あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 03日

ミツユビハコガメ、今年初孵化。

今年一番最初に産んだ「大雌」の1クラッチ目。5個
1つは発生せず無精卵。
4個発生し順調にいくかと思われたが、7月1日にみたら卵が凹んでいるではないか、ハッチライトが乾燥しすぎになっていたのかと水を追加して湿らせた。


7月3日、朝、卵に切れ込みが入っている。顔を出して卵白を拭き取り呼吸確保。
キャンドリングでまだ卵黄はありそうな予感だったのにもう孵化です。
e0018082_22354914.jpg





夕方にはすべての卵から顔出しました。
e0018082_2236074.jpg

まだ卵黄もっているので吸収期間。
5月12日→7月3日、52日でした。今回の卵は28-30℃だったので雌予定TSD設定。


同じ日に産んだ「黄色スポット雌」の卵は低温の26-28℃のところに保管してありTSD雄狙い。
気温が低めのためまだ孵化には時間かかりそう。











去年は「大雌」は産卵はしたのだが無精卵で終わったので、今年の孵化は初めてになります。
種オスは赤鬼間違いなし。もう2年一緒に暮らしてます。
e0018082_22403983.jpg





ハコガメのベビー育成は手間かかるので正直好きではないのですが、やり遂げて配合飼料大盛りで食ってくれるまで育てると愛着湧いちゃって手放したくなくなる。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-07-03 22:50 | ミツユビハコガメ | Comments(0)


<< 第三の雌産卵      ミシシッピニオイガメ2クラッチ目 >>