あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 29日

ジャタプークリークソリッド同士で

6月に入りジャタプークリークのソリッド同士でペアリングさせました。
ペア水槽に入れてすぐに産卵したので、孵化率は70パーセントぐらい、
100匹近くは孵化しましたが、体着がうまくいかず1センチぐらいに育ったのは40ほど、
娘が生まれてからは忙しくて育てられないので、円盤倶楽部さんへ全部持って行きました。
奥のバックヤードで稚魚をみれると思います。


その親ですが、稚魚に齧られてボロボロ・・・
e0018082_1515793.jpg

ではなく、子育て中にメスに突かれるオスです。
なぜかメスは体着中に日を追うごとに凶暴になって生きます。
おかげでオスが日に日にボロボロになっていきまして(特に胸鰭と尾びれ)
現在単独で、薬浴中。





e0018082_15151843.jpg

メスは健康そうですが、肌が荒れているのもあり単独で養生してます。



↓つづき

・・・・ジャタプークリークの幼魚は・・・・
[PR]

by aquariusaquarius | 2009-06-29 15:14 | ディスカス | Comments(6)
2009年 06月 28日

エンドラーズ スーパースカーレット

順調に数が増殖中
どういう遺伝構成をしているのか不明ですが、兄弟の1/3ぐらいにエンドラーズライブベアラーそのまんまのが出現してます。エンドラーズタイプのは残さないのではじきます。あと兄弟でボディにメタリックが入り尾びれがツーバーにならないのも出ています。こちらはなんとも表現が難しいパステルチックな柄ですが、目的の形状と違うのでこちらもはじきます。

のこりの半分ぐらいが下の写真のような「スカーレット」というタイプが出ます。
e0018082_1452284.jpg

ノーマルタイプ。エンドラーズの特徴のボディの黒模様とオレンジメタリックに尾びれがエンドラーズの尾びれ。真ん中は透明になります。



e0018082_14523835.jpg

この個体は尾びれの中に模様がはいってます。ボティの黒班の面積が小さいので種として残しはしませんが、今後どう発色するかを見物中。



e0018082_14524758.jpg

この個体はほぼ理想形、目もオレンジが乗るのがポイント。ボティのオレンジ色も澄んでいて濃い。
もうちょっと黒班がクッキリハッキリさせたいところ。背びれにも色が欲しい。
これは背びれが伸張するFaタイプのオス。





e0018082_14525567.jpg

e0018082_1453472.jpg

買った個体から一番最初に生まれて今の種親になっている個体
背びれが伸長するFaで黒班で背びれに色を残す方向で選びました。
このころはそれほどオスを選べるほど選択肢が無かったので少しでも思い描くグッピーに近づけるために選んだ個体。
[PR]

by aquariusaquarius | 2009-06-28 15:11 | 熱帯魚 | Comments(4)
2009年 06月 09日

180センチ水槽撮影から  その後

撮影=完成で、終了ではありませんが、手を抜いて放置していたので、後景の有茎草が水面を覆ってしまいみすぼらしくなったので、すべて引き抜き差し戻しをしました。
e0018082_2011929.jpg

左奥のほう、ハイグロ・ポリスペルマばっかりです。




e0018082_20111981.jpg

水槽右側から
ここに元から植わっていた水草を使い、配置を替えて植栽。





e0018082_2011288.jpg

流木に活着していたすべてのボルビティスを撤去しました。
ナローミクロとアヌビアス・ナナがまだ着いているので明るめな印象。

右の後方はビビパラがあるので、有茎草が短くて見えなくても、これはこれで良さげな水景。




e0018082_20113745.jpg

エンゼルが居るせいでヤマトヌマエビを全く見かけませんw
それでもあまりコケも生えないのでフィルターの調子がよさそうです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2009-06-09 20:12 | 水草レイアウト | Comments(6)
2009年 06月 07日

エンドラーズ・スカーレット

エンドラーズスカーレットという品種の繁殖をしています。
e0018082_1110544.jpg

何本か育成水槽がありますが、最近良い出来になってきたので紹介します。



e0018082_1111997.jpg
e0018082_11113060.jpg
e0018082_11113995.jpg

背びれに色が出ないところが今後の改良点。
ボディーの色は良いが、エンドラーズの特徴の太い黒い模様が薄れているのが難点。





e0018082_11112079.jpg

こちらは親魚、色の濃さが劣化するみたい。

人気のサテライトも活用してます。
とても使いやすいく、水が動くので酸欠になりにくく、大型のグッピーのメスでも事故が少ない。
e0018082_11115476.jpg

注意点
エアーが止まった場合起こりえること、
酸欠で全滅、冬季の水温低下で全滅。




もう少し改良してほしいところは、
水槽の枠によっては取り付けられない。
容量を大きくして欲しい。水深深くとか。
[PR]

by aquariusaquarius | 2009-06-07 11:12 | 熱帯魚 | Comments(6)
2009年 06月 06日

ジャタプークリークソリッド同士リトライ

前回の記事の産まれた稚魚は居なくなりました;;
親に群がっていて体着したかなと思ったのもつかの間、食べてしまったようです。
フィルターの位置を換える為に手を突っ込んだので驚かせてしまったようです。



そこで気を取り直して、45センチさいころ水槽にペアを移動。
本日産卵しました。
まだ水槽に慣れてないので卵の産み付け方はバラバラで下手でした。
またしても裏側に産んだので写真に撮れず。
e0018082_17382839.jpg

例によって水カビ防止にメチレンブルーを入れました。
e0018082_17383685.jpg

入れすぎました・・・
[PR]

by aquariusaquarius | 2009-06-06 17:43 | ディスカス | Comments(0)
2009年 06月 02日

ジャタプークリーク ソリッドレッド

e0018082_21235752.jpg

ソリッドオスです。
肉厚になってきました。レッドパッチのところはそのままですね。面積は増えていかないです。







ソリッドメスとグリーンを掛けてみようと入れておいたのだが全く産む気配すらないのでソリッドオスと入れてみたところ、
e0018082_21233036.jpg

翌日にはこうです。


メスの姿が見当たりません・・・





e0018082_21234532.jpg

正面からみたら何もなさそうでスルーで掃除しそうでした。産卵筒の裏側に卵びっしり。


そして育成する水槽もないので稚魚がどうなってもいいやと、そのままほかって置いたら、今日体着してました。いくらかは分散して死んでいた稚魚もいましたが、100近く体着してたので生き残りそうです。しかし生まれると夫婦の仲が悪くなりますこのペア。いつまで持つのでしょうかね。









上のペアから去年9月に孵化した幼魚たちがこうなりました。
e0018082_212499.jpg

これが一番赤い個体。うっすらとブルーリングも出てきました。

e0018082_21242175.jpg

右が上と同個体。


e0018082_21243169.jpg

ポツポツとレットスポットが出始めた個体や全然レッドがない個体もいます。
個体差はやっぱりありますね。



e0018082_21244291.jpg











e0018082_21245681.jpg

ラゴ・デ・ダ・パズ グリーン、上のジャタプークリークメスと一緒にしていたが仲悪~。オスのように見えるけどメスかもしれない。
そこでジャタプークリークオスを入れてみたら、もっと酷く苛められるので別けた。
[PR]

by aquariusaquarius | 2009-06-02 21:43 | ディスカス | Comments(2)