2016年 03月 23日

ハラガケガメ多甲雌、産卵7クラッチ目

産卵7クラッチ目
e0018082_2235075.jpg

3月21日、夕方。他の水槽を水替えしてたら、多甲雌が上陸してただ今産卵中なのに気が付いた。
いつも居ない間にそそくさと産んでいるので、ここまで腰を落として直に見るのは珍しい。

e0018082_224076.jpg

カメラを取りに行っていざ撮影と思ったらすでに産み終えていて埋め戻しの最中すぐに水中に戻っていきました。


e0018082_2242189.jpg

砂を掘って取り出すと計7個ありました。
e0018082_2243257.jpg

そのうち一つが殻が陥没して割れていたので剥いてみた。
すでに黄身に変化があり球の黄身の半分が透明になっていて、これが俗にいう黄身が沈んだ状態というのだろう。下画像、矢印のところに白いモヤモヤした箇所があるが、ここが胚になっていく場所だろう。

e0018082_2245986.jpg

6個回収。ハッチライトに置く。


e0018082_2251267.jpg


タッパーに入れて低温にて保管。最近暖かくなってきたので最低気温が20℃以上になってしまいそうだ。
e0018082_2252642.jpg

この冬経験したが、15度で30日保冷でもその後に発生が始まるので20℃より良さそう。

発生と言えば、ただ今の発生数数えたら30個あった。よし順調。このまま保冷しているのもすべて発生すれば50個は孵化しそうな勢いです。嬉しい悲鳴で忙しさ
[PR]

by aquariusaquarius | 2016-03-23 02:45 | ハラガケガメ | Comments(0)


<< W孵化      新ハラガケ多甲雌の子☆初孵化 >>