あくえりあす の 水草水槽ギャラリ~&亀

aquariusn.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 12日

ミシシッピニオイガメも居たんです初産卵

去年は室内飼いでとにかく太らせようとした。
ワイルドのせいなのか餌食いが悪い。しかも雌はシェルロッドで甲羅に穴空いて溶けていたり治療の日々だった。

秋までにシェルロッドも治り、そして初めての冬眠。コンテナにミズゴケをいれてもので10度以下付近ので3カ月過ごした。3月に外のウォーターランドタブ・ミニ?90センチぐらいのにいれて冬眠明けを待った。雄1雌2のトリオだ。

冬眠から目覚め餌を食うようになった。
良く食うので肉付きも良い。


5月、雄の尾の先が噛みつかれて出血しているのを発見雄を治療のため温室内にて治療。以後室内飼いに。
雌2匹は外のまま。



産卵1週間前。今回卵を産んだ雌がバスキングしているのを発見する。普段は水底に隠れるように生活している奴がだ。
腹を探ると卵の感触がある。そろそろだなと思う。


産卵翌日。腹を触ってみると卵の感触が無い。掘ってみるとありました。
e0018082_2241248.jpg
e0018082_22411131.jpg
e0018082_22411989.jpg

2つ白濁帯が出ている。以下温室内で保管。25度ぐらいで外気温の上昇に伴い上昇するだろう。


実はオスもメスも激選個体・グレーの甲羅に黒いスポットが入るタイプで雄雌組んであります。雄はビックヘッド・雌は小型。


もう一匹いる雌はいたってノーマルな個体なので数合わせです。ハーレムにした方が雌へのアタックが分散されるかと思ったが、雄にとってはどうでも良さそう。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-12 22:57 | 他ドロガメ&ニオイガメ | Comments(0)


<< 新孵化子      ノドジロドロガメ産卵4クラッチ目 >>