2015年 10月 19日

ハラガケカメ・レオパードヘッド雌1と2クラッチ目

????おや、1クラッチ目を産卵した時の記事が無い。また忘れている。
FBに書いてそのまま放置していた。






9月24日に今季の産卵が始まり1クラッチ目3個。
e0018082_22173569.jpg

e0018082_22174596.jpg

e0018082_22175152.jpg

室内常温保管、9月下旬当時26-20℃に放置した。(現在22-16℃ぐらいになってる)


e0018082_2218137.jpg

そして産卵翌日に交配。



---------
10月18日、砂場の様子がいつもと違うので産んでいるのかと思い掘ってみたが何もない。
そろそろのはずなんだけどなぁと思う。

ハラガケガメはほぼ水中暮らしなので、卵を産むときにしか上陸しない(うちの場合は)なので上陸すれば砂地の乱れですぐに異変を察知できるというわけです。

10月19日晩
また砂地の様子が違っていたので体重はかってみると減少したのがわかったので掘る。
e0018082_22272368.jpg

5個、卵の大きさが揃っていてなんとなく良さそうに思える。
e0018082_22273124.jpg

タッパーに。
e0018082_22274140.jpg


明日、交配させようか。





---------------------------------
ハラガケカメ・レオパードヘッド雌
2014年 09月 28日1クラ・2個
↓ 22日
10月20日2クラ・4個
↓ 24日
11月13日3クラ・4個
↓ 24日
12月7日4クラ・5個 
↓ 31日
2015年1月7日5クラッチ目・5個、

2月10日、6クラッチ目、6個

3月11日、7クラッチ目、5個

4月9日8クラッチ目、3個

-----------------------------

このように去年のデータを見ると9月に産んで次のクラッチは、22日後になっている。
それを踏まえて今回も一クラッチ目が似たような日に産んでいるのでそろそろ産む用意をしないとなと待ち構えていました。

さらに体重データ
e0018082_22223675.jpg

産んだ後の体重は9/24日と10月19日
共に前日の9月23日と10月18日に体重を量っているが、このように減少しているのがわかる。
減った時の体重が675と672とほぼ同じなので、これをベースとして次クラッチへの餌やりを体重増加を見ながら与える。といっても食うだけ与えればいいんじゃなくて、毎日決められた量を与えればいい。
これから水温の低下とともに30日周期ぐらいになるかと思われるが、暖かいときで産卵後から15日の間、冬季で20日。これは何かといえば卵形成にかかる日数。卵の黄身が卵巣から作られ送られてきて卵の殻をコーティングする日数みたいなもので考えて。そのままだと特に骨からカルシウムがどんどん減っていくので、この期間の半分以上は配合飼料にカルシウムをダスティングして与えよう。

なお、ここらに書いてある方法はCBで配合食うやつらに有効で、WCのハラガケには全く通じないかもしれないというのがある。CBのハラガケとWCのハラガケは別の生き物と考えた方がいい。
WCでも配合飼料食いまくってくれる奴らはCBの性格に近くなっているので通じるやもしれん。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-10-19 22:47 | ハラガケガメ | Comments(0)


<< ノドジロドロガメ8と9クラッチ...      ハラガケガメ新雌☆初産卵 >>