<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 21日

紅葉の季節

e0018082_21534226.jpg

我が家の90センチ水槽、中央の赤系水草のニードルリーフとロタラインジカが良い色になってます。水温が低いため生長がゆっくりで葉の色も濃い赤になってきます。
左のダッセンとアラグアイアミズマツバは黄色系水草なので、秋に色づくモザイクの紅葉の山のようになってきました。
さてさて、そろそろ この有茎草切って180に植えようかな。





マイベイビーが這い這いしだしたので目が離せず抱っこしたり構ったりして、水槽にかかっている時間が減少です;;
生き物相手ですので、プライドもあり手を抜く訳にもいかないですので、ネットめぐりしている時間がほとんどありません;;
先日から嫁さんも風邪を引いて二人してマスク装備してます。ベビーに風邪が移らない様にしないといけないです。

しかしまぁ、寒くい嫌な季節がやってきました。水道水直で水槽に入れるのが厳しくなってきました。(でも入れてるけど)
なにより、温室に入るとメガネが結露で曇ってしまいます。
これにより撮影がイージーに出来なくなりました。
カメラを温室内に持ち込むと、すぐには写せません。カメラに結露してレンズが曇ってしまうのです。撮るには何時間かまえに温室に入れておいて蛍光灯の上とかにのせて温めて結露を蒸発させてからでないと使えないー。
まぁ、めんどくさがりやです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2007-11-21 22:12 | 水草レイアウト | Comments(10)
2007年 11月 15日

写真や

e0018082_7433648.jpg

ゴールデンsp1


e0018082_7434734.jpg

ゴールデンsp2


e0018082_7435553.jpg

アルビノレッドゴールデンダイヤモンドハイボディ(日の丸)


e0018082_744221.jpg

アルビノレッドゴールデンダイヤモンド大(日の丸)


e0018082_7441594.jpg

オーシャングリーン


e0018082_7442224.jpg

ルビーインプラチナ


e0018082_7443759.jpg

アルビノブルーダイヤ


e0018082_7444391.jpg

ゴールデンレットスポットスネークスキン
[PR]

by aquariusaquarius | 2007-11-15 07:50 | ディスカス | Comments(4)
2007年 11月 14日

ワイルドっぽく 新入り

ちょっと前に円盤倶楽部で購入

なんとなく、若いペアで良いのがいないかなっと思っていたところに現れた。
子育てが上手ければアルビノが産卵したときに育てさせる仮親にも使えるのではと考えた。
すでに店で何ペアか売れていて実際に産卵もしていたので、雄雌確定。
ディスカスは雄雌の差がわかりにくいので、確実に産卵する雌と受精能力が高い雄がいれば繁殖には一番なのだ。

元はW.W.F.F.のディスカスでペナンのブリーダーに渡りF3にあたります。

うちに来たのは「19LS」といい、意味は
WWFFの
19、19番目の品種?
LS、レオパードスキン
となります。
品種名ではレッドスポッテドグリーンレオパードスキンとなります。
原種のロイヤルグリーンが元親につかわれていることが実物でもわかります。
e0018082_21333889.jpg

上が雄、下が雌。


e0018082_21334429.jpg

上が雌、下が雄。
レットスポットが均一で細かく入っています。


初日にフィルターを他の水槽から持ってきて入れたら、翌日に亜硝酸の濃度が危険値になってた。よく見れば尾びれの先端が溶けかかっている。
やべーーー、ってことで水換え。と、同時にバクテリアの元を入れる。
2日目、まだ亜硝酸数値が良くないので半量水換え。
水温30度にする。ショップにいたときは28度でしたが、スレ傷を治すのが先決とする。

3日目、尾びれが解けていたのが止まって治癒しだした。
朝晩で50パーセントづつ水換えをつづける。

4日目、買う前からオスの目が白く濁っているのだが、ここにきてようやく症状の改善の兆しをみせてきた。
両方とも体の色が黒っぽくなってきた。水が合わないかなーっと思った。
     プルプルっと?













5日目、↓











e0018082_21335197.jpg

産みやがった (雌)

(´Д`;)

まだ亜硝酸数値が高いのにー、産むなら万全の状態で産んでくれよって感じです。

産卵数は100個ほど、あまり多く無いです。
網をかぶせて食卵を防いで受精したのを見ようと思ったが、付ける網が無いので放置。
初回から子供取れると思ってないので、いつも通りに水換えをしています。


e0018082_21335772.jpg

まあ、いい絵が撮れたよ。


日数からして明日ぐらいに孵化するのではないかな?

とりあえず今は産ませることより体調を回復させて、スポンジフィルターがうまくバクテリアがついてろ過し亜硝酸が検出されないぐらいにしてからでないと、たとえ孵化しても稚魚は育たないでしょう。
ペアの絆はよさそうなので、このまま育成します。

後日談
産卵から3日後の朝見たら全部なくなっていました。
やはりな、想定内です。
なので、水温を31度に上げて治療モードにはいりました。
高水温だと産卵行動にはいらないからねぇ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2007-11-14 22:11 | ディスカス | Comments(0)
2007年 11月 11日

イギリス生まれの渋いやつ

ピッターズのオークションで入手しました、
「ブリストルシュブンキン」です。
e0018082_2135430.jpg
e0018082_21402.jpg

普通のシュブンキンの尾は吹流しのような長細い尾ですが、イギリスで改良されたブリストルシュブンキンはハートを横にした形をしています。

今まで居た、地金、南京、土佐錦魚はフラフラと尾を振りながらゆっくりと泳いでいましたが、ブリストルを飼い始めて感じたことは、とにかく動きが素早いのです。3倍は早そうです。
見た目の大きな尾びれでヒラヒラと優雅に泳ぐと思ったら大違い。ダッシュして壁に激突しそうです。


ーーーーーーーーーーーーーー

晴れ時々ディスカス
e0018082_21123331.jpg

アルビノゴールデンです。もう親サイズなんだろうけど、産む気配は無いというか、背びれと尻びれの模様と形からして雄みたいです。この水槽で一番威張っています。

あと新しくペア入手しました。
円盤倶楽部のペア水槽で産卵していた奴です。ただいま75センチ水槽にペアで入れてあるのだが、隣の水槽からもってきたスポンジフィルターがバクテリア不足で亜硝酸が出でしまってます。私としては珍しく、水換えしてからバクテリアの元を入れときました。スポンジフィルターにバクテリアが上手く沸いてくれて分解してくればいいのだが。
雄の目が購入時から表面が白く濁っているのだけど、どうにかならんかな。
少しは回復してるようだけど、やっぱり亜硝酸濃度が高いときつそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
180センチ水槽に入れる予定のコンドテトラ
e0018082_21202118.jpg

ちょっと追加しました。
前に写真を載せたあとに雄一匹が鰓腐れになって死亡。
9匹となったところに、アルビノコンゴテトラの雄二匹追加、
そして、雌しかいない店があったので5匹いくらで購入。売れ残りが大きくなった感じのでうちにいる雄にあわせるには丁度いい大きさだったので買いました。
計16匹であります。
あと4匹ぐらい大きさがあうのがいたら買いだな。

NAに改良品種など似合わんよーなのだが、アルビノは改良されてるわけじゃなくて、突然変異を固定して繁殖させているものだから、アルビノ自体は自然界に極奇に発生する可能性はある。なので全部をアルビノにしないで、群れの中で1、2匹なら偶然の産物みたいにみえるかな?

ーーーーーーーーー
インフルエンザが流行っているようです。
ベビーに移してはいけないのでベビー以外の家族全員予防接種しました。
それからなんとなく風邪気味で調子悪いです。
症状、喉が痛い、頭がズキッっとたまに痛い。など。
単なる風邪かもしれないですね。
[PR]

by aquariusaquarius | 2007-11-11 21:33 | 金魚 | Comments(8)
2007年 11月 05日

180センチ水槽 定期


いつもの、水槽の左端です。
e0018082_21505211.jpg

コケ増えてるジャン!
いまだ茶コケは衰えず、水中葉を植えたブロードリーフテネルスは黒ゴケまで出始める始末。
ハサミで葉の一枚一枚カットなんてやってられるかーってーの。
なのでバッサリと地面と水平に切ることにする。

コケが付いているせいで、水草の生長も芳しくないです。
先日エビがあまり動いてないので、おかしいなと思っていたら、夜中までCO2入れっぱなしだった、電磁弁故障。水の逆流によるものか?
CO2添加を抑えて、エアーレーションを強化してなんとかエビが動き出すようになりました。




e0018082_2151138.jpg

コケと同時に巻貝も増えてきた。
ということで、トーマシー投入。×5匹
だが、なんともサイズが小さすぎる。2-3センチしかありません。
これから餌はあげないから、貝だけ食べてくれ。

黒コケ用にサイアミーズフライングフォックスも入れたいのだが、豊橋の3軒では品切れでした。
こういった、オトシンとエビも含めてメンテナンスフィッシュは常に店に置いておかないとー・・・。



e0018082_21511150.jpg

おまえらホントにやる気があるのか?
と言いたくなりますがこれは必死で食べている写真です。


ここまで例によって赤くなって死んでしまったのが5匹。
全部で40匹ぐらいは入っているはずなんだが、エビが食べているのを上回る勢いでコケが生えてきてます。
60センチ水槽でセット初期にいれるヤマトヌマエビの数は20匹ぐらいなので、(面積)計算すると180センチ水槽では160匹・・・・、!!!!

ブーー<

「我が軍は全然足りないじゃないか!」
[PR]

by aquariusaquarius | 2007-11-05 22:20 | 水草レイアウト | Comments(12)