJとナナさん。


ここで別れまして、再びAn aquarium.に戻ってきました。
今日使ってた、万天石を買いに来ました。
3階に上がり、選んで20キロほど購入。
下で小石集め。
久しぶりに良い型の石を選ぶことができた。
一年に1.2回しかないしね。こういう時にこそ散財する。

1FではまたT.A.U.メンバーで、評価が始まってしまいました。

もう一個60親石サイズも買っときゃよかったー。いいのあったんだよなあ。入ってすぐ右横の木箱の中に入ってます。
重いので発送してもらう。

翌々日届いた。
e0018082_22103047.jpg

白袋のが小石。その下が今回選んだもの。


終電終わってるので、タクシーで池袋あたりに行きホテルに泊まりまして。
6時に出発、10時に家に帰ることができました。

早速家帰ってから、問題点を修正。
e0018082_1435918.jpg

石をチラ見せ。
e0018082_14351478.jpg

根ヲ追加。
そして流木を折る・・・っても、簡単には折れないのでニッパーで切るのであった。
あとは追加の流木がまだ真っ白。一ヶ月でどれだけ馴染むか・・・・。時間との勝負。

たいへん有意義な時間でした。 おわり。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-23 15:08 | 水草レイアウト | Comments(2)
2013年 04月 21日

180サイド

e0018082_6373555.jpg


CAJとT.A.U.との、「セッション」に行ってきます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-21 06:43 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 04月 17日

180有茎草トリミング後と砂利入れた

e0018082_2283081.jpg

ADAのラプラタサンド・ビッグの8kgを3袋入れました。
今までと違って大粒です。180センチ水槽が120センチ水槽に見えちゃうぐらいの対比です。
色は洗っている時は飴色だな~と思ったのですが、水槽に入れてみるとやはり白系というのがわかります。
まだこれで完成ではなく、細かい方のラプラタサンドをさらに敷きます。
アクリル水槽の枠の黒帯のせいで多く入れないと枠から上の厚さになりません。
ガラス水槽なら1センチ敷くぐらいで済むのですが。








e0018082_2284252.jpg

グリーンアフロ
なんだこの人工物は!
刈り込みすぎてネイチャーじゃないわ。








e0018082_229471.jpg

トンネルも白抜け。

手前にあるウィローモス付きの石はとりあえず育成で置いてあります。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-17 22:16 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 04月 15日

スーパーマックスノー2匹

ヒョウモントカゲモドキ
”スーパーマックスノー”

「マックスーパースノー」でもいいです。
名前の由来はマックさんが発見したスノーという品種で、スノーどうしを掛け合わせたところ、1/4で優勢ホモの個体がスーパー体になってマックスノースーパーということらしいが、名前の順番が所々で変わって付けて売ってます。まあ、通じればどうでもいいです。



個体その一
e0018082_1745340.jpg

ヒョウモントカゲモドキの模様で黒い斑点のことを「ピグ」と言います。
そのピグが大きめで数が少ないタイプ
まだ雄雌不明





個体その2
e0018082_175163.jpg

上とは逆に、極小のピグが細かく無数に入るタイプ
両極端に選んできました。
これもまだ雄雌不明。





先日、スーパーマックスノーエニグマのメスが初卵産みました。
相手はうちの種オスの「マックスノーラプター」
マックスノー系1/2、スーパーマックスノー1/2でさらにエニグマ1/2の確率
マックススノー、スーパーマックスノー、マックスノーエニグマ、スーパーマックスノーエニグマの4種類。
もしメス親のほうに隠れた遺伝があれば、さらに色々出るでしょう。



今年は無理ですが、来年当たりにこのチビ2匹の中からオスが出てくれれば、掛け合わせたいです。
すると、スーパーマックスノー1/2、スーパーマックスノーエニグマ1/2とシンプルに分かれる。





スーパーマックスノーエニグマ雌の子供の頃の写真。
e0018082_17154868.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-15 17:17 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2013年 04月 12日

水澄

e0018082_1524210.jpg

水槽を左側サイドから見たところ。





e0018082_1524893.jpg

右サイドから見たところ






e0018082_15242314.jpg

レッドファントム群泳







e0018082_15243054.jpg

照明システム。
32w×18本蛍光灯。

576w・・・・
改めて計算すると凄いな。

ADA903の発売から十数年ぐらい経ってるのでは?
蛍光管を取り付けるところのプラスチックの部品が劣化してすでにボロボロなんです。
一番長く使っているADA商品なので、メタハラ機やLED機もいいんですけど、
私としては新しい903を作ってくれないかな~。
あれだ、ソーラーⅠのボディーで蛍光灯の900センチ用を作ってくれればいいんだ。
デザインも良さそうだ。




まあ、新たにこの数を一度に買うのは無理なので、
903が壊れたら、自作の照明にして、40w管で、10-12本にして400-480wというのをつくりそう。





グランドソーラーⅠは36×2+150wなので、222w

2台で、444w
3台で。666w
4台で、888w。


電気代で寒気がした。  

うちの水槽だと
ソーラーⅠ
150w×6台にすると900W・・・無理デス。
[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-12 15:46 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 04月 11日

キボシイシガメ





e0018082_7452737.jpg

岩の上でバスキングする.(日光浴)





e0018082_7453880.jpg

飼育場全景
緑の桶がキボシイシガメ

上の45キューブ水槽群はハラガケガメ






e0018082_7455528.jpg







e0018082_7461683.jpg

メスを追尾するオス




e0018082_7462959.jpg

まだうまくいきません。






e0018082_7464240.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-11 07:50 | キボシイシガメ&ヨツメイシガメ | Comments(0)
2013年 04月 10日

水換えとトリミング

e0018082_718599.jpg

逆の角度で生えている流木をトリミングしました。
空間が開けてスッキリ。

水中でノコギリをつかって少しづつ削りまして、オガ屑も水中に漂いましたが、直後に水換えです。

切り口にはコケを乗せて隠します。







e0018082_7191397.jpg

木上のモッサリと苔むした場所を、のこり1ヶ月半しかないということで、透きます。
今ぐらいがちょうどいい茂り具合ですが、1ヶ月半後にはボリュームありすぎて圧迫感が出てしまうと予想し、流木の上に引っ掛けてあっただけのを剥がして、石に巻いた南米ウィロモスを木の上に乗せた。
あとはところどころ木の周りにモスを巻きつけた。


この周りのミクロソリウム・トライデントは密度がまだありますが、あとで透きます。

↓アフター
e0018082_7192170.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-10 07:29 | 水草レイアウト | Comments(0)
2013年 04月 09日

小軍鶏・白笹と赤笹チャボ

e0018082_22334429.jpg
e0018082_22335297.jpg
e0018082_2234374.jpg

白笹の番、





------------





赤笹チャボ・オール短脚
e0018082_22345595.jpg
e0018082_2235103.jpg
e0018082_22352784.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2013-04-09 22:40 | | Comments(0)