<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 27日

凄い事になってきた


ジャタプークリークの幼魚
e0018082_22263964.jpg
e0018082_22264784.jpg

4センチ弱ってところ。いまのところ順調です。
もう少しでオークションですよ。






親のソリッドペアは体着中
e0018082_22272431.jpg

体着数は50匹程度です。

e0018082_2227426.jpg

どうです、綺麗でしょう。
この雌WBSABBY便の「ジャタプークリーク」で入った中でも間違いなくトップ個体です。
完全ソリッド。大きさ体型抜群。
尾びれやシリビレの際のブラックアーチの縁取りのところが見事にクッキリと色分けされている。ブルーリングも出はじめて来ました。
まだ色はそれほどではありませんが、色揚げハンバーグで定着させれば、フルソリッドレッドも遠くはありません。





雄はと言うと。。。

ドーン。
e0018082_22271243.jpg

完ソリ真っ赤です。
ここ最近、子育てによる赤さと高級色揚げハンバーグによる自然な色上がりを見せてます。
こんなになるとは思わなんだ。




e0018082_2227317.jpg

普通はコレだけ赤けりゃ雌って決まってます。
しかし、この個体は間違いなくうちの種雄!
コレだけ赤いワイルドディスカスの♂を見たことがありますか?
否無い(反語)







2008年4月入荷したてのころの写真
e0018082_22331987.jpg

まだ若くて目が小さく見えるね。
ちょっとレッドパッチはあるもののオレンジディスカスです





現在
e0018082_22273827.jpg

スーパーフルソリッドレッド

同じ個体なんですよ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-27 22:59 | ディスカス | Comments(0)
2010年 12月 27日

尾曳孵化 & お宅訪問

e0018082_21515928.jpg
e0018082_2152626.jpg

卵は7個中、2個無精卵、5個発生、3個死=2羽孵化
やっと短脚の尾曳が生まれましたが、保育器で一緒に入れてあった鶉尾につつかれて怪我。
即隔離。



その鶉尾3羽
e0018082_21521431.jpg

なんか尾羽のように新しい羽毛が生えてきた・・・駄目かもしれん。
しかも一羽不正咬合だし足指まがってるし。




以下お宅拝見画像多数。↓

More
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-27 21:55 | | Comments(2)
2010年 12月 15日

万天石 対 深山石

----------------
追記

深山石24キロをビッターズオークションに出しました。


----------------
an aquariumから万天石

チャームから深山石

を入手・・・。

普通だったら混ぜるな危険

相対する会社間のしがらみなどは私らには関係ありません?
良い素材、良いアイテムがあれば選ばれるのは当然の仕組み。

ただし今回は「運対運」

何が来るのかは開けてみないと判りません。

万天石 と 深山石の違いは・・・

実際見てみないとということで、、実物を見てみたら、これは同じものじゃねーって思うわけです。
どちらかに、一個だけ別の石を混ぜました、さあどれか選んでくださいと言われても、できる人いるのかね?そして違いが納得がいく説明ができるのか?


(上)乾いた状態と水をかけた状態(下)
e0018082_19291699.jpg

すでに混ぜた状態です。





細かい石は箱へ入れたままです。
e0018082_1931011.jpg






e0018082_19311255.jpg

右側の「使える石」







真ん中と左のほうの微妙な石たち
e0018082_19312629.jpg

真ん中(画像右)は鋭角な角をしていて、かつ平面部分がつるつるのようになっているもの。

左の石たちは、平行・垂直に割れているため、人工的なレンガのようです。石を割ったところの跡かも。




これだけでは全く使えない異質の石
e0018082_19313723.jpg

左のはチャートでしょうか、赤いです。

右は、石群の上下にある地層からでたと思われる緑色の石。




これは良いほうの石ほうから出てきた白い地層が剥き出しの石
e0018082_1931449.jpg

水にぬれて一際白さが目立ちます。
上の部分のひび割れ具合はいいので、白い部分をかくせば使えます。



なお、
レンガ状と鋭角な石の多くや、赤い石と緑の石は、「深山石」で入荷したものです。


今回の例の結論

品質のはずれ幅が少ないのが万天石

当たり外れの「はずれ」がある程度入っているのが深山石

なお、深山石にも、石指定で売られているものの中には良い形の石も多く存在するし、今回のがたまたまだったのかもしれない。
こればかりはサンプル数がまだ少なくて結論はでません。




こんな地層があったとすると

-----
□□□
----
■■■
■■■
■■■
-----
□□□
-----

真ん中だけを取ったのが万天石。

上下の地層まで少し削っちゃったのが深山石。

かなーと思うのは私だけでしょうか。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-15 19:47 | 水草レイアウト | Comments(8)
2010年 12月 15日

蓑曳鶏 見学


ただいまうちでは大葉のハウスを改修してトマト栽培の施設を作っているのですが、その担当の人のオヤジさんが鶏を飼っているということで、見学しに行ってきました。


蓑曳鶏を保存・飼育されているHさんの自宅を訪ねました。
立派な鶏舎がありました。
蓑曳は大型の鶏なので、1番あたり一畳の広さがありました。
底床は籾殻です。
秋は羽の抜け変わる時期なので、完全とはいえませんでしたが蓑曳らしく尾が立派です。

内種を4種類を飼育してます。全部で40羽ぐらいでしょうか。
このHさんは、鶏歴30年も続けていて、鶏の品評会で蓑曳鶏を出品して優勝してしまったという凄い方なのです。




白色種
e0018082_0505929.jpg
e0018082_0511062.jpg


赤笹種
e0018082_0512562.jpg
e0018082_0513238.jpg
e0018082_0513955.jpg




白笹種
e0018082_051478.jpg



猩々種
e0018082_0515550.jpg

e0018082_052223.jpg

こういった部屋は12部屋ぐらいあり、自慢の蓑曳鶏が番で入ってました。

奥には若い蓑曳とうこっけいがケージにはいってました。育成用。


話を伺って判ったことは、蓑曳鶏を飼育・保存している人がとても少ないこと、丈夫そうに見えて繊細な鶏ということ。大型鶏は飼育する面積や声などの要因があり、飼育者が年々減っていて、このままでは絶滅してしまうことになるかもしれない。
三河地方が蓑曳鶏の産地ということで有名ですが、実際は産地と呼べるほど数が少ないのです。
たとえば1品種を維持しようとするだけでも系統による交配計画、種親まで育成する時間と手間。保存するということが大変難しいものだと感じました。一人では限界があるので仲間で分散して飼うことも必要そうです。
 
今回これも何かの縁でHさんと鶏仲間として知り合いになれました。
短い時間でしたが、鶏談義とかして楽しい時間をすごせました。




--------------------------


うちの新入り


小軍鶏の赤笹種


カタカナの「ト」の字の形に見えるように直立してます。

e0018082_0521197.jpg
e0018082_052196.jpg

福岡から来ました。雄1雌2羽です。
性質は人になれているようでおとなしいです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-15 01:28 | | Comments(2)
2010年 12月 13日

12月11日孵化分


e0018082_22232951.jpg

赤い矢印の模様が入らない雛が鶉尾赤笹・広島のんびり農園産。3羽
緑の矢印が山口産雄×自家産雌の4羽


e0018082_22234146.jpg

黄色いのはコーチンバンタム。
これでも成長すると黒勝ちの碁石模様になります。






e0018082_2223518.jpg

10月と11月に産まれた奴ら。
そろそろ外に出したいが、日に日に寒くなってきているので出し辛い。
去年、寒すぎて一羽落としているので、慎重になります。

さすが烏骨鶏、成長が中型鶏だけに早い。
餌をやるときに毎回、手に飛び掛ってきます、
アーチャン産の2羽一応雄雌の予定。次期種親候補。

赤笹尾曳き、雄2羽
この雄が生まれる前に雌が2羽孵っているので、今回が雄でよかったが、残念なことにオスもメスも4羽とも全部長脚かな。
今孵化中の卵が、短脚が産まれさえすればいいんだけどね。
そうなれば、2ペアにして売れるかな。

赤笹矮鶏のメス3羽
先産まれの短脚メス1、後産まれの短脚メス1長脚メス1。
これはメインになりそうなのでキープ。

すでにオスは鶏小屋に居ます。3羽も・・・でも全部短脚。でも一羽鶏冠がヘンテコ。ダメだな
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-13 22:41 | | Comments(1)
2010年 12月 13日

ジャタプークリーク孵化

12月10日 ジャタプークリークペア産卵



受精率95パーセント以上でしたが・・・
13日孵化しました、12日にスポンジフィルターのエアーが詰まり気味だったので取り出してを適当に洗って水槽に戻したら内部から細かい汚れが舞い散り、卵のカビが多くなり受精はしているものの一気にカビに覆われて死亡した卵が半数以上にのぼった。
12日の時点で食卵防止ネットを取り外して、白くなった無精卵を親に取り除かせればよいのではないか。


教訓・よけいなことはやらなくていい。やるにはタイミングだ。

e0018082_228812.jpg

e0018082_2281817.jpg








e0018082_2282738.jpg

先月産まれた今期1腹目は順調に育ってます。

先日成長の遅い15匹ぐらいを亀の餌に。無駄にはしません。

毎日90パーセントの水換えをしてます。
ブラインシュリンプも4回あげてます。


来年年初めにオークションに出す予定です。





アクアライフ発売中
e0018082_2284156.jpg

私制作のジェリービーンテトラの石組レイアウトでてます。

それよりも、アフリカンマッドフィッシュの繁殖には度肝を抜かれた。
まさか泡巣をつくるのだったとは・・・あの口を見れば泡を作りやすそうにも見えた。
アフリカンパイクカラシンも泡巣だし共通点があるのかもね。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-13 22:14 | ディスカス | Comments(2)
2010年 12月 11日

おぼえがき

12月10日 ジャタプークリークペア産卵




12月11日、

コーチンバンタム碁石4個中4羽孵化、

鶉尾赤笹・広島のんびり農園産4個中3羽孵化1死に篭り。雛の色が薄いというか、模様が無い。オレンジ色のひよこ。
親の写真をあらためてみて納得、うちに居るタイプの雌とは違うタイプ。


山口産雄×自家産雌の鶉尾4個中3羽孵化。1個一日遅れの予定のため待ち。

白チャボ卵、5個中1個孵化、他無精卵、長脚のため淘汰。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-11 22:11 | その他 | Comments(0)
2010年 12月 03日

ジゃタプークリークの稚魚

産卵後20日がたちました。


現在の様子
e0018082_131314100.jpg

12月1日に稚魚を隣の45キューブへ移動。
親魚の45をふたたびペアリング水槽へ機材セット。



100ぐらいかな。
e0018082_13132569.jpg

まだ成長遅れなのを間引いていません。

1週間後ぐらいに小さいのから減らしていきます。


アップ
e0018082_13133461.jpg





2010年ジゃタプークリーク産ソリッド雌の変化

5月のころ
e0018082_13162266.jpg

e0018082_13161938.jpg

まだ薄いですね。





本日の様子
e0018082_13134961.jpg

まだ赤さはそれほどではありませんが、体型とソリッド、ホリゾンタルラインの入らなさがとても良いです。
e0018082_131422.jpg

半月ほど前から色揚げハンバーグを与えてます。
その前は赤虫オンリーでした。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-03 13:26 | ディスカス | Comments(0)
2010年 12月 03日

アクアライフ雑誌掲載

新発売


月刊アクアライフ増刊
水草レイアウト制作ノート
e0018082_11164947.jpg

協力したのでもらいました。

アクアライフで連載されていたプロショップによる水草レイアウト水槽制作のコーナーが一冊にまとまったよ。
買ってね。





今回私が過去に石渡カメラマンに撮っていった作品が載ってます。

102ページ
e0018082_1117085.jpg

90センチ水槽2作品
あと、94-95ページの下の作品
58ページの作品
計4作品出ています。

---------------------
最近のアクアライフにも数カット載ってます。
アクアライフ10月号87ページ、青龍石の石組化粧砂。

アクアライフ11月号、67ページ下。
              68ページ。


そして、今月発売の1月号はテトラ特集です。
なにかコラムを書きました。
水草レイアウト水槽も載るようです。
--------------------------------






新水槽、作るかどうかは・・・・


巨大石レイアウト
e0018082_11262535.jpg

丸い天竜石







洞窟?×浸食?
e0018082_11263116.jpg





どちらも45センチ水槽です。
[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-03 11:33 | 水草レイアウト | Comments(0)
2010年 12月 01日

万天石 他

e0018082_13415243.jpg

今年新しく仕入れた流木を使って、180用に組んでみたが、
ダメ駄目です。
流木の統一感が無いので違和感ありすぎでボツ。




万天石を箱買いしてみた。
e0018082_1342072.jpg

ADAの木箱ですね。




中身はこんな感じです。
e0018082_1342760.jpg

一番大きな石は90センチ水槽で親石に使えそうなサイズです。



e0018082_13421710.jpg


親石1、副石3、添石5、捨石7とかの個数だったらバランスが良いかな。






e0018082_13422412.jpg

全石を使って組んでみたけむど、石の質感が違うのが入っているので、あわせづらいものがあります。


ショップで実際に見て重さでいくらで買ったほうがいいかもしれません。

これだけではちょっと足りないので、レイアウトに使うとしたら足りない分を買わないといけません。





青龍石で組んでみた。45センチ水槽
e0018082_13423272.jpg
e0018082_13423948.jpg
e0018082_13424821.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2010-12-01 13:53 | 水草レイアウト | Comments(8)