あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

サンガブリエル の続き

江島さんたちが投網を投げているので見に行く。水底は砂利であまりひっかかる障害物がないので投網は投げやすい。
ロリカリア・ランケオラータともう一種。
e0018082_22302366.jpg



ブッシープレコ
e0018082_2231018.jpg


、パイクシクリット、
e0018082_22295687.jpg
e0018082_2230035.jpg




ピメロディアがかかっていた。水中メガネでのぞいてみるとロリカリアやダータテトラがたくさん見える。トニナ・フルビアティリスの水中化したのも見れた。
e0018082_22311692.jpg


他の人はアピストは採れていなかった。日差しが照りつけるので肌がヒリヒリ痛い。
バスで移動。
看板がある。
e0018082_22313247.jpg


道の上に石がまっすぐ並べて横切っている。ここは赤道直下。地球の真ん中だ。北を見ても南を見ても一本の道がずうーとつづいている。両脇にそれほど高くないジャングルが広がる。記念写真なんか撮ったりして、次のポイントにバスは進む。

コリドラス・アドルフォイがいるというポイントにいく。
e0018082_22351427.jpg



ここの川も道の下の鉄の土管を流れ、道の反対側につづいている。
e0018082_22351257.jpg


僕はコリドラスはいらないのでアピスト網をもってトニナのしげみをあさる。早速アピストが入った。3センチだが腹にアブドミナル・ストライプがありライヤーテールぎみだったのでブライトビンテンだろう。続けてトニナの茂みからもう2匹採った。発泡スチロールの箱に入れ岸辺に置いた。相方がアドルフォイを採ったので入れてくれというのでいっしょにいれておいた。この川は、流れがあり岸辺に落ち葉が堆積しているところがなくアピストがいそうなところがない。唯一岸辺に少しの水草の中しかない。アピストがこの当たりで採れなくなったので、巻網でコリドラスを狙っている連中の所にコリドラスを網に追い込む係をする。アドルフォイがまた採れたので手に持って箱の所に戻る。すると箱が倒れていて中のアピストが川の中に流れてしまっていた。アドルフォイは1匹箱にひっかかっていた。置いた場所が斜めで安定してなかった。せっかくのアピストが一匹もいなくなってしまった。ひょっとしたらさっきのブライトビンテンのメスが入っていたかもしれない。非常に残念。すぐにそのあたりの岸辺の草を探したが見つからなかった。時間が来たのでバスに上がる。帰ろうとするとバスのエンジンがかからない。江島さんはもう一度投網を投げて来ると行って川に降りていった。みんなでバスを押して、押しガケをすると動き出した。こんなあたりに何もないところでバスが動かなくなって一時はどうしようかと思った。とりあえずひと安心。江島さんが興奮して戻ってきた。コリドラスが何匹か投網にひっかかったままバスに入ってきた。みんなでコリをはずす。なんか大きいのがいると思ったら、コリドラス・イミテーターだった。江島さん運がいいね。大喜びだった。
バスで町に戻る。ホテルに着き、相変わらず水がでないので前のネグロ河で風呂代わりに体を洗う。ついでに河の中で用もたす。水温が30度近くはあるのでぬるくて気持ちがいい。白い砂浜は、しまっているのか堅い。ホテルに戻り7時に飯を食いに行く。店で食べているとき、いきなり大雨になるがすぐに上がる。遠くのネグロ対岸で雷が光っている。稲妻がすごいきれい。帰りに売店で水を買っておく。
夜中9時頃岸辺で寝ているというコリドラス・バーケシーを採りに行く。相方の溝口さん4匹。江島さん1匹。投網でペーシュ・カショーロ、ピメロディア、テトラ、なんかが採れた。僕は見てるだけ。暗闇の岩場で漁師がピライーバ釣りをしていたが今はつれないみたいだ。周りは真っ暗で懐中電灯の光では暗くて怖い。目の前のネグロ河は激流だし岩から落ちたら助かりそうもない。ホテルに帰る。廊下にアマガエルの仲間やヤモリが壁にはりつている。
e0018082_22355518.jpg

e0018082_22355255.jpg



一応エアコンが付いているがボロイので効かない。暑くて寝苦しい。


次回ウアウペスのエリザベサエ
につづく
[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-31 22:36 | 昔のブラジル旅行記 | Comments(0)
2012年 12月 29日

 サンガブリエル

マナウスのホテル
5時20分起こしてもらった。そしてロビーに集まり荷物を探す。マイ発泡スチロール箱がない!とおもったら、アグアプロ用の道具入れになっていたので中の袋や水中メガネを別の袋に入れて箱は取り返す。空港にて朝食はハムチーズサンドとコーラ。
マナウスの空港の手荷物検査でハサミがひっかかり一人足止めを食らう。
飛行機はプロペラ機だった。乗り込んですぐに寝てしまい途中パンがでるがみんな食べ終わったあと目を覚ました。乗り物移動という時間は落ち着くというか安心するので疲れがたまってきているのもあるが眠くなってしまう。なので外の風景は見れずじまいだった。
着陸する。地面は赤土の大地。孤立している何もないような空港だった。ポツーンと空港のさびれた小屋があるだけ。ここはバロセロス空港だ。
飛び立ちもう一回おりた、今度はサンタイザベラの空港だ。
再び飛び立ちついにウアウペス空港に到着。ここが今回の目的地の空港である。さすがに赤道に近いだけあり日差しが刺すように痛く感じる。
空港内の建物には軍人さんが何人もいる。ここサンガブリエルの町は、ブラジルで北東の端っこでコロンピアとベネズエラの国境があるので警戒している。軍事基地がある。銃をもっているのでへたなことしたら撃たれるかも。空港内には売店があり、軽食なら食べれそうだ。

空港から街まで行く路線バスに乗り込みサンガブリエルの町に行く。アスファルト張りの道路を30分かかりついに大河が見えた。ネグロ河だ。
e0018082_2382223.jpg

向こう岸まで何キロあるだろう、所々に岩と白く波しぶきが見える。
e0018082_2384055.jpg

これが名前になっている、サンガブリエル デ カショエラ(=サンガブリエルの滝)。
e0018082_237825.jpg

手前の岸部には真っ白な砂浜がある。水は茶色なのに砂は太陽に光を反射してまぶしいほどに白い。このミスマッチは今までに見たことのない川の感覚だ。
e0018082_2371048.jpg


ネグロ河といえば水はもちろんブラックウォーター。遠目では茶色の色だが、近くまで寄ってみるとかなりの透明度、まさに紅茶のような水。

目の前はネグロ河の砂浜のホテルに泊まる。3階建てだ。部屋に入りトイレで用をたすが流れない。蛇口からネグロの茶色い水が少し流れて止まった。
e0018082_237124.jpg


停電でポンプが止まってしまったそうだ。仕方ないので目の前のネグロ河にバケツで水をくみに行きブツを流した。昼飯をホテルから300メートルほど歩いた店に食べに行く。さながら日本の海の家のようなところで、テラスにテーブルと椅子があるだけ。店内で料理して外で食べる。これもいいものだ。

只今13時、
e0018082_2392648.jpg

とんでもなくボロイ年代もののベンツバスでベネズエラ街道沿いで魚を採りに出発。
町の近くを流れる小川があった。
e0018082_2391111.jpg

岩場で滝のように流れている。プレコとか居そう。岸辺にオタマジャクシがいる。ここではアピストは採れそうにないので見ているだけにした。
e0018082_23225429.jpg

北につづく道をひた走る。何キロか走ったところで停車し道の横に水たまりになっているところがある。
坂を下って網を入れてみるがイ草のような草がびっしり生えていて網がいれられない。
e0018082_2394491.jpg

何も採れないのであきらめてバスに戻る。
道の下を土管が通り小川が流れているところがある。
e0018082_2323276.jpg
さっきの川より流れが緩やかで岸辺には、トニナ・フルビアティリス(ウォータースターレンジ)がびっしりと群生している。
e0018082_23245949.jpg
岸辺。バスを飛び出し向こう岸のポイントにいく。川は、深いところで腰くらいの深さで何とか歩いて渡れる。水はうすくブラックウォーターで透明度高い。川底は茶色がかった石砂利(色はアクアソイルマレーヤ)。
e0018082_23212472.jpg
トニナspの流れがゆったりした所は落ち葉がつもっている。
e0018082_23122176.jpg

これはアピストがいるはずの塊にアピスト網を入れてみる小型のグラスダーターテトラが採れた。
e0018082_23111081.jpg


当然トニナはボロボロになった。岸辺の日陰の落ち葉がつもっている辺で掬う。
e0018082_23222098.jpg
ドワーフバイクが数匹採れた。アピストは小さいのが1匹だけ何かわからない。ここはいないかなと別の所に移動しようとしたら、相方が大きいの採れたというので戻ってみると。フルサイズのブライトビンテンだ(7センチ)。
e0018082_23113672.jpg

体は黄色が強く各ヒレもすごい伸びていた。鰓蓋の下の方に赤いスポットがある。これはすごい、すごすぎる。メスを採らないとなっと、あたりを探すがこの場所ではもうアピストは採れなかった。とりあえず写真を撮っておく。
e0018082_23205329.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-29 23:26 | 昔のブラジル旅行記 | Comments(2)
2012年 12月 29日

過去作品

60×30×36cm
e0018082_22262916.jpg








90×45×45cm
e0018082_22265429.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-29 22:27 | 水草レイアウト | Comments(0)
2012年 12月 26日

ジャタプークリーク

放置中ですが、スムーズに体着しました。

e0018082_2159316.jpg
e0018082_21594064.jpg


ヤフオクにペア出してます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-26 22:02 | ディスカス | Comments(0)
2012年 12月 24日

売り物レオパ

10月15日生まれ。スーパーハイポタンジェリン「ヘテロラプター」13センチ
e0018082_7454825.jpg

e0018082_7455057.jpg


生まれた時からピグが消失しましたのでスーパーに格上げ。







11月17日生まれ。ハイポタンジェリン「ヘテロラプター」11センチ
e0018082_746210.jpg

e0018082_746377.jpg


頭のピグは残りそうな予感。







11月17日生まれ。ハイポマックスノー「ヘテロラプター」11センチ
e0018082_746948.jpg

e0018082_746599.jpg


今までのマックスノーにくらぺて黒点が少ないです。







スーパーハイポタンジェリンUSAアダルトメス
e0018082_746148.jpg

e0018082_7461636.jpg



すべて売れました
[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-24 07:56 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(8)
2012年 12月 21日

新種のドロガメ?

メキシコ産ドロガメspKinosternon ssp
産地はメキシコのシナロワ州、ソノラ州、チワワ州の州境。?

特徴
他のドロガメには無い頭の模様。
甲羅は薄い色、やや放射模様がはいるのもいる。
首に突起が多数ある。
喉に3対の突起あり。


e0018082_17255715.jpg

e0018082_1726415.jpg
e0018082_17261511.jpg
e0018082_17262218.jpg
e0018082_17262941.jpg
e0018082_17263775.jpg
e0018082_17264679.jpg
e0018082_17265386.jpg
e0018082_1727170.jpg
e0018082_1727983.jpg
e0018082_17271767.jpg
e0018082_17272588.jpg
e0018082_17273315.jpg



餌喰い抜群。注意しないと太りそう。
配合飼料どれでも食べる。
乾燥エビも食べる。
協調性、今のところ良し。お互い無関心。噛み付く様子はない。
よくバスキングする様子が確認されるため、日光浴をするドロガメらしい。
水槽の前に立つと餌くれると思い寄ってくる。


サイズ雌13.5センチ、雄13センチ。
水温30度。
90センチ水槽にシェルター兼陸地。水深13センチぐらい。
毎日水換え。

今後の展開
水深20センチほどにし、陸地兼産卵場所を設ける。
バスキングライトの設置。紫外線ライトの設置。
[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-21 17:38 | サラドロガメ北部個体群 | Comments(0)
2012年 12月 21日

西岸アレンカージャタプークリーク産ワイルド ペア

久しぶりのディスカスです。

e0018082_1651398.jpg


e0018082_1651958.jpg

12月5日に産卵しましたが、取る気がないので放置。

そして2週間後の19日にまた産卵しました。
ちょうど見ているところで始まったので写真に収めておきました。






e0018082_1650269.jpg
e0018082_16503313.jpg
e0018082_16503966.jpg
e0018082_16504677.jpg

今現在も卵は食べられずに見守ってますが、放置の予定。卵が黒くなってきているので受精は確認してます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-21 16:55 | ディスカス | Comments(0)
2012年 12月 02日

ブラックウォーター化


水を張ってたった一日でこんなになるとは思わなんだ。
e0018082_2224961.jpg

水面には泡まで・・・。



e0018082_22233971.jpg

写真ではクリアに見えますが実際は紅茶色です。




e0018082_22234895.jpg

前回の流木は、外の水槽に何ヶ月か水につけたままだってことを忘れてた。

今回は買った時のままの乾燥した状態から水槽に入れたので凄い量のアクが出まくってます。




e0018082_22235973.jpg

ブラックウォーターの産地? ネグロ河に潜ったかのような風景です。



e0018082_22241819.jpg

これが水槽の中とは思えない、まるで本当に現地に行ったかのようだ。

e0018082_22242753.jpg





こちらは本物ののネグロ河上流のエリザベとかメガプテラとかいた場所。
e0018082_22194535.jpg
e0018082_22391043.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2012-12-02 22:42 | 水草レイアウト | Comments(4)