あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

アクアプランツ用の水槽

e0018082_1318549.jpg

撮影の様子。
日曜日にこられてサクサクっと撮影していきました。
ドライヤーをアームで固定して風を送って波立たせています。



掲載のは黒バックスクリーンになりました。


もうちょっと水草がちゃんと育ってから、白バックでもうちで撮影してみよう。




アクアプランツは3月下旬発売らしいです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-28 13:23 | 水草レイアウト | Comments(2)
2011年 02月 26日

ヨーロッパ十姉妹の子

2ペアの親から産まれた子は巣立って、ケージを分けました。

これで親がまた子作りできます。


4羽と1羽です。足輪もつけて個体識別できます。
e0018082_1118715.jpg
e0018082_1118172.jpg

腹の鱗模様の羽が綺麗に出ればいいのですが。




チャボは縦長
e0018082_11184064.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-26 11:23 | | Comments(2)
2011年 02月 26日

アクアプランツ用の水槽

もう撮影に来るのかよ!


突然撮影日が決まりました。
2月はじめに依頼があり、流木がなかなか沈まないので沈むまで時間ロスしてたりしました。
当初期間が1ヶ月でしたので、有茎草使用したのは時間的にも間に合わない。
前景は生えそろわないので、化粧砂を使用。

なので、流木とウィローモスでなんとか形作って間に合うかなと思ったのですが、なんとか見れる水槽に仕上げました。
ぶっちゃけ底床を使ってなくて、活着水草で構成されてます。

そこで、魚にも少々こだわりたいので、円盤倶楽部さんよりファイヤーファントムを借りてきました。
底が白なので色飛びするかなと思ったのですが、なんとか体の赤さをキープできそう。

e0018082_1115472.jpg


フィルターのストレーナーが邪魔です。
撮影のため取り外しができる場所に設置してあります。
普通だったら反対側の流木の後ろに入れて隠すのがいいでしょう。

e0018082_112415.jpg

側面のミラー効果で数倍増

e0018082_1121559.jpg

右上のはエヴァリスのオートヒーター。



凸型の左部分。凹型の右部分。これ同じ也。


この水槽にはさらに秘密がありますが、それは誌面で公開されることでしょう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-26 11:17 | 水草レイアウト | Comments(0)
2011年 02月 19日

ワイルドディスカス西岸アレンカー・ジャタプークリーク体着

WB.SABBY便 ・ 西岸アレンカー・ジャタプークリーク 産・ ソリッドペア 体着 1日目




観察眼がある方はすぐにわかる
水槽の底に転がる「まっくろくろすけ」
これの正体は

ヤシャブシ(夜叉五倍子)はカバノキ科ハンノキ属の落葉高木。日本固有種で、西日本に多く自生する。ヤシャブシ(夜叉五倍子)の名の由来は、熟した果穂が夜叉にも似ていることから。また果穂はタンニンを多く含み、五倍子(フシ)の代用(タンニンを多く含有する五倍子は古来、黒色の顔料、お歯黒などに使われてきた)としたためといわれる。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

とありますが、アクアアイテムでも発売されています。
ブラックウォーターと同じくタンニン成分が魚に効くかーどうかは?です、
今回の産卵2日前に、2個入れています。
説明書みると2個では少なさそうですが、それに刺激されたのか産卵し今に至るわけです。
なんか茹でてから入れろとありましたがそのまま入れちまったし。

発情に効果あるかも、かも、かも、鴨しれないのでお試しあれ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-19 20:16 | ディスカス | Comments(4)
2011年 02月 19日

トマト農家になる

去年末から、今まで作っていた大葉はやめて、トマトを栽培するようになる。

圃場ハウス、「梨畑3連棟」
ここは昔ながらの土で栽培するやり方です。
e0018082_7502610.jpg

黄色いのは、トマトの害虫のコナジラミを粘着テープでくっつけて捕らえます。



一株分
e0018082_7503676.jpg



トマトの花
e0018082_7504885.jpg

最初の段目はトマトトーンで着果させます。
次の花はマルハナバチでやります。



圃場ハウス「梨畑2連棟」
こちらは新しい栽培法の袋培地というやりかた。
e0018082_751263.jpg

袋の中の土が乾いたらセンサーが感知して水を自動で点滴のようにやります。
液肥も自動で与えることができます。




e0018082_7511093.jpg

ビニール紐で一本立てにして面積あたりの収量を上げる。





圃場温室、「家の前」
この温室が一番面積が広いです。
e0018082_7512465.jpg

一面の袋培地。
e0018082_7513423.jpg

液肥混入器、自動潅水器システム

e0018082_751442.jpg

袋の中に刺さるホースから水が少しずつでます。


全部でトマトの株が9000株。これだけ管理できるのだろうか・・・。いややらなきゃな、子供も育てていかないといけないし。


毎日いろいろな仕事があります。一日中トマトを触っていたら水草レイアウト製作どころではありません。
今年はこれに真剣に取り組まなくては飯も食っていけねえ。
このトマトが収穫できなければ給料もないしね。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-19 08:09 | Comments(2)
2011年 02月 17日

ジゃタプークリーク 孵化

e0018082_14454950.jpg

孵化してます。

あとの難関は体着するかどうか。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-17 14:46 | ディスカス | Comments(0)
2011年 02月 15日

三色碁石矮鶏と小国

みいろごいしちゃぼのペア
e0018082_21395857.jpg

「近頃私たちは良い感じ♪」
オスも雄たけびを上げるようになりました。交尾もしているところを見ました。
すっかり大人です。



e0018082_2140741.jpg

産卵始まりました。
初卵からほぼ毎日産み続けております。
普通のチャボの卵より小型です。
早速最初の5個を孵化器に入れました。受精しているかな?








小国「ショウコク」ペア

モデルのようなポーズでうまく写真が撮れました。
e0018082_21402029.jpg

腰から生えている白い蓑羽の垂れ下がりがたまりません。


e0018082_21402730.jpg
e0018082_21403463.jpg

雄と雌のどちらも見れるようなポーズ。



外から見た様子
e0018082_21404243.jpg

止まり木を吊り下げ式にしました。
これなら雄の尾羽が隙間に引っかからないのです。

こんなにトサカも大きいのにまだ一度も雄たけびを聞いたことがありません。
大きいわりにまだ若いのか?




コメントの返信を鍵コメで返してしまう失態をしてしまいました。すいませんです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-15 21:50 | | Comments(4)
2011年 02月 14日

ジゃタプークリーク 産卵

2月13日夕方、産卵しました。

前の子達が売れていったのでそろそろ殖やさないといけないなー、収入ないし。
本気見せたるわ。
前日まで、一日3回の餌やりが利いたのが、産卵個数余裕で200個越えです。
今日産むってだいだわかっていたので今日は水換えも餌もやってませんでした。
もう、気配でわかってしまいます。

e0018082_23582435.jpg

e0018082_23582868.jpg

あとはカビたりしなければ。


あー、ビッターズのオークションに2腹目最終の出したけど、説明文に「次の幼魚はまだありません。産むの待ちです」って書いてしまったよ。




e0018082_23583164.jpg

いつものように産み終わったらネットをかぶせメチレンブルーで防カビ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-14 00:09 | ディスカス | Comments(0)
2011年 02月 13日

ミッション

わかる人にはわかる毎年の恒例の水草レイアウト製作の依頼があり受けました。




今回の指令はこの水槽で作ってくれというもので、
一般でこの水槽サイズではレイアウトは非常に作りにくい。

それは、45センチレギュラー水槽を横向きに立てたサイズ。

幅30センチ奥行き30センチ高さ45センチという水槽でチャレンジ。

「弘法筆を選ばす」とも言いますが、この限られた空間の中でどれだけ自然観を出すか。
コレに尽きます。
しかし期限が1ヶ月もないので、即完成に近い製作過程になることでしょう。

e0018082_2382961.jpg

当然、本に載るまでは未公開となります。
これは仮組み状態の所。
化粧砂、石、流木という組み合わせですが、これらの素材はオールADA。
リオネグロサンド、竜王石&青龍石、ブランチウッド・・・とね。


ブランチウッドが水に沈まない。以前使用していたものですが野外に置いていたので3日たっても沈まない。
そこで匠の技の登場ですわ。
普通でしたら流木の上に石を乗せて漬物石状態でしょ。
この水槽では

流木
 |<糸
岩石
のように下に石があり、船のイカリのような感じです。
これなら流木の上の水草活着するのにも石が邪魔にならずにいいよね。


で、流木にウィローモスとミクロソリウムナローを縛りつけたところで今日は完成。
e0018082_2384873.jpg

まだもうちょっと水草と流木を追加します。

入れる魚はおおよそ決まってますが、なんとかタダで借りてこられないか?




e0018082_2392472.jpg

こちらは依頼の品ではありませんが、ヘアーグラス植えてみた。
超手抜きでも育つものかとやってみた。
完成確立20パーセント。自信ないというよりやる気の無さがでてます。

あ、普段の水草レイアウトは100パーセントです。作り始めれば必ず完成させています。

-----------

で、ついでと言っちゃーなんだけど、今年の世界水草レイアウトコンテストは出ません。
やる気(モチベーション)が無いというか、鶏のほうが今は面白いというか。
素材は用意してたんですが、ヒーターの無い180水槽に手を突っ込んだらあまりの冷たさにリセットすらやる気が起こらない。
そうこうしている間に、もう間に合わないなと、諦めがつきました。

まあ、一番の原因は転職したんですよ。
今までは大葉(シソ)農家でした、
まあ、ぶっちゃけ刺身のつま、飾りですよ。こんな不景気なご時勢、こういったものは真っ先に削られるのです。シソ食わなくても別のもので代用できたりするし。
と、まあ儲からないから辞めるわけです。
そして12月から始まった新しい作物は・・・・
「トマト」
大玉のほうです。
1月上旬に苗を定植しまして、最近黄色い花が咲き始めました。
最初はやること無いなとおもってましたが、甘甘でした毎日ビニールハウスの中で過ごしております。
けっこう忙しいものです。
ちなみに苗の数は8000本もありますよ。
坪数で言えば1000坪近く。

しかも親から経営移行されたので、私が事業主となり、トマトを収穫して売らなくては給料無しな状態です。
あと何ヶ月収入が無いんだろう・・・。
トマト農家となり初めてのことが満載ですが、水草育成の経験を生かして、良いトマトが作れますように。
私は器用なほうではありません。ものは3つしか覚えられません。10歩歩くと忘れます。
今は第一にトマトを作って生活していくということ。
第二に鶏とアクア。そして家族サービスという内訳ですかね。なので、今年のコンテストはお休みします。

でも、受けた依頼はこなしますよ。
プロ以上のアマチュアですから。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-13 23:54 | 水草レイアウト | Comments(0)
2011年 02月 09日

ジゃタプークリーク 失敗してました。

先日の産卵後、受精は確認できたのですが、水換えを失敗して、産卵筒から卵が剥がれ落ちてしまうという事態になり全滅しました。

原因は大体付く。
水換え前の水槽の水PH7、水換えの水のPH5。全体水量の半分ほどを換えたので水質が急変したことでしょう。なせかといえばPH測定器の故障でした。

一日目はなんとも無かったので2日目に換えた水が良くなかった。
なんともイージーミスですわ。


e0018082_21383739.jpg

雌はほんのりセンターバー個体なのです。
餌を一日3食に増やして、こまめに餌あげしてます。
雌を太らせて次の産卵に備えるのだ。
もう産卵筒を見つめるし、にょっきり出てきているし、何時産んでもおかしくはない。

今度こそ200は行きたいですね。







e0018082_21384962.jpg

2腹目の子。
[PR]

by aquariusaquarius | 2011-02-09 21:50 | ディスカス | Comments(2)