2015年 02月 27日

ハラガケガメ孵化1号、サラ北11号その後

2月25日ハラガケガメ第一クラッチの2個中1個が無事孵化しました。
もう一つは発生が見られず、腐ってしまいました。

e0018082_157962.jpg

25日に見てみると、卵の端がパカッと開いて、顔が見えていた。
少し前にキャンドリングした時はやけに隙間が多いなあ~、中で育ってないんじゃないのかと思っていたので、見つけたときはびっくりでした。
e0018082_156529.jpg



2014年 09月 28日に産卵して、2か月低温後(20度を保った)保温に切り替えた。(28-30度)
5か月マイナス5日で、およそ150日、60日は低温のため発生実質90日ということだね。

e0018082_1572012.jpg

26日みるとまだ殻の中にいる。腹甲のへんに透明な卵白がついていたが放置。触ると口を開けて威嚇する。ベロは黒い。
27日、まだ殻の中にいる、手が出るくらい少し殻を剥がして戻した。あしたあたりに脱出してるのではないかな?







前日生まれたサラドロガメ北部個体群の子は卵の殻から脱出してミズゴケの中に潜っていました。
e0018082_1573194.jpg

この子の個体ナンバーは「6-11」通算6クラッチ目の11番目に孵化した子という意味になります。このまま殖えていけば6-11-2015」とかのほうがわかりやすいかも。
e0018082_1573746.jpg

すでにヘソはなく吸収されていますが、もうしばらくミズゴケの中で暮らします。


去年孵化した子は10匹いて現在6匹居るのだが、
1号は腹が引っ込んでないので雌なんだろうが、そのあと生まれてきたのが腹がへっこんでいるのだが、尾がみんな同じように見える。最初の除けば雄ばかり残ったと思っていたが、どうやらちがうんではないか全部雌ではないかと思えてきた。A店B店C店へといったものはA店は雄のような模様の特徴が出ている。BとC店は尻尾の具合と腹の膨らみ具合から雌ではないかと、イベントで見たときに思った。TSDで見れば、ほぼ全個体28-30度になっていたので全部雌としてもなんら不思議ではない。うちの子が雄ばかりと思っていたのでショップさんに雄持っていきますと言ってしまったでシマッタ。さらに追い打ちで雌持っていっても、ペアにできないしなあ。
ということで、現在温めていない卵が2クラッチ分あり、それを24-26の低温で保管してみようかと思う。温度が低いため孵化日数がかかることも承知で、雄狙いで2クラッチダメにする覚悟でやってみます。日本には無いだろうから外国のデータでサラドロガメのTSDのデータどこかに落ちてないかなあ?
[PR]

by aquariusaquarius | 2015-02-27 15:34 | ハラガケガメ | Comments(0)


<< ハラガケガメ2クラッチ目孵化1       ノドジロドロガメの死と産卵 >>