2017年 04月 05日

ヨツメイシガメ産卵

2016年、夏から外飼いで11月までそのまま飼育。
11月より冬眠用の容器に入れる。ミズゴケと水10センチの深さでコンテナボックスの中に入れた。
温度変化の少ない室内にて保管。
たまに確認や水替えを定期的に行う。
2月1日、冬眠解除、ミズゴケコンテナから出して温室内に移動。
14℃ぐらいで10日ぐらい過ごした。
2月中旬亀温室へ移動、ランチュウFPR桶に移動。室温22℃水温17℃位。
亀飼料を与えだす。
3月中旬、雌がバスキングをし始める。
e0018082_22365813.jpg

活動しだすと雌が雄を威嚇・攻撃をする。
雌が性格悪すぎ、雄は逃げるのに必死、こんなんじゃいつ交尾しているか不明。
e0018082_22370280.jpg
e0018082_22374203.jpg
4月5日、コンテナ陸地の砂場が荒れているので掘ると2個でてきた。
産んだのは古いほうの雌。
産卵前は520gだったのが産卵後に489gに減少。
e0018082_22433144.jpg
e0018082_22434069.jpg
なんか透明感の有る卵殻
e0018082_22434542.jpg
黄身が透けて見えます。
e0018082_22434926.jpg
なんか悪そうな卵にしか見えない・・・。
黄身が沈んでくれてたら受精してるだろう、卵の殻の色も変わるし。



[PR]

by aquariusaquarius | 2017-04-05 22:54 | キボシイシガメ&ヨツメイシガメ | Comments(0)


<< ヒメハコヨコクビ産卵      ハラガケガメ孵化 >>