あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 01日

ハラガケガメ新雌3クラッチ目産卵

11月25日、新雌の砂地が変わっていたので掘ると産卵してありました。
e0018082_21431129.jpg

5個。体の大きさに比べて正常な数です。

卵の殻の質も前回よりも良くなっている気がします。
e0018082_21432093.jpg
同日、雌を雄の水槽に入れて交尾します。

2時間もすれば、終わっているので雌を元の水槽へ戻します。
e0018082_21433607.jpg
e0018082_21435207.jpg
そして翌日にもう一回交尾して、次のクラッチを目指します。

今現在の水槽の水温は22-24℃ぐらいで低め管理。秋が来ていると実感させ続けることがクラッチ数を伸ばす秘訣でしょうか。


雄は皮膚が荒れてきたので、プラケースに移して乾燥させて肌の再生を待ちましたが、目が白く濁ってきだしたので目を開けっ放しにし続けて乾燥しすぎたようで、乾かすのは2日で終わり。
水槽に戻すが水温が低い事にも原因があるかなと思い、水槽にヒーター入れて28度にし1日経ったら肌荒れの具合も良くなっていて、目の白濁も治っていた。何だったんだいったい。雄は上陸させたことが無いので、空気中の生活忘れちゃっているみたいです。


e0018082_21534434.jpg
太り過ぎなレオパードヘッド雌と他の雌にザリガニをあげた。
このザリガニは去年採集して冷凍にしていたもの。
噛みちぎって食べます。

んで、冷凍ザリガニを通販で取り寄せて与えてみたところ。
食べやしない。
匂いか?質なのか?死んで鮮度の悪いものが冷凍されたのか?なぞだが、嫌々食べている感じ。
同時に冷凍フナもあげてみたがこちらも食わない。生きているフナはあげれば食うのだが・・・。
とにかく冷凍フナは生臭い。その匂いがザリガニに移ったのでザリガニ食わなかったのかもしれないので次はザリガニ単体で溶かしてあげてみよう。
冷凍庫を圧迫する冷凍餌。
コオロギ・マウス・ザリガニ・小フナと一つの冷凍庫の80パーセントを占領。
さすがに冷蔵庫が2台あるがそれでも多いね。
そして冬なので食べる生体が限られているので消費スピードは遅い・・・。
夏だったら外亀であっという間に消費するのだが。







[PR]

by aquariusaquarius | 2016-12-01 22:03 | ハラガケガメ | Comments(0)


<< 2016CBミツユビハコガメ・...      ハラガケガメ産卵、レティクラ・... >>