あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ミツユビハコガメ( 35 )


2017年 04月 29日

ミツユビハコガメ産卵・オレンジスポット雌

昨日に続いてミツユビハコガメの産卵です。

4月28日

e0018082_21360465.jpg

今回はオレンジスポット雌の産卵がありました。
e0018082_23385915.jpg

この雌が今季一番最初に触感で抱卵を確認した。
お腹の中も卵でいっぱいだったのでこれは数産むぞと思った。



e0018082_23392112.jpg

2日前、506g

産卵後466g

e0018082_23392710.jpg
28日、朝からの餌やりでは食っていました。



夕方水替え後、ランプを消す。この時、室内や他の水槽からの光だけ。
動きが活発になってきた。

PM6時、産卵場所に移す。


(なぜこのタイミングかと言えば、普通産卵は夕方から夕暮れ夜に掛けて産むものなので、それを再現しているつもりです。日中体が温まっている。ライト消すと体温が下がり出す、産む日は雨上がりが良いぞということで産卵する土に水掛けて湿らせてやる。照明の明るさを下げ薄暗くする。という風に自然に起こることのポイントを人の手で置き換えてやると上手く産卵行動を起こすことになります)



8時埋め戻している。

9時取り出しました。


穴は深くまで掘ってあった。
e0018082_23393754.jpg
取り出していくと小さめな卵が7個も出てきました。

e0018082_23394577.jpg

いきなり初っ端からTSDで分けることに、容器は別にした。
e0018082_23395510.jpg



昨日産んだ黄色スポット雌の卵との比較。
黄色のは2倍の大きさもある。

黄色のもTSD雄狙いなのでオレンジのもこのまま一緒に保管した。
e0018082_23401127.jpg
黄色の左上は白濁が始まっているようです。




-------
次は大雌ですが数は少なさそうです。



[PR]

by aquariusaquarius | 2017-04-29 00:04 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 04月 27日

ミツユビハコガメ産卵・黄色スポット雌

前回記事で冬眠から起こしたミツユビ達をトマト温室内で少し温めて起こしました。

その後亀温室内に取り込みもう一段階上の温度に慣らします。
20℃位で配合飼料を与えてみますが食べるのと食べないものがいます。
そしてコンテナに♂♀入れて交配スタート。
余り温度が高くないので活性は今一つ。
e0018082_21351926.jpg


バスキングライト50wをクリップ付きソケットで中の片側につけて温度をあげます。

交尾している日が3月30日ぐらいです。

下の画像は別の雌が交尾しています。



e0018082_21360465.jpg


一通り交尾したかな?4月10日ぐらい。
そして雄がいると安心して餌食べにくいので雄を取り出します。

そしてなんでも食べさせます。
e0018082_21335015.jpg
この時期、配合飼料は食いが悪いですが一応置いときます。
中心は虫・肉・トマト。
細かく書くと、冷凍コオロギ、冷凍マウス、冷凍ヒヨコ&ヒナウズラ、冷凍マウス、ジャイアントミルワーム
肉、鶏肝臓、鶏胸肉。
トマト(自家産)

食えるものなら何でも与えよう。
(なお、野外飼いではまた別の方法がよろしいかと思うのでマネすると失敗します)


温室内では日中バスキングランプで体を温めているので消化も良いです。

そして、すぐに汚れるので水替えを日に何度もやります。
水が糞で汚れると食べなくなるので綺麗な状態=食べる。
食べる量増える=卵形成








すると交尾から20日ぐらいで触診すると卵の感触を感じます。
e0018082_21371758.jpg
そろそろなので体重を量ってみました、2017年4月26日488g
この夕方やる気無さそうだったのでそのまま。





-----------------------
4月27日
日中は餌を食べている。
ミツユビは産卵前に食欲落ちたりし無さそう。

夕方、日課の水替え。
水替え後ランプは消した。(夜は消してます)
他の水替え作業をしていると、ガタガタと壁に向かって登ろうとしたり他の亀を乗り越えたり忙しい。
触診でも卵が硬くなってきてはいるとそろそろだなと産卵用コンテナに移動する(PM6時)。


「産卵用コンテナは、白い蓋つきのコンテナに中に土を15センチほど入れて踏んで固めたもの。
そして仕上げに水を撒いて雨上がりのような感じにします。」







そしてPM8時に見に行くと埋め戻している最中でした。

e0018082_21365927.jpg

予想通り産んでました。




体重を量ると488gから452gに減っています。
e0018082_21373268.jpg



土にの中から取り出すと、これまた大きい。
去年に産んだ卵よりも大きくなってる。
よって球数は少な目の3個
ええ触診でも少ないというのが解ってましたし体重も軽かったですね。

おそらく冬眠後に十分餌を食べていないな。
多頭飼いなのでこの個体がどれだけ食べているかは把握しずらい。
まだ2クラッチ目を産まなくてはならないのでもっとゆっくり食べれるところにしなくてはならない。

e0018082_21374957.jpg




タッパーにハッチライト
このあとすぐに白濁が起こるかどうかで有精卵が決まる。
e0018082_21375720.jpg

まずは第一クラッチ目はTSD雄設定で行きます。
発生が始まれば次クラッチは雌へ


この親の組み合わせの雄は2年前に孵化した子を育成中で現在11センチほど、顔は赤と黒で父親似になってきてます。
参照に、
将来の種雄にするのにもってこいの血統です。
e0018082_22161461.jpg
-----------------------------







e0018082_21381237.jpg
雌親をコンテナ戻したらまだ後ろ足で埋め戻しを続けてました。




[PR]

by aquariusaquarius | 2017-04-27 22:18 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 03月 17日

ミツユビハコガメ冬眠から起こす

今日は暗室で冬眠していたミツユビハコガメの親たちを取り出して
温室内のタライで水あげました。
室温は最高で28℃ほど夜間15℃と気温差激しいので日陰にして必要以上に上がらないようにしている。
e0018082_21291478.jpg
e0018082_21292685.jpg
e0018082_21303555.jpg

雄一号に目ヤニが見られたが水の中入れて置いたら取れました。
e0018082_21295411.jpg
e0018082_21302331.jpg
e0018082_21304408.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-03-17 21:37 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 03月 07日

ミツユビハコガメ2015.2016CB

成長記録

2015CBの一番最初に孵化した子
以下3個体は黄色スポット雌からの子
雄親は赤黒。
e0018082_17103380.jpg
e0018082_17103672.jpg


典型的なよくあるミツユビハコガメの雌の模様。

もしかすると赤黒雄の前に同居していた雄の遅延受精かも?

--------------------



2015CBの2クラッチ目
e0018082_17105108.jpg
e0018082_17104465.jpg
e0018082_17104936.jpg
推定♀
黒地に黄色スポット。
---------------------------

2015の2クラッチ目その2

雄確定

黒地に赤


e0018082_17105922.jpg


後脚の爪も長く曲がってきました。
e0018082_17110291.jpg

ベビー時の最初は黄色のスポットだったが成長するのつれ派手になってきました。
雄親の血を色濃く遺伝しています。
------------



2016CB
右、大雌の子
左上、オレンジスポットの子
左下、黄色スポットの子
と雌親違いで1匹づつキープしました。
e0018082_17110601.jpg
e0018082_17111138.jpg
大雌の子。
大雌は典型的な地味なミツユビだけど、雄の血を引いてか甲羅は派手に。
頭部の模様は雌親にで地味です。
--------------------
以上5個体が家で繁殖したミツユビハコガメでした。
あと3個体2015に購入した子もいます。

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-03-07 17:23 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 12月 01日

2016CBミツユビハコガメ・キープ個体

とんぶり市にて完売しました今年生まれのミツユビハコガメベビー。



---------------------

カテゴーリーが別なので今年生まれのベビーまとめの記事がこちら。↓

----------------------



雌親が3匹なのでそれぞれ1匹を残しました。


大雌2クラッチ目TSD♀予定
同腹兄弟よりも色が薄かったのをチョイス、黒い放射柄が目立つヒマワリのような模様になった。
ミツユビハコガメは成長すると甲羅が単調な色彩になってしまうので今だけだと思われる。
将来残ってたらすごいねぐらいの気持ち。
頭部の模様はないノーマルな感じ。
e0018082_22135942.jpg








黄スポット雌の1クラッチ目(TSD♂予定)
黒地に放射柄。頭部もオレンジスポットが細かく入る。
椎甲板2.3の間に小さな多甲が入るため、そのため安くするくらいなら自分の所の種に使うわ。目印になるし、で売らなかった
e0018082_22141371.jpg





オレンジスポット1クラッチ目(TSD♂)
甲羅良し・顔良し。またもや雄。
e0018082_22140700.jpg




とんぶり市での余りの人気で完売御礼。
それぞれの雌からのTSD雄雌で1匹づつぐらいは残したかった。



e0018082_22164999.jpg


下に写っている地味なのはトウブハコガメ。サイズが同じようになったので混浴。



e0018082_22162053.jpg
亀温室内のガラス温室内にパネルヒーターを敷いて、その上にタッパー容器に水少し入れて飼ってます。
上部からは「暖突」の放熱も。




-------------------------

そして2015CBです。

去年は黄色スポット雌からの子しか孵化しなかったので兄弟になります。
自家産は3匹で、一番最初のがブラウンで地味です。
もしかして、前雄の精子が遅延受精したのかもしれない。
e0018082_22313801.jpg


その次のクラッチからの同腹
こちらは両方とも似ています。黒い地色に黄放射柄の甲羅。
顔黒でスポット状の模様、
e0018082_22333240.jpg
同腹なので同じ容器から孵ったのですが、どうやらこの2匹雄と雌ではないか。



e0018082_22321256.jpg
こちらはメスかな、優しい感じの顔つきです。


e0018082_22395079.jpg
この顔は雄だろ、
孵化後一年経過したころより嘴に模様が入ってきたのが雄ではないかと考えている。
頭部の黄色だった水玉も、成長するにつれてオレンジになってきた。

アメハコは成長するにつれて色彩の変化が激しくて面白いし飼い応えがある。
ベビーで買った原石も、磨けば磨くほど飼い込むことで産卵・繁殖までの単調な飼育を楽しませてくれる。





[PR]

by aquariusaquarius | 2016-12-01 22:56 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 08月 16日

ミツユビハコガメ黄スポット雌3クラッチ目孵化

6月24日に3クラッチ目3個産卵


順調に発生していると思ったら、1つから卵の表面がカビてきた。


そんな中、8月16日2つから卵の殻を破って出てきそう。

e0018082_22145414.jpg

1クラッチ目5個で4孵化
2クラッチ目3個で2孵化
3クラッチ目3個で2孵化
計6匹生まれました。


e0018082_22215422.jpg
















8月22日追記
もう一体も卵から出てきた。
椎甲板の4と5の間に多甲板あり。




e0018082_01264065.jpg
e0018082_01265203.jpg
e0018082_01265764.jpg
これにて今年のミツユビハコガメの卵は全部孵化し終えた。




大から12匹
黄色から6匹
オレンジから6匹
合計24匹

しかも孵化したものどれも今のところ順調に配合飼料を食うように育てられている。

ベビー育成のコツが判って一気に難易度が楽になりました。












雄赤と雌黄色の組み合わせの去年の子の現在は




e0018082_22283094.jpg



































1年でこうなりました。
黒地にイエロースポットの頭に黒甲羅黄放射。










--------------------------

カビのついてきた卵は、キャンドリングすると子亀は大きくなっているがまだ卵黄が半分ほどある。
そして決定的なのが血管の消失。
開けてみました。↓


 



More
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-08-16 22:34 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 08月 11日

オレンジスポット雌3クラッチ目孵化

6月20日産卵のオレンジスポット雌の卵。




最初5個でしたが、無精卵が3で発生したのが2個

8月10日に一匹目が開きました。52日
e0018082_1840268.jpg

11日もう出てます。





こちらは11日に開きました。
e0018082_18403136.jpg






卵が小さかったので孵化仔も小さ目
e0018082_18403989.jpg






これにて3クラッチ目でオレンジスポット雌からのすべて孵化
2+2+2で6匹

無精卵多めでしたが、今年初産だったにしては上出来ではないでしょうか。

雄が赤、雌がオレンジ。
その子にも期待が高まりますが、成長予想としては、
まず黄色のスポットが現れ→成長につれオレンジに変化、→性成熟で雄は赤くなり、雌はオレンジに。
という仮説。

1クラッチ目が低温で雄狙い。
2-3クラッチで雌狙いで高温。
雄1雌2をキープして、残りは「とんぶり」へ






8月14日追記
小さいほうも卵から出て塞がったようなので水へ
e0018082_23352117.jpg


e0018082_23353968.jpg

模様がハイコントラストっぽい?かも
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-08-11 18:49 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 08月 08日

ミツユビハコガメ大雌3クラッチ目孵化

e0018082_529242.jpg


6月16日産卵の大雌の卵
8月6日に一個目が裂けて顔が出た。
e0018082_5192325.jpg

顔の所の殻だけ取り除き放置。






8月7日のこり二つも開いていた。
e0018082_519362.jpg

28℃~30℃53日で孵化。おそらくTSD雌。




これで大雌の結果が出た。
1クラッチ目5月12日、5個、4個有精卵、1無精卵。4個孵化。
2クラッチ目5月30日、4個、4個有精卵。4個孵化
3クラッチ目6月16日、3個 、3個有精卵、3個孵化。
計12匹孵化。

この卵の特徴、雌親が大きいので、卵も大きい。その分1クラッチが少なめ。
卵が大きいので中の子も大きく育って生まれてくる。




e0018082_5194389.jpg




---------------
追記。卵から出て卵黄も吸収したので水飼いに移動。

e0018082_632991.jpg







完甲
e0018082_6323237.jpg


やや甲ズレ第二椎甲板
e0018082_6322769.jpg



多甲、椎甲板4と5のあいだに一枚
e0018082_6322496.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-08-08 05:29 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 07月 28日

孵化仔マーキング甲

生まれたミツユビハコガメが多くなってきたので、甲羅に目印を付けました。


オレンジ雌の子1クラッチ目2匹と黄色の子2クラッチ目2匹
e0018082_14432517.jpg

点1が1クラッチ目、点2個が2クラッチ目というふうにする。










黄色雌の子1クラッチ目4匹
e0018082_14433122.jpg










大雌の色はピンクで、2クラッチ目の4匹
e0018082_14434062.jpg


大雌の1クラッチ目はめんどいので無印。



蛍光ペン。
黄色が油性、ピンク・オレンジが水性だったけど、色落ちのぐあいはまだ判りません。
去年の夏に、キボシさんところのミツユビハコガメTSD雄のベビーを買ったのですが、その時に甲羅にマーキングされてあったのでマネ。その時の子の甲にはまだすこしピングのマークが残っています。
思ったより落ちなくて、これは目印にいいなと思った。


今現在18匹孵化。



残り、大雌4個、黄色2個、オレンジ3個が孵化待ちです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-07-28 14:52 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2016年 07月 27日

オレンジスポット雌2クラッチ目孵化

ミツユビハコガメ
オレンジスポット雌2クラッチ目孵化


うっかり孵化したことを忘れてた。
なんかおかしいなと気が付いたのが8月11日
産卵記録孵化記録を見直してやっと謎が解けた。



6月2日産卵の記事



7月26日から開きまして
e0018082_18271376.jpg








27日
e0018082_18272088.jpg

4個だった卵も1無精卵。1個発生途中で死亡。

2個孵化しました。



e0018082_18332428.jpg

左から2匹のオレンジ1つのマーキングの個体がこの時に生まれた子。8月11日現在。
本来ならばマーキングが2つマークするところを間違えて1つにしてしまったのが混乱のもと。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-07-27 18:26 | ミツユビハコガメ | Comments(0)