あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ミツユビハコガメ( 35 )


2017年 06月 25日

ミツユビハコガメ産卵4クラッチ目

6月24日怒涛の3匹の一斉産卵、オール4クラッチ目


前回の3クラッチ目の産卵が終わり、梅雨明けしたら外だなと思っていたがまだ梅雨明けしない。

産卵から1週間ぐらいして触診するとまた抱卵の感触。

去年は3クラッチで終わったので今年ももう終わりかと思っていたがまさかの4クラッチ目。



昨日から産卵ボックスに入れていたのが朝産卵



大雌もう白濁している大き目な卵が3個
昨日の夜中かな?
この手は雄に期待してないので、全雌にするべく30℃保管。
e0018082_00241432.jpg
e0018082_00370456.jpg

--------------------------

黄色スポット雌、良いサイズの卵が5個。
3個は28-30℃、2個は24-25℃のTSD設定にしました。

この雌から産まれるオスは派手なんです。
私の所にはすでにこの組み合わせの2015CB雄が居るので自分用としては必要ないのですが、誰かの所で将来種雄として活躍してくれるようにと作ります。

もし孵化したら時期的にぶりくらでは間に合いそうにありませんので、とんぶり市用ですね。
e0018082_00242550.jpg
e0018082_00242262.jpg
---------------



24日夕方に産卵コンテナに移動した、オレンジスポット雌。

即掘りはじめ8時には埋め戻し完了
e0018082_00243881.jpg
e0018082_00244436.jpg
相変わらず小ぶりですが、前回よりは大きくなっているような気がする。一個だけなんか小さく妙な形の卵。全雌狙いで。



----------
大雌
4月29日4個
5月16日4個
6月2日3個
6月24日3個
計14個



黄色スポット
4月27日3個
5月15日5個
6月5日4個
6月24日5個
計17個


オレンジスポット
4月28日7個
5月18日4個
6月6日5個
6月24日4個
計20個


合計51個、採卵!


まあ5クラッチはないでしょ。



[PR]

by aquariusaquarius | 2017-06-25 00:49 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 06月 24日

ミツユビハコガメ孵化オレンジ雌からの子

4月28日産卵のオレンジスポット雌

7個産んだので4個を30度保管、3個を25度保管にした。



4個のうち1つが発生初期で停止。


6月18日、30度に保管した方に卵に亀裂が入り顔が見える。
e0018082_23295100.jpg

翌日19日、もう一つも開いた。

e0018082_23301226.jpg


同日、ここまで出てきてはいるが、卵黄が引っ掛かって出てこれない。
まだ出なくていいから・・・。



e0018082_23320073.jpg


あと1つの卵の中の子亀が動かなくなってる。キャンドリングで血管も消失している。
開けてみるとあとちょっとの所で死んでました。
数時前のキャンドリングでは動いていたのに。
他の二匹が開いた時点で開けていたら助かっていたかもしれません。残念。

e0018082_23335523.jpg

-----
6月20日
まず一匹卵から脱出
甲羅は完甲。卵が小さかったのでベビーも小さいです。

e0018082_23381192.jpg

翌日の21日もう一匹も出た。これも完甲。
e0018082_23365127.jpg

このままの容器内で卵黄が吸収するまで寝かせます。
---------


6月23日
だいぶ吸収したので、プラケースに水入りし子亀温室内で保温。
温室内最低気温30℃最高32℃
e0018082_23393263.jpg

チビミミズを入れてみましたが、反応して齧ろうとしますがまだ下手で食べることはできません。
e0018082_23394218.jpg
ミツユビハコガメのベビー育成スタートです。
去年は育ちましたが、このベビーの小ささを見ると毎回心配になります。


----






[PR]

by aquariusaquarius | 2017-06-24 23:47 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 06月 06日

ミツユビハコガメ・オレンジ雌の産卵3クラッチ目

6月6日、オレンジスポット雌の産卵
e0018082_20400031.jpg


日数的にもそろそろなのでコンテナに移動。
日中はライトがついているのですが、朝から何時間、日が当たったというので体内時計があるみたいです。
夕方、薄暗いコンテナに移動させるとすぐに掘りはじめました。




e0018082_20400942.jpg
埋め戻しているのでどいてもらって掘ります。

e0018082_20401190.jpg
小ぶりな卵5個でした。

e0018082_20400251.jpg
バーミキュライトで。





4月28日7個
5月18日4個
6月6日5個

小ぶりな卵なので小さい子が生まれて世話が大変なパターン。

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-06-06 20:46 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 06月 05日

ミツユビハコガメ黄スポット雌3クラッチ目

連夜の産卵です。

e0018082_22462346.jpg
黄色スポット雌、
この雌動きがだいぶ前から産みそうな動きをしていてコンテナに入れても産まず、産む産む詐欺かよ。
結局2クラッチ目からの日数予想通りに産卵。
6月5日3クラッチ目産卵。
e0018082_22463835.jpg
4個産みました。



良い卵は産んですぐキャンドリングすると黄身が沈んでいるのがわかるね。



e0018082_22470501.jpg

今年の産卵結果
4月27日3個
5月15日5個
6月5日4個







去年は
5月12日に1クラッチ目5個
6月1日に2クラッチ目3個
6月24日に3クラッチ目3個



---
明日はオレンジスポット雌が産みそう。


[PR]

by aquariusaquarius | 2017-06-05 22:57 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 06月 04日

ミツユビハコガメ・大雌の産卵3クラッチ目


6月2日夕方に大雌の動きが変わったのでコンテナへ移動。

e0018082_22344740.jpg


夜中に見ると埋め戻しの最中。
e0018082_22345453.jpg



掘り出すと大き目な卵が3個。
e0018082_22350339.jpg

3クラッチで終了なので最後はいつも少ない。

タッパーへ移動。

うちでやる下処理は、
掘り出した卵を流水で洗い、ヌメリも落とす。
(産みたての卵のみ)

キッチンペーパーでよく水気を拭き取り乾かす。
キャンドリングで卵の黄身の位置を確認。
有精卵なら下に沈んでいるので、沈んだ方を下にして卵の表面に鉛筆で日付を書く。




e0018082_22350541.jpg
6/3日白濁発生前有精卵





大雌の産卵結果
4月29日1クラ4個
5月16日2クラ4個
6月2日3クラ3個
体の割に数は少ないが大きい卵を産んでくれます。



去年も参考に
2016年1クラッチ目5月12日、5個
2クラッチ目5月30日、4個
3クラッチ目6月16日、3個

去年とほぼ同じですね。
------------









たまにトマト祭りになります。
食い残しの処理がめんどいけど。
e0018082_22431839.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-06-04 22:50 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 05月 19日

ミツユビハコガメ・オレンジ雌の産卵2クラッチ目

オレンジスポット雌
e0018082_22281390.jpg
5月18日、夕方から動き回るのでコンテナに移動。
その日の夜産卵で翌日取り出しました。



触診で卵の数は少ないなと思ってました。


e0018082_22282567.jpg


掘り出すと4個。サイズも小さめです。

e0018082_22283128.jpg
ハッチライトが切れたので、バーミキュライト使用してます。




4月28日1クラッチ
↓21日後
5月18日2クラッチ
↓20日後
予想、6月7日

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-05-19 22:24 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 05月 16日

ミツユビハコガメ・大雌の産卵2クラッチ目

5月16日ミツユビハコガメ大雌の2クラッチ目がありました。

日中餌を食べるだけ食べていた。夕方水替え後、動きがあわただしくなってきたのでコンテナへ移動



e0018082_22440255.jpg



9時に埋め戻していたので取り出す。
e0018082_22440741.jpg


大き目な卵が4個。すでに黄身が沈んでいるのが見えるので注意しながらトップに印を書く。
e0018082_22441245.jpg
30℃設定孵卵。






[PR]

by aquariusaquarius | 2017-05-16 22:50 | ミツユビハコガメ | Comments(1)
2017年 05月 15日

ミツユビハコガメ黄スポット雌2クラッチ目

昨日から怪しい動きをしていた黄スポット雌。
夕方の水替え後もバタバタしていたのでコンテナに移動。
予定日より2日前に産卵しました。
早まったのは飼育温度が高かったため卵形成が早まったとみられる。

9時に見ると埋め戻していたので取り出して掘ります。

e0018082_21222414.jpg

またしても大き目な卵
e0018082_21223204.jpg
e0018082_21231780.jpg

5個ありました。




前回の1クラッチ目が24-25度設定でTSD雄狙いですでに発生確認しているので、今回は雌設定で30℃で行きます。
ハッチライトが無くなったので、バーミキュライトを使用します。
e0018082_21232319.jpg

割合は、乾燥バーミキュライト100gに対してみず60g
一対一のところもありますが、水分多いのを水気を取り出すのは難しいが、加水するのは簡単なので水少な目で始めます。
卵の凹みがみられたら水分が少ないという風になるが今のところ少ないとは感じません。

なお、ヒョウモントカゲモドキも同じもの使っています。

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-05-15 21:32 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 05月 13日

ミツユビハコガメ産卵・無地雌

5月11日の夜にミツユビハコガメ・無地雌の産卵がありました。
この雌は今回初めての産卵。特徴は甲羅や皮膚に模様が入らない無地で地味なタイプ。
e0018082_07403087.jpg
10センチぐらいでうちにきて2年育成し2回冬眠を経験した。体重も500gを越え今年うんでくれるかなと期待をしていたところだ。
仔の予定は無班で顔だけベタ赤になるのを生みだしたいところ。



11日夕方動きが怪しくなってきたので土コンテナに移動。初めての産卵なのでしばらくウロウロしていたが10時ぐらいに穴を掘り出す。
放置して翌日に取り出した。



この位置をほっていたのでピンポイントで・・・。ありました。


e0018082_07403771.jpg



初めてなのに多産。小ぶりな卵が7個も出てきました。
これから生まれてくる子は小型のベビーになるので育成が大変そうだなーと思った。
e0018082_07404399.jpg

水洗い後ティッシュで水気を拭き取り、タッパーにバーミキュライトを設置。
30℃のインキュベーターにて保管。
e0018082_07404836.jpg


2クラッチ目があるなら予定日は5月30日




追記、白濁が見られず無精卵だったので廃棄。

[PR]

by aquariusaquarius | 2017-05-13 07:55 | ミツユビハコガメ | Comments(0)
2017年 04月 30日

ミツユビハコガメ・大雌の産卵

同じ日に冬眠明けし、同じように雄と掛けたので産卵時期も同じというわけで、今回は大雌の産卵です。

4月29日
夕方になり大雌の動きが怪しくなってきたので土コンテナへ移動した。

30分も経たずに掘りはじめました。

e0018082_22193436.jpg


2時間後見に行くと埋め戻している最中でした。



前足はうごかさず踏ん張って固定して、後ろ足で掘り出した土を掻き集めて踏み固めていきます。
器用なもので何所に埋めたのかわからなくします。



e0018082_22201275.jpg
e0018082_22195710.jpg
e0018082_22195368.jpg


コンテナの蓋をとってもまだ踏み固めを止めません。



e0018082_22230933.jpg


体重は、
e0018082_22244205.jpg

588から549gに減少
e0018082_22244740.jpg



掘り出します。



e0018082_22253957.jpg

大き目な卵で4個ありました。

泥とヌメヌメを水流で洗い流してティッシュペーパーで殻表面を拭き水気を取ります。

すでに黄身が沈んでいました。
両端がカルシウムの沈着が薄い感じで殻が薄い気がします。
んー・・・殻形成不完全で今後全滅かもしれない。

e0018082_22254583.jpg
TSD雄設定インキュベーターで保管。


------
そして2クラッチ目へ向けていろいろとやるべきことがある。

そこで去年のデータが役に立つんだな。

クラッチメモリー
大雌
1クラッチ目5月12日、5個
2クラッチ目5月30日、4個
3クラッチ目6月16日、3個


黄色スポット
1クラッチ目5月12日5個
2クラッチ目6月1日3個
3クラッチ目6月24日3個


オレンジスポット
1クラ5/15-3個
2クラ6/2-4個
3クラ6/20-5個

----------------
去年と同じような環境なので1クラッチから2クラッチ目までにかかる日数は20日前後だという事がわかる。

言い替えれば、あと20日しかないとも言える。

ここで20日の間に黄身が新たに作られるかと言えばNOだ。
もうすでに卵巣のなかで黄身はできあがっている。あとは白身と殻を形成するだけ。
そこで必要な栄養素は、殻のカルシウムだということが推測される。

普段の餌にプラスカルシウム強化にしときましょう。
ただでさえ1クラッチ目の卵殻形成でカルシウム持っていかれちゃっているので強化したいところです。


+20日で次の産卵予定がわかります。

黄色スポット4月27日→5/17
オレンジスポット4月28日→5/18
大雌4月29日→5/19
------------------

繁殖を狙うのに必要なスキル

普段と違うという事に気が付く事

五感全て使ったうえでの第6感。

視覚、観察と見たままを記憶、

聴覚、微かな音、異音に反応するかどうか

嗅覚、異臭に気付くかどうか

味覚、人ではなく、動物の餌に対して気を使うかどうか

触覚、触ってみてわかることもある。触診で卵があるかどうかとか

そして閃きの第6感と決断力とか信じる力とか色々。

e0018082_23034059.jpg




[PR]

by aquariusaquarius | 2017-04-30 23:03 | ミツユビハコガメ | Comments(0)