2015年 07月 29日

3クラッチ目産卵

7月22日、夕方、コンテナに土入れた容器に雌を入れると10分もしないうちに後ろ足で穴を掘りはじめた。
e0018082_9303440.jpg



前回6月27日、前々回5月23日、間隔は気温の上昇とともに短くなって、1ヶ月弱で産むことがわかった。

途中何度も足の付け根の触診で抱卵しているのがわかった。


3時間後見に行くと、埋め戻しの最中。
5個掘り出しタッパーに入れる。



7月22日の卵
e0018082_9344161.jpg


1つを除いて殻が白濁している。


どうやら4個有精卵のようだ。

-----------
経過

1クラッチ目、7個産卵、3個確保。白濁・発生せず。

2クラッチ目、4個産卵。1個白濁・発生せず。1個発生停止死。2個発生中。

3クラッチ目、5個産卵。1個白濁・発生せず。4個発生中?
-------
もう一匹のミツユビハコガメの雌は抱卵せず、今季はとっくに終了。

e0018082_9401189.jpg

未発生卵をつかって測定した。
e0018082_9401596.jpg
e0018082_940221.jpg
e0018082_9402875.jpg

一番最初の1クラッチ目に産んだ細長い卵と比べて丸くなってよさそうな卵。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-07-29 09:42 | ミツユビハコガメ | Comments(0)


<< クサガメ2クラッチ目産卵      サラドロガメ北部個体群4クラッ... >>