2015年 06月 06日

4匹

5クラッチ目の1月7日産卵の5個中4個が卵に窓開いてました。というのが一週間前。
e0018082_1804177.jpg
e0018082_1804514.jpg
e0018082_1805132.jpg

6月6日は3匹が水場デビューしました。
あと1匹はまだヘソの吸収が残っておりハッチライトの中に潜っております。
No.は「5-5」「5-6」「5-7」「5-8」

卵の残り1個はキャンドリングすると卵黄がまだ大きく、成長停止してんじゃないかと。動くので生きてはいるのでしょうがまだまだかかりそうな雰囲気。

--------
実はまだ4クラッチ目が孵っていません。
4クラと5クラの違いは、冷却期間が無かったかあったかの差。
4クラッチ目はいきなり保温箱に入れて30度で保温し続けた。すぐに温めると発生解除が狂うのではないか?
結果5個中3個未発生、2個発生でした。
まだ孵化していない。

5クラッチ目は産卵後すぐに30日20-22℃で保管。その後26-27度に移し血管が出て発生確認後30度の保温箱に移した。
ハラガケガメはTSD関係なく性染色体で雌雄決まるようなので、26-27度のところは無くても良かったのかもしれない。5個中、全発生のため成績が良かった。
ちなみに、5クラッチ目以降の受精率かなり高いです。
産卵後即交尾してたのが良い結果だったかもしれない。

--------







雄親
e0018082_1805856.jpg

水槽の底がグレーで黒かったため、過ぎた黒化してしまった。甲羅も放射模様通り越して真っ黒になってしまったので矯正中。底を白いシートを敷いて、明るくしたので、頭も黒くなってしまっていたが、スポットが見えるように復活。目の横辺りの黄色と黒のコントラスをメリハリつくようになれば良し。



雌親
e0018082_181329.jpg

去年の9月から今年の4月中頃まで産卵用水槽におり、底が白く明るい環境だったため、頭部の細かいレオパード模様が薄れてしまった。こっちは雄と逆で底グレーの水槽に移して、模様矯正中。











次期(2年後ぐらい)の種雌候補
e0018082_181849.jpg

その1
ベビーの頃細かい頭部スポットが出ていたので、多甲でリーズナブルになってたので購入。
みるみる大きくなって下の個体を抜かす。期待通りにスポット出た。




e0018082_1811424.jpg

その2、
これは、ベビーの頃、頭部スポット出ると予想して買ったが、白容器で飼っていたので、頭部真っ白に色抜けした。そのご暗い環境で飼うようになったら、頭部スポット復活した奴、あやうく手放すとこでした。何故か小顔。
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-06-06 18:28 | ハラガケガメ | Comments(2)
Commented by Mtis at 2015-06-07 20:00 x
お久しぶりです。
今年も色々と繁殖されていますね~。
今年は無事キイロドロガメが産卵してくれましたよ!
白濁はしてきてるので大丈夫っぽいです。
Commented by aquariusaquarius at 2015-06-07 22:39
Mtis さん
カメは入手した最初の一年は、殖やせないというのをヒシヒシと感じます。最初の一年は亀と向き合う時・立て直す時・環境に慣れさす時期。ただし持ち腹は別。なので自家繁殖ということでOKです。キイロドロガメはうちのは手放してしまいました、その犠牲でハーレラドロガメになってます。似た様な性格してますよ。キイロドロガメは孵卵はノーマルなので順調でいいですね。キイロドロガメのベビーは丸くってボタンみたいで可愛いですよね。ぜひ孵化させてください。


<< 怠惰の罪      続々孵化してます。 >>