2016年 06月 02日

2クラッチ目産卵

前回の1クラッチ目が5月12日で、去年の記録を見ると1クラッチ目から2クラッチ目のあいだが一ヶ月ぐらいだったのでまだ産まないかなと思っていたが、5月30日。行動が怪しくなってきたので、土コンテナに入れることにする。
ガタンガタンと容器から出たがっている。

e0018082_21242924.jpg


大雌を入れると30分もしないうちに掘りはじめた。タイミングとしては夕方入れるといいかも。
e0018082_2148481.jpg

翌日掘り出しました。4個。
そして画像は6月2日。白濁が進んでいて良い感じです。


つづいて6月1日。イエロースポットの雌も動きに変化が。
e0018082_2151812.jpg

e0018082_2156250.jpg



夕方に土コンテナに移動。1時間ぐらいで掘りはじめて。翌日に掘り出し。
e0018082_2156868.jpg


e0018082_21511984.jpg

触診してもあまり感触が無かったので3個でした。
おかしい今現在(2日PM10時)白濁が微妙だ。1クラッチ目の5個は白濁して発生が進んでいるのに。








これは大雌の1クラッチ目で5個中4個が発生中。1つ白濁しなかったので廃棄。
e0018082_2154662.jpg


ちなみにオレンジスポットの雌の卵1クラッチ目の3個も発生中。




おそらくクラッチ間隔が短くなったのは、環境で、去年は屋外の気温の場所に居て。今年は温室内のため気温が高かった分卵殻形成のスピードがはやまったかと思われ。
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-06-02 21:59 | ミツユビハコガメ | Comments(0)


<< ハラガケガメ多甲雌の子孵化      レオパ孵化情報 >>