あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 01日

2016CBミツユビハコガメ・キープ個体

とんぶり市にて完売しました今年生まれのミツユビハコガメベビー。



---------------------

カテゴーリーが別なので今年生まれのベビーまとめの記事がこちら。↓

----------------------



雌親が3匹なのでそれぞれ1匹を残しました。


大雌2クラッチ目TSD♀予定
同腹兄弟よりも色が薄かったのをチョイス、黒い放射柄が目立つヒマワリのような模様になった。
ミツユビハコガメは成長すると甲羅が単調な色彩になってしまうので今だけだと思われる。
将来残ってたらすごいねぐらいの気持ち。
頭部の模様はないノーマルな感じ。
e0018082_22135942.jpg








黄スポット雌の1クラッチ目(TSD♂予定)
黒地に放射柄。頭部もオレンジスポットが細かく入る。
椎甲板2.3の間に小さな多甲が入るため、そのため安くするくらいなら自分の所の種に使うわ。目印になるし、で売らなかった
e0018082_22141371.jpg





オレンジスポット1クラッチ目(TSD♂)
甲羅良し・顔良し。またもや雄。
e0018082_22140700.jpg




とんぶり市での余りの人気で完売御礼。
それぞれの雌からのTSD雄雌で1匹づつぐらいは残したかった。



e0018082_22164999.jpg


下に写っている地味なのはトウブハコガメ。サイズが同じようになったので混浴。



e0018082_22162053.jpg
亀温室内のガラス温室内にパネルヒーターを敷いて、その上にタッパー容器に水少し入れて飼ってます。
上部からは「暖突」の放熱も。




-------------------------

そして2015CBです。

去年は黄色スポット雌からの子しか孵化しなかったので兄弟になります。
自家産は3匹で、一番最初のがブラウンで地味です。
もしかして、前雄の精子が遅延受精したのかもしれない。
e0018082_22313801.jpg


その次のクラッチからの同腹
こちらは両方とも似ています。黒い地色に黄放射柄の甲羅。
顔黒でスポット状の模様、
e0018082_22333240.jpg
同腹なので同じ容器から孵ったのですが、どうやらこの2匹雄と雌ではないか。



e0018082_22321256.jpg
こちらはメスかな、優しい感じの顔つきです。


e0018082_22395079.jpg
この顔は雄だろ、
孵化後一年経過したころより嘴に模様が入ってきたのが雄ではないかと考えている。
頭部の黄色だった水玉も、成長するにつれてオレンジになってきた。

アメハコは成長するにつれて色彩の変化が激しくて面白いし飼い応えがある。
ベビーで買った原石も、磨けば磨くほど飼い込むことで産卵・繁殖までの単調な飼育を楽しませてくれる。





[PR]

by aquariusaquarius | 2016-12-01 22:56 | ミツユビハコガメ | Comments(0)


<< サラドロガメ北部個体群、2クラ...      ハラガケガメ新雌3クラッチ目産卵 >>