2016年 08月 08日

ミツユビハコガメ大雌3クラッチ目孵化

e0018082_529242.jpg


6月16日産卵の大雌の卵
8月6日に一個目が裂けて顔が出た。
e0018082_5192325.jpg

顔の所の殻だけ取り除き放置。






8月7日のこり二つも開いていた。
e0018082_519362.jpg

28℃~30℃53日で孵化。おそらくTSD雌。




これで大雌の結果が出た。
1クラッチ目5月12日、5個、4個有精卵、1無精卵。4個孵化。
2クラッチ目5月30日、4個、4個有精卵。4個孵化
3クラッチ目6月16日、3個 、3個有精卵、3個孵化。
計12匹孵化。

この卵の特徴、雌親が大きいので、卵も大きい。その分1クラッチが少なめ。
卵が大きいので中の子も大きく育って生まれてくる。




e0018082_5194389.jpg




---------------
追記。卵から出て卵黄も吸収したので水飼いに移動。

e0018082_632991.jpg







完甲
e0018082_6323237.jpg


やや甲ズレ第二椎甲板
e0018082_6322769.jpg



多甲、椎甲板4と5のあいだに一枚
e0018082_6322496.jpg

[PR]

by aquariusaquarius | 2016-08-08 05:29 | ミツユビハコガメ | Comments(0)


<< ミシシッピニオイガメ孵化と卵発見      キボシヌマガメ初ハッチ >>