あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ

2009年 07月 30日 ( 1 )


2009年 07月 30日

サビージャタプークリーク クロス ペナンのアレンカーロイヤル

親は
オスがW.B.SABBY便の西岸アレンカージャタプークリークセミセミロイヤルw
メスがペナン産のブリードもののアレンカーロイヤル個体。

メスは岡崎のO氏の持ち魚で特命をうけて掛けてみました。

この借りてきたロイヤルのメスはO氏の家ですでに何度か産んではいるものの稚魚が育たないということで難義していたそうです。↓
e0018082_3551255.jpg

うちにきてからしばらく様子を見ましたが、数々の失敗をしています。
1、上にあるオスといきなり組ませてみたが、孵化率が10パーセントほど、育児放棄。
2、ラーゴダパスのロイヤルグリーンと掛けてみた、孵化率90パーセント以上!200匹以上と大変なことになってましたが、体着せずに産卵筒からずり落ちるようにして全滅。

これらの失敗から、学んだことは。
1でオスをペア水槽に入れるのが早かった。落ち着いた環境で無いと放精、孵化率が悪い。
そのため、オスを単独でしばらく飼った後、卵持ったメスをそこに入れるという作戦。
入れた直後からオスは攻撃しっぱなしでしたが、メスは餌を食べて我慢しくれるのでそのまま入れておきました。
2では、グリーンとかけた時には上部フィルターのみでしたので、孵化した時に上部フィルターを停止。
水が悪化した感じがする。
あとメスはちゃんと子育てしているようでしたが、稚魚を咥えて吐き出すたびになんか稚魚が曲がっているぞ。
このメスは口の構造上稚魚を咥えることが苦手なんではないかという風に取った。
今回は、孵化するまではペアで入れてましたが、孵化後メスを取り出して別水槽へ別けました。






先週産卵し、28日に体着しました。
孵化率は70パーセントぐらいでした。
今回は何も技は使わないでスムーズに体着へと移りました。
もう大丈夫でしょう。
オス親も体色暗化しているし、ミルクのではよさそうです。
e0018082_3454583.jpg


e0018082_3455267.jpg

両サイドにもついているので数は計150匹ぐらいかな。

e0018082_346157.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2009-07-30 04:11 | ディスカス | Comments(4)