カテゴリ:ハラガケガメ( 85 )


2016年 02月 25日

ハラガケガメ産卵・新雌6クラッチ目

ハラガケガメ多甲雌、
e0018082_18193029.jpg

前回が1月28日だったので、そろそろ産むかなと産卵床を湿らせたりして待ってました。
2月25日朝見ると砂場が荒れていたので産んだとわかります。
e0018082_1821632.jpg

体重も約590gから555gに落ちて軽くなっていたので掘りました。

どんどん出てきます。

殻の調子も良さそうです。

過去最高の8個!
e0018082_18231092.jpg


タッパーに2分割して保管しました。
e0018082_18232699.jpg






--------------------

そして雄と交配させます。

e0018082_18274347.jpg

まず乗っかります・・・たまに後ろ前なのは一瞬だけ。

e0018082_18312154.jpg

e0018082_18312843.jpg

すぐに正位置に。




e0018082_18282490.jpg

「→」の雌の尾がまっすぐ後ろに伸びています。
そんで雌が首をしまったままで逃げないと上手くいきます。







e0018082_18314070.jpg

片足と尾で雌の尻尾をホールドしたら、挿入されて性交です。


雄は常に発情?しているのでいつ雌をいれても交尾しますが、産卵後の1回だけ。=一ヶ月に、もう一体の雌も居るので2回はヤリマス。


貯めた方が精子の量も多いかと思ったが貯蔵している精子が古くなると受精率が下がるかもしれないので常に新しい精子が作られるように適度に抜いたほうがいいんじゃないっすかねえ。

それが産卵前期よりも産卵後半は受精率が上がるということなのかもしれません。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-02-25 18:41 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 02月 22日

第3の雌、初交尾

ハラガケガメ3匹いる雌で一番小さな雌で年齢的には2の雌多甲の奴と変わらないが、まだ体重も軽く500g超えていない。
e0018082_22384538.jpg

この第三の雌は、2012年10月に頭の模様に惚れてベビーだったころに購入し、白容器で飼っていたら甲も顔も真っ白になってしまい「コレジャナイ感」、サイズも大きくなってきたので別の水槽で視界が黒っぽい環境で飼育しだしたら頭の模様も甲羅の放射も復活し大変身を遂げた。亀は体色変化するもんだなあと思った。
某所の顔が真っ赤なホオアカドロガメも真っ白な容器で飼われているのではないかと思う。
黒色素を人為的に減少させるハイポ化は成長期の亀のベビーで作る?仕上げることができるだろう。
ただ憶測だが、日光ガンガンにあたって甲羅干しするような亀には向かないかと思う。
ドロガメ・ニオイガメ・ハラガケとか水の中にいるようなやつらに効果ありそう。



----

数か月前・・・・
我が家ではオスよりも小さい雌だったので、まだ若そうな感じがするが試しに掛けてみようと雄の水槽に雌を投入。しかしパニックになった雌はすぐに逃げまわるだけ。これでは交尾どころではないのですぐに離す。





本日

物は試しに雌を入れてみる。するといつもと反応が違う。
雌は甲羅に閉じこもったままだ。そして雄は雌の上に陣取りホールドする。
雄は雌の尾と総排泄紅を長い尻尾の先で弄っていく。しかし雌のサイズがいつもと違うのでなかなか雌の尾を見つけることができず、甲羅の上で雌の顔に雄の尾を入れようと前後逆になったりもした。
その際、いまでの雌の反応は尾を下げていたり横に向けたりして、交尾を拒むようなしぐさをしていたが、今回は尾をまっすぐ伸ばしたままだ。
たぶんこれが受け入れる態勢が取れたというようなものだろう。
雄の尾と片方の後足で雌の尾を挟み込んで固定すると手は放してしまう。
e0018082_22555290.jpg


隙間から覗くとニョッキリ挿入されていたので掛かっているとは思う。
ベビーから飼育して3年半で初交尾に至った。となるとこれで卵産んで受精確認できれば性成熟に達したということになる。
e0018082_2256242.jpg


ハラガケガメは雄で4年。雌で4年で性成熟に達するということがわかった。亀は遅そうという先入観があったが、意外に早いと感じた。
ちなみにコーンスネークで2年、レオパ1年でガッツリ急げばアダルトになってしまうので爬虫類から見ると亀は遅いだろうが、カメ全体の中ではハラガケガケは4年でというのは最短かもしれない。
イシガメの雄で3年でアダルトかもしれないが雌はもっとかかりそうですから。

e0018082_22561211.jpg


ハラガケガメはTSDじゃなく性染色体で雌雄が決まるといわれているが、なんか鳥っぽいよね。
ということは交尾=発情=(卵製造)かもしれない。
交尾によって排卵がおこり貯精できるので卵黄が作られた際に受精するのではないかと。

今日交尾したということは、予定だと1ヶ月から1ヶ月半後に産卵があるかもしれないと予測してみる。




e0018082_22562223.jpg

左足と尾で雌の尾をクロスさせてホールドしている様子。
雄の脚の裏側にはヤスリ状の鱗の集まりがあり、このホールドの時に滑り止めになっている。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-02-22 23:21 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 02月 19日

レオパードヘッドの雌7クラッチ目産卵

e0018082_15512237.jpg



2月16日に7クラッチ目の産卵がありました。

6個、過カルシウム卵にはならず良い感じの殻です。
e0018082_15513184.jpg
e0018082_15513973.jpg

15度付近で冷却してます。、冷却中一か月後に保温しますが、そのまえに白濁があり黄身が沈んでいると発生します。黄身が沈んでないと無精卵で終わります。

今だ1クラッチ目の孵化がまだです。
一個だけ発生していますが遅い感じ。
その他のハラガケガメの卵は現在14個ぐらい発生しています。内部に赤玉ができてはいるけれど発生が進まないというのもあり中の気泡が動くと腐っていてアウトです。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-02-19 15:59 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 01月 28日

ハラガケガメ産卵・新5クラッチ目

多甲ハラガケガメ新雌
1月28日朝見ると砂場が荒れており体重も減っていたので掘ると、6個と1つ割れていたのが出てきた。
6個回収。
e0018082_2216761.jpg

イカの甲を食べていないのに過カルシウム沈着あり。

e0018082_22161530.jpg

タッパー入れて冷やしますが、卵に結露して水が付かないようにしなくてはならない。






e0018082_2216239.jpg

最初のほうのクラッチの卵だけどキャンドリングで見て1センチぐらい発生しているところでひび割れが。
しかも液漏れして血液までにじみ出る始末。瞬間接着剤で止めたけど発生し続けるので観察を怠らないことだ。







e0018082_22215537.jpg

e0018082_2222248.jpg
e0018082_22221016.jpg

去年の子、横から。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-01-28 22:23 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 01月 23日

レオパードヘッドの雌6クラッチ目産卵


1月22日予定通りの日数での産卵。6クラッチ目です。
前回は12/29.そして今回は25日後、冬の温度低下で少し後ろにズレ込んでいるのは想定内。

e0018082_22315438.jpg

親はレオパードヘッド雌。黄色が強いんですが頭部のレオパード模様もやや復活。
e0018082_2232591.jpg

22日の昼頃に上陸して産んでいたので、夕方に水中に戻ったところで、体重測定。
715→668gハイ大幅減。産んでます。
そして掘ります。
e0018082_22321828.jpg

6個出てきましたが・・・・変です、異常卵でした。
e0018082_2232259.jpg

卵の端、両極にカルシウム?が付着している。しかも全部。

e0018082_22323411.jpg

前クラッチからの日数が伸びて卵管内に長く滞在しての殻沈着で原因ではないと思う。
思い当たることはある。この個体イカの甲を執拗に好むのだ。一個入れればあっという間にバリバリ食ってしまう。それがちょうど年明けから10日ぐらいのあいだ2個は丸々食べました。
イカの甲を食いまくった結果、体内に取り込まれ、丁度その時に卵殻形成のタイミングと一致。
体内で余りまくっていたカルシウムが卵へ沈着で過カルシウム卵になってしまったと考えられる。
教訓「イカの甲は食わせすぎるな」割って必要分与えよう。というか必要なくねぇかと。亀用の配合飼料で卵創るカルシウムぐらいは足りているという




どうなることやら(´Д`)ノ゜







e0018082_22324247.jpg

16度で冷やし中










今季のハラガケの卵はようやく発生したのが見られるようになってきた。
最初のほうのは無精卵多い。中で半々ぐらいです。


前期モノの最終個体、レオパードヘッドベビー!
e0018082_22325594.jpg
e0018082_2233215.jpg
e0018082_2233929.jpg

頭部の柄が理想通り。こうゆうやつを殖やしたかった。今季でまた出るかな?
細かい柄のCB雌はキープするとして、こっちは放出します。
JRS冬二日目(1/31)ペポニブースへ投げときますんで、見たい買いたいって方はGO=。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-01-23 23:04 | ハラガケガメ | Comments(0)
2016年 01月 04日

ハラガケガメ産卵・新4クラッチ目

1月4日朝、新多甲雌の4クラッチ目がありました。
e0018082_15204092.jpg

掘り出すと7個産んであり1つ破壊されてました。
6個キープ。
e0018082_1519242.jpg
e0018082_15191013.jpg

なんか調子が悪そうな卵。殻が薄い感じ。サイズも小さいし。
産卵間隔が25日ぐらいなのでその間に卵を作らなくてはならない。太りすぎでセーブしていたが、思いっきり餌あげたほうが良さそうな気がしてきた。

レオパードヘッド雌はイカの甲を噛り付いて食うが、多甲雌は全く餌として認識していない。
配合飼料に、カルシウム剤ダスティングして食ってもらおう。





そして交配。
e0018082_15194668.jpg
e0018082_15195298.jpg
e0018082_1520099.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-01-04 15:25 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 12月 30日

レオパードヘッドの雌5クラッチ目産卵

ハラガケガメ・レオパードヘッドの雌5クラッチ目産卵
e0018082_827592.jpg

前回が3個しかなかったので、打ち止めかと思ったら。予定日通りに産んでくれました。
12月29日、夜になって温室入ると産卵の最中でして、瞼を閉じて首をひっこめると卵が押し出される感じ、そそくさと産んで砂を踏み固めて水中に戻っていきました。

早速掘り出した。
7個とこの個体では過去最高数。ただし卵小さ目。
e0018082_827238.jpg

タッパーが小さいので2分割。



e0018082_8273131.jpg

4+3=7個



e0018082_8273959.jpg

温室内で一番低い温度の場所に保管。冷やします。
受精卵なら発生は始まらなくても2週間後ぐらいに卵に白濁の帯が出てきます。







親大きくなった。14センチ700g
e0018082_8274922.jpg
e0018082_828096.jpg



丁度29日は産卵前後で体重量った。
707g→668g
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-12-30 08:38 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 12月 10日

ハラガケガメ産卵4クラッチ目と新3クラッチ目


e0018082_17554747.jpg


レオパードヘッドの雌4クラッチ目産卵
体重730gから715gとほとんど減っていないのに産卵場所は荒れている。
なんか変だなあと掘ってみると3個。
えー?この体重の増加の割に産んでない。しかも見るからに太っているし。肥満が拗れたか?
でも甲長はかったら14センチにもなってた。

e0018082_17555425.jpg
e0018082_1756079.jpg


もう今季これが最終クラッチかもしれない・・・・。


--------------------------



続いて、新多甲雌の産卵3クラッチ目
e0018082_1802411.jpg

12月7日の晩、穴堀跡を発見するが、砂が浅すぎて止めた様子。
8日昼にコンテナに砂追加しておいた。
夕方ぐらいに産んだかんじで翌日掘り出すことにした。
9日この日は某誌の編集長がお宅訪問の取材に来られました。
この産卵床の「山砂」がいかに有能だとか語ったりして取り出し作業をしました。
浅い所から掘り進めていくとなんと7個もいきなりクラッチ当たり過去最高を記録。
良く産んだものだなあ、雌親 優秀。
e0018082_1821322.jpg

e0018082_18218100.jpg

このようにセットしたりを説明。
e0018082_1873538.jpg




---------------------------



来年予定若雌
e0018082_1881987.jpg

上の多甲雌と同じ年齢だが、こちらのほうが、頭が小さい。
体重はまだ500gいってない。
試しに雄と同居させてみたが逃げるだけでやる気が無し。
産卵は来年になるだろうと予測。









e0018082_1810157.jpg

種雄
絶好調、先の編集長が来られた時に産み終わった雌をここに入れまーす、はい乗っかりましたー。の一連をやって見せました。








あくえりあすCBキープ雄
e0018082_18112540.jpg

今年生まれの奴です。




あくえりあすCBキープ雌
e0018082_18112917.jpg

頭の模様が親譲りで、いいでっしゃろーー。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-12-10 18:13 | ハラガケガメ | Comments(0)
2015年 11月 12日

産卵

まずは、この多甲雌の産卵から。
e0018082_2225760.jpg


10月17日に初クラッチで3個の卵を得られた。
その時の卵の現在
e0018082_22232840.jpg

まだ20度で冷やし中です。
e0018082_22233764.jpg

真ん中は白濁帯が出て良さそう。左右は飴色で透けた感じでダメそうなんだけど、ダメ元で温めたら発生したということがあるので、まだ保管しておく。





そして、24日後の11月10日に2クラッチ目産卵。
いつも通り、砂場が荒れてたので体重を量ると減少を確認。確信で掘る。
2クラッチ目は5個でした。前回よりも産卵数が増えて良かったね。
e0018082_22284091.jpg

e0018082_22282853.jpg

このようにセット冷やします。


産卵から翌日
e0018082_2229639.jpg
雌と
e0018082_22304153.jpg
雄を一緒にさせて交配させます。我が雄は優秀で、10秒以内にバックを取り乗っかります。たまに前後逆の時もありますが30分以内に挿入ですわ。
どうやら白濁した卵があるので、かかっているのは間違いなさそう。










つづいて、レオパードヘッドの雌
e0018082_22365082.jpg

ますます重くなっております。
e0018082_22372219.jpg

もはや甲羅の付いたハム。

前クラッチの日にち10月19日から、日数的にそろそろ次のくるなと予想していたので産卵前日に体重を量ると706gでゴワッス。

もう少し痩せないとなあ、配合ばかりだとカロリー高すぎてこうなる見本だね。
低カロリーで卵に栄養が行くような餌は、ザリガニとか虫とかがいい。
内臓脂肪圧迫分を除けば体内の卵ストック数増えそうな気もする。





11月12日、夕方に体重を量ると665gだったので産んだだろ!掘るわ。
すると6個でてきました。
画像はない、20度で冷やし中。




前回の2クラッチ目11月19日の卵を見てみよう。
e0018082_22375351.jpg

e0018082_2238120.jpg

うむ、良きかな。
全てに白濁が見られます。低温なのでまだ発生停止中、これを温めると発生がスムーズに始まるんだなあ。
これを冷やして1ヶ月経てば温めても良かろう。

これも去年の経験から、どのくらい冷やしてから温めると効率よく発生するかを経験。



e0018082_22474941.jpg

現在のレオパードヘッド雌。頭が黄色くなってしまいました↓
原因-水槽の底が真っ白だったから。環境適応の体色変化。
こういうハイポなのが好みな方はそれでもいいんだろうが、チャームポイントが消えてしまってはだめだということで、↓


対処-水槽の底を黒くする。さらには壁面も黒系すれば効果的。
すでに水槽底に黒のバックスクリーンを敷いてあります。これから頭部の模様もはっきり出てくる予定。




------------------
産卵日翌日には雄と交配させます。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-11-12 23:00 | ハラガケガメ | Comments(2)
2015年 10月 19日

ハラガケカメ・レオパードヘッド雌1と2クラッチ目

????おや、1クラッチ目を産卵した時の記事が無い。また忘れている。
FBに書いてそのまま放置していた。






9月24日に今季の産卵が始まり1クラッチ目3個。
e0018082_22173569.jpg

e0018082_22174596.jpg

e0018082_22175152.jpg

室内常温保管、9月下旬当時26-20℃に放置した。(現在22-16℃ぐらいになってる)


e0018082_2218137.jpg

そして産卵翌日に交配。



---------
10月18日、砂場の様子がいつもと違うので産んでいるのかと思い掘ってみたが何もない。
そろそろのはずなんだけどなぁと思う。

ハラガケガメはほぼ水中暮らしなので、卵を産むときにしか上陸しない(うちの場合は)なので上陸すれば砂地の乱れですぐに異変を察知できるというわけです。

10月19日晩
また砂地の様子が違っていたので体重はかってみると減少したのがわかったので掘る。
e0018082_22272368.jpg

5個、卵の大きさが揃っていてなんとなく良さそうに思える。
e0018082_22273124.jpg

タッパーに。
e0018082_22274140.jpg


明日、交配させようか。





---------------------------------
ハラガケカメ・レオパードヘッド雌
2014年 09月 28日1クラ・2個
↓ 22日
10月20日2クラ・4個
↓ 24日
11月13日3クラ・4個
↓ 24日
12月7日4クラ・5個 
↓ 31日
2015年1月7日5クラッチ目・5個、

2月10日、6クラッチ目、6個

3月11日、7クラッチ目、5個

4月9日8クラッチ目、3個

-----------------------------

このように去年のデータを見ると9月に産んで次のクラッチは、22日後になっている。
それを踏まえて今回も一クラッチ目が似たような日に産んでいるのでそろそろ産む用意をしないとなと待ち構えていました。

さらに体重データ
e0018082_22223675.jpg

産んだ後の体重は9/24日と10月19日
共に前日の9月23日と10月18日に体重を量っているが、このように減少しているのがわかる。
減った時の体重が675と672とほぼ同じなので、これをベースとして次クラッチへの餌やりを体重増加を見ながら与える。といっても食うだけ与えればいいんじゃなくて、毎日決められた量を与えればいい。
これから水温の低下とともに30日周期ぐらいになるかと思われるが、暖かいときで産卵後から15日の間、冬季で20日。これは何かといえば卵形成にかかる日数。卵の黄身が卵巣から作られ送られてきて卵の殻をコーティングする日数みたいなもので考えて。そのままだと特に骨からカルシウムがどんどん減っていくので、この期間の半分以上は配合飼料にカルシウムをダスティングして与えよう。

なお、ここらに書いてある方法はCBで配合食うやつらに有効で、WCのハラガケには全く通じないかもしれないというのがある。CBのハラガケとWCのハラガケは別の生き物と考えた方がいい。
WCでも配合飼料食いまくってくれる奴らはCBの性格に近くなっているので通じるやもしれん。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-10-19 22:47 | ハラガケガメ | Comments(0)