あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 25日

ドイツディスカス

円盤倶楽部さんにドイツディスカスの輸入が決まりました。

いろんなことが凄いんですけど、よくここまで、リンクで繋がったよなーっというのが感想ですかね。

WB.SABBYのディスカスが明確な産地でわけられて入ってくるというのはブラジル人にはできないことでしょうね。まじめにやってきたからこそ、WB.SABBYブランドとして現在も支持されているわけです。

私とSABBYとの繋がりは、私がブラジルに行ったときにガイドとしてとてもお世話になった方がいます。
それが現WB.SABBYの社長の山本さんと、鴨志田さんであります。
旅行記でも書きましたが、ブラジル旅行が楽しく魚採ったりして過ごせたのは二人のおかげです。
これにはほんと感謝してもしきれないほどです。しかも4回の渡南米にすべてかかわっているという。

前社長の小野田さんから現WB.SABBYの山本社長となってから、円盤倶楽部とのディスカス直輸入が始まりました。その取引の前の時に中村店長から山本さんってどんな人~?って聞かれましたね。
もちろん、「とても良い人で私の恩師でもあるので、困らせないようにしてね」っと言っときました。
ほどなくWB.SABBYとの取引が始まり。
毎月、ワイルドディスカスの入荷があり、ほぼ毎回立ち合わせていただいて、楽しませていただいてます。
そんな初入荷で、これは山本さんらにお礼の意味もこめまして、ジャタプークリークのペアを購入しました。
そしてめでたく産卵・孵化・育成へと今でも十分すぎるほど楽しませてもらってます。

話はそれましたが、今回円盤倶楽部に入荷するドイツディスカスは過去にドイツに送ったWB.SABBYのディスカスがブリードで使われています。
ということは、完全に産地が確かなこと、これ重要です。
ソリッドレッドのワイルドディスカスはかなりの面積に生息はしてますが、アレンカーのクリペアで採集された個体ということが特に重要で、かのシュミットフォッケ博士もクリペアで採集されたディスカスを使ったということが判っています。この方はディスカス界では神ともいえる方なんで、その教えを授けられた弟子というのが今回のドイツのシュルツ氏になります。いわば生粋の古き良きドイツディスカスの後継者とでもいいましょうか。シュルツ氏はソリッドレッドディスカス専門で、ブリーダーのプロではありません。
ホビーストでもありますが、彼の魚を見れば判ります。
ワイルドディスカスのいい所をブリードで作れちゃうんだ。これ凄いことですよ。
国産でも東南アジア産でもですが、ブリードされたディスカスって、赤と青と顔の茶色っぽい色しかないじゃないですか。
それを、赤・青・黄色の三原色のワイルドらしさを損なわずにみごと発色させています。
特に黄金色の顔、これはワイルドディスカスなら発色させてないといけません(ヘッケルは除く)
しかも色揚げ飼料は与えていないとのこと、ということは、素でこの色、完璧です。
今までの色揚げハンバーグっていったいなだろうという疑問がわいてきます。
どうやってこの色が出せるのかを私も知りたい。
それは今後、彼らの飼育環境とか色々発表されると思いますので、要チェックです。

そしてもう一人ティェツ氏はシュルツ氏の弟子?というかディスカス仲間であり、ジャーマンロートターキス専門であります。
血統図を見ると基本のジャーマンロートターキスにアウトブリードでワイルドディスカスの血をいれて維持している様子がわかります。1999年から始まっているのですでに12年が経過してます。
それまで、自分の理想としたディスカスを作り出していくという作業は並大抵の強い意思とこだわりがなければやってないでしょう。だから、信用できるディスカスとはこういうものだと感じました。

プロでやっているわけではないので、数はでません。しかも完成したディスカスしか送らないという。
いくら良いディスカスを親で子を取ったとしても、たとえば100匹育ったとしても良い言える個体は先頭の数匹だけになることも多々ありますよね。
それは、幼魚の時ではわからない・未知の部分もありますが、悪いほうの可能性もあります。
ですから、彼らドイツの2人は、幼魚は出さないよの姿勢です。
合格点以上な個体なら名誉を保てます。

もし、幼魚が来たとします。それを育てます。しかし良い発色等のディスカスのもつポテンシャルが出ない場合、ただ名ばかりのディスカスになります。
すると自分が出した魚ではあるが、この魚はたいしたことなかったという酷評がつきます。
それではプライドが許さないでしょう。
良くなる可能性を持った幼魚を当てにするよりも、低レベルの幼魚が出回らないように、幼魚の段階でストップをかけ選別で残った、良個体だけを出すという姿勢からも好感度がありますね。
ということで、名ばかりのレットターコイズやソリッドレッドが世に出回っている中で、これぞ極上品という個体が入荷するんですね。

入荷するサイズも大きめばかりということですので、それなりに育成期間があったことでしょう、そして振るいにかけられて淘汰されたのもいた事でしょう。
しかも写真で見る限り体型良し、色良しなので、彼らに今までにかかったコストを考えると安く買っては申し訳ないと思うね。
10センチ越えるまで育てるのは比較的楽なんですが、その後の成長でサイズアップさせることはやったことある人ならわかるが難しいです。心が折れるかもしれません。
それを彼らが「もう大きくしておいたから心配すんな」と言っているように思うことにしよう。
入荷してからの現物を見よう、29日は面白くなりそうです。
「楽熱」の雑誌取材も来るとのこと。



↓---------------------------------------ジョイント-------------------------------↓
↓                           ↑                      ↓
円盤倶楽部←スカイプ→WBSABBYお留守番の小野田さん←→ドイツのティェツ氏とシュルツ氏
↑                ↑
↓                ↓
WBSABBY山本さん&鴨志田さん採集出張中
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-25 22:35 | ディスカス | Comments(4)
2011年 07月 21日

台風一過

先日の記事「準備」で産卵筒を入れてから1週間。
e0018082_5342240.jpg







とんでもない台風が来るぞというニュースなどで騒がれている。
いざ来て見れば去年の台風に比べたら屁みたいなものでした。
被害がなにもなくてよかったと思ったら、トマト温室の屋根に吹き付けた白い塗装のような遮光剤が強い雨で流されてしまいました。そのくらいの損害で済んだだけでもよしとするしかありません。

台風というば低気圧ですが、魚の産卵にもどうやら関係しているらしいというのはブリーダーなら承知の介。
連日水温30度だったのが、27度まで下がりました。



ということで、ジャタプークリーク産卵しました。

7月20日、厚い雲も通り過ぎ日差しがさしはじめた夕方より産卵。

照明付けっぱなし開始。


21日朝水換え1/3して、ネットをかぶせメチレンブルー数滴。
e0018082_1285670.jpg
e0018082_129511.jpg

e0018082_1292136.jpg

200越え。




これから暑い日がつづくので、今期はこれで最後になりそうです。
といっても来期といっても9月や10月にでも産みそうですが。



--------------+-
追記、今回は受精率悪すぎ。
孵化したのは十数匹だけ、白くなった卵と一緒に水換えしました。

最近感じるのだが、原水の調子が悪い。
なんか調子が出ない感じ。



------------
例の馬鹿記事はある程度目的が達成されたので記事を停止しました。
いつまでもつまらない奴にかかわりたくはありませんので~、2chから来た奴すいません、もうネタを提供できません。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-21 12:14 | ディスカス | Comments(0)
2011年 07月 14日

流木


新しい流木を右のリンクにもあるレットイットビーさんから買いました。

e0018082_10104661.jpg
e0018082_10105338.jpg

2010年コンテスト用に使った流木とそっくりでサイズダウン


e0018082_20401340.jpg


次の構想は練り上げてあります。
「盛って崖っぷち」にするか「盛って山」にするか。
最初から作りこむが後からは、なるべく手間かけないようにしたい。




e0018082_1011331.jpg

積み流木
買ったまま置きっぱなしのものも・・・
まだ他にも置き場があったりして・・・


e0018082_10111122.jpg

流木でなくただの木の枯れた枝。
煮たら使えそう。
分解されるので長期は無理そうです。
超小型水槽とかでレイアウトできそうです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-14 10:26 | 水草レイアウト | Comments(0)
2011年 07月 14日

準備

e0018082_5342240.jpg

ジャタプークリーク親ペアの水槽へ産卵筒を入れました。

水温は28度設定ですが日中30度までいくと中々産卵しません。

ということは来期、秋から産卵スタートになるかも。



赤虫に群がります。
e0018082_5334522.jpg
e0018082_5343100.jpg

餌食いはいいほうですが、大きさに差がつき始めました。
小さいのは選別漏れになります。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-14 05:40 | ディスカス | Comments(0)
2011年 07月 11日

ビッターズ・ヤフー オークション出品中

幼魚もオークションに出品しました。
2口あります。

ビッターズ版訳アリ6匹セット選別漏れ


ヤフーオークション版訳アリ6匹セット選別漏れ



と、、6匹とありますが実際は8匹入れちゃいますけどね。

e0018082_15261719.jpg









-----------------------------------------
e0018082_15263856.jpg

左の個体


一腹100匹中2匹残してあったものの両方オスのようなので、1匹をオークションに出品する。


赤さは一番の個体には劣るものの、
ブルーリングがくっきりと出ていたり、ほぼソリッド個体なので上物であります。
そうこのブルーリングですがブリード個体で発色するのは珍しいです。
赤を求め繁殖を続けるとブルーリングが消えてしまい、ただのレッドソリッドディスカスに成り下がります。
ワイルドらしくくっきりとブルーリングが出ているところが気に入ってます。

現在体表の赤の面積は4割ぐらいですが、将来的にはオス親と同じく後からじわじわと発色し7割がたにはいくと思われます。オスでこれほどの発色は珍しいのですよ。
現在13.5センチほどですが、親と同サイズの16.5センチになるころには凄い個体になると予想してます。



e0018082_7484515.jpg

e0018082_7485220.jpg






e0018082_748435.jpg

e0018082_7485449.jpg






親はこれ。

e0018082_7481810.jpg

e0018082_7482262.jpg

両方とも2008年3月に輸入されてWB.SABBYのジャタプークリーク産のペア

オスはいまでもうちで保有してますが、メスはすでに売ってしまっていません。
前のメスです。
これは昔の写真なので、いまではオスはもっと赤くなってます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-11 07:57 | ディスカス | Comments(0)
2011年 07月 09日

レオパ産卵

e0018082_15174996.jpg

最初の産卵は初卵なので、放置しましたが、次のクラッチから取ってます。
右のが1月前の、左の2個が先日生んだもの。

右の2個はどうやら育っているらしい。
でも孵ったらで餌が小さくて大変になりそう。






ハラガケさん
e0018082_15175691.jpg

こっちみんな
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-09 15:20 | ヒョウモントカゲモドキ | Comments(0)
2011年 07月 09日

育成

e0018082_15132138.jpg

上部フィルターをつけたら調子良い。
餌くれと寄ってきます。



e0018082_15132448.jpg

咲きひかり色揚げを与えてます。
これで着色された個体が赤くなるのでキープ、赤くならない奴は飼っていても赤くなりません。
素質のあるのを早めに抜いてキープすれば餌代も浮くと言うもの。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-09 15:16 | ディスカス | Comments(0)
2011年 07月 09日

今年初開花

e0018082_1581275.jpg

睡蓮鉢から
ヒメダカとタニシが入ってます。
捨てるはずだった小ディスカスも入れてみたら、まだ生きてます。

e0018082_1581470.jpg

去年の春から始めた睡蓮も今年も咲きました。

e0018082_1581622.jpg

隣の家がミツバチ飼っているので、ここがミツバチの給水所になってます。
刺されたら大変なので自分ちに給水所は作ってください。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-09 15:12 | ビオトープ | Comments(0)
2011年 07月 09日

7月分孵化

e0018082_1521438.jpg

小軍鶏、5羽
赤笹か白笹かどちらか不明。

一羽預かりで蓑曳鶏白笹。

あとはコジュケイ2羽孵化したが餌付けできるかどうかしらん。


e0018082_1522216.jpg

雑居部屋



e0018082_1524150.jpg

e0018082_1524378.jpg

なかなか良くできた赤笹チャボの雄
短脚です。
次期種雄としてキープしてあります。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-07-09 15:07 | | Comments(0)